徳丸無明のブログ

雑文、マンガ、イラスト、その他

彼女とAV問題

2015-09-20 21:19:25 | 雑文
幾度も人々の口の端に上がる、男女間における問題に、
「男はなぜ彼女がいるのにAVを観るのか問題」がある。
おもに女性の側からの怒りの表明といて提出されがちだ。
これに小生なりの回答を与えたい。
彼女を牛肉、AVをジャンクフードに例えるとわかりやすいと思う。
牛肉が手に入らないとき――すなわち、彼女がいないとき――は、ジャンクフードばかり食べている。で、「ああ、牛肉が食べたいなー」なんて考えている。
そいつに彼女ができるとする。大喜びで牛肉を頂く。たいへん旨いので、毎日毎日食べる。最初のうちはそれでハッピーなのだが、だんだん飽きてくる。上等な食材であるのは間違いないのだが、調理法にせよ味付けにせよ、ごく限られている。思い切って変わった調理法を提案してみたりもするが、大抵の場合「そんな変態的なこと、イヤよ」と断られるので、あまり幅が広がらない。
すると、ジャンクフードが懐かしくなってくる。
ジャンクフードは牛肉と比べて遥かに多種多様で、味付けアレンジも思いのままだ。牛肉が食べられない時は、さほど美味しいとは思っていなかった。早くこんな物を食べなくてもいい暮らしを手に入れたい、早くこの状況から脱出したい、と思っていた。
そんなジャンクフードが、無性に食べたくなってくるのである。
「いろいろ文句言ってたけど、アレはアレでけっこう美味しかったよな」
で、フラフラと手が伸びるのである。
これが「彼女=牛肉、AV=ジャンクフード理論」である。
この考えを理論武装することにより、女性にAV鑑賞を受認させられるかどうかは、保証の限りではないので念のため。
あとついでにひとつ。
「AVにテクニックを学ぶ男はヘタクソ問題」について。
なぜこのような問題が発生するのか。
そもそも、AVとは、どのような狙いで作られているか。
視覚的に興奮させることを第一義に作られているのである。視聴者に興奮してもらうため、視覚に訴えかける作りをしているのである。
なので、その中で演者が選択的に取り交わす行為は、最も視覚を刺激する行為、となる。それは、必ずしも演者自身が気持ちのいい行為とは限らない。プライベートではなく、仕事でセックスをしているのである。いかに自分達が気持ちよくなるか、ではなく、いかに視聴者に喜んでもらうか、を考えて行為をおこなっている。
それは、「魅せる」ための行為である。自分達が気持ちいいかどうかは二の次、三の次。「劣情を掻き立てる映像」をカメラに収めることが最優先になるので、自分達にはあまり気持ちのよくない行為も、あえて行う、ということもあるだろう。
それをそっくりそのまま真似をすると、どうなるのか、ということだ。
男子諸君は、この点よくよく胸に刻まれたい。


オススメ関連本・ラッシャーみよし『ビザールビデオ研究――史上最悪の変態映像ガイド!』イーストプレス
『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« SかMか議論の不毛さ | トップ | 草食系男子は増えているか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑文」カテゴリの最新記事