ジャガイモの工具箱

オーディオ関係主体で気がついた雑多な事を書いていく予定です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Ubuntu 13.04 オーディオ対策他

2013-08-02 19:49:01 | PC
ubuntu12からUbuntu 13.04に変更(クリーンインストール)してみた。

「ウーム何か重いぞ!!」 Audaciosで 「サンプリング周波数コンバータ」を使うと「音飛びが発生する。」
システムモニターでCPU使用率をチェックするとすごいことになっている。

で ubuntu 13.04で色々やった事を備忘録として書いておきます。

1.私のGPUに合わせNVIDIAドライバーを使用。「システム設定」→「ソフトウェアとアップデート」→「追加のドライバー」→「NVIDIA binary Xorg driver,kernel module and VDPAU libraryを nvidia-313-updateから使用します(プロプライエタリ)」を選択「変更の適用」を行った。

2.Audaciosのサンプリング周波数コンバータのレートマッピングを基本的に元周波数の偶数倍(または1倍)にした。(SE90-PCIを使っているので MAX 192000Hz)
さらにAudaciosの「設定」「ビット深度」を24に変更しておく。

3.「システム設定」→「プライバシー」→「Dashで検索するとき(オフに変更)、アクティビティーの記録(オフに変更)」

4.Dashの機能が多すぎる(勝手に人のPCの中やらショッピング結果を検索する。)のでUbuntuソフトウェアセンターで検索プラグインの「lens」をキーワードに検索する。
「~lens for Unity」と出てくるのを「Application lens for unity」 と「File lens for unity」以外をすべてアンインストール(削除)してしまった。

5.その他不要そうなものを「UBUNTUソフトウェアセンター」で削除
 Google Drive scope for Unity
 Empathy Internet Messaging
 Remmina Remote Desktop Client
 Transmission BitTorrent
 Amazon
 Ubuntu One
 Online Accounts
 Landscape Service
 Orca Screen Reader

6.サウンドカード(SE90-PCI)に合わせ端末から
 sudo gedit /etc/pulse/daemon.conf
 「パスワード入力」
 テキストエディターで
 default-sample-format = s24le
 default-sample-rate = 192000 
を記入。「保存」を忘れないようにします。

7.ラムディスク作成 firefoxに使用
「アプリケーション」「アクセサリ」「端末」を開き
$ sudo mkdir /mnt/ramdisk
(パスワードを聞いてくるので入力する。)
$ sudo mount -t tmpfs -o size=256m /dev/shm /mnt/ramdisk
(この場合256MBのサイズです。)
$ sudo chmod 777 /mnt/ramdisk
(パーミッション変更)

次に自動起動でラムディスクが出きるように/etc/rc.localを編集。
$ sudo gedit /etc/rc.local
(exit0より前の部分に)
mount -t tmpfs -o size=256m /dev/shm /mnt/ramdisk
を記入します。

(FireFox設定)
 FireFoxのURL記入部位に
 about:config
 と入れます。警告が出ますが「細心の注意を払って使用する」を押す。
「設定名」上で「新規作成」「文字列」を選び「設定名」に
 browser.cache.disk.parent_directory
 設定文字列は
 /mnt/ramdisk
 と入れる。
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 朝鮮慰安婦の真実 | トップ | 皮手袋のトリートメント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PC」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事