徳丸無明のブログ

雑文、マンガ、イラスト、その他

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』考――涼宮ハルヒの席替え

2015-10-08 17:51:19 | 雑文
後に広く知られることとなる「ただの人間には興味ありません」発言を行った時、彼女の座席は、教室の中央に位置していた。
それから一ヶ月ほどしてからだろうか、席替えが行われ、涼宮ハルヒは、窓際の一番後ろに座ることになる。これは、ただそれだけのこと、くじ引きによって偶然そうなったこと、ではない。
そこには、彼女の願望と、特質が反映されている。
まず、極めて人間的な願望として、窓際のほうがいい、とか、教壇から離れた場所がいい、と願うのは自然なことだ。彼女の素直な願望が、そのまま反映されている、と見ていい。
ただ、ひとつ前にキョンがいる、という点を踏まえると、もうひとつの願望が見えてくる。
自分の前に座っている、ということ。それは、自分の盾になって欲しい、ということでもあり、自分の前を行く存在であって欲しい、ということであり、常にその人の背中を見ていたい、ということでもある。
彼女の、キョンへのそのような感情が、二人の席並びに表れている。おそらく、彼女の心変わりがない限り、何度席替えをしようが、二人の座席が動くことはないだろう。
それと、「窓際の一番後ろ」には、もうひとつの意味がある。
この座席は、教室中の全てを見渡せる位置にある。教師にせよ、生徒にせよ、その中に在する者全員を把握できる位置である。逆に、多くの生徒は背を向けているので、その位置をあまり視認することができない。この、「全てを眺めることができ、かつ、自分はあまり認められることがない」位置、これはすなわち「神」の立ち位置である。
涼宮ハルヒが神であることの傍証は、こんな所にも現れている。


オススメ関連本・東浩紀『動物化するポストモダン――オタクから見た日本社会』講談社現代新書
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« アニメ『けいおん!』考・その2 | トップ | 認知症者の瞳に映るのは・前編 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメントを投稿

雑文」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

『涼宮ハルヒの憂鬱』 第1期 一気観! (みはいる・BのB)
職場のE君から、『涼宮ハルヒの憂鬱』第1期 全話のDVDを借りまして 金曜の夜から 3回に分けて全話鑑賞しました。(^^;
劇場版 涼宮ハルヒの消失 (のほほん便り)
きくところによると、当初の予定では、テレビ版の最新作として、オンエアされるはずが、(その人気ゆえか?)劇場化が決まった、とのこと。完全にテレビ・シリーズを観てる人に向......
長門有希ちゃんの消失 第1話 (アニメグラフィティ                    )
  長門有希ちゃんの消失第1話です。 有希ちゃんがかわいかったのでレビューすることにしました。   第1話「大切な場所」 つむじ♪ この世界の有希ちゃんはキョンが大好きっぽ......
涼宮ハルヒの憂鬱 (平成エンタメ研究所)
★かわいい女の子に囲まれたい、ふりまわされたいというのはラブコメの王道。  「涼宮ハルヒの憂鬱」もそう。  主人公のきょん(CV杉田智和)は、ハチャメチャなハルヒ(CV平野綾......