Nobita の 写 真 ブ ロ グ

・・・・ サ ン デ - 毎 日 を 気 の 向 く ま ゝ に ・・・・

チャレンジ「百人一首」の書籍

2019-01-30 09:08:13 | 読書

相棒 Radomi(家内)が書籍「百人一首」を戴いてきてくれた・・・・
頂戴してきた此の書籍については、小中学生を対象に東奥日報社が発行して
いる 「 週刊 JuniJuni 」で二年間にわたり連載されてきた「ミムラン先生の百人
一首」(執筆 八戸学院大学短大 客員教授 三村三千代)を取りまとめたもので
あり、書籍化を期待してきた一人である。

三村三千代先生からは、数年前にシニアカレッジで古典「方丈記」の講義を受
けて、格別な思いがしている !! ・・・・  先生の講義に関 しては、難 しい 印象だ
った古文 に対する思いを新たにしたが、判 りやすく楽しかった♫。

少しずつ此の書籍を読み解いてみたいと思う。。。
                    

コメント (4)

あおもり冬のイベント(No3)

2019-01-27 07:01:30 | イベント

青森市内 の 「 ねぶたの家ワ・ラッセ西広場 」 では、今年も冬のワンダ―ランドと称する市民手作りの雪灯り 2000 個が広場を照らす「 あおもり雪灯りまつり 」が始り、多 くの市民が会場を訪れ照らす雪灯りを楽しんでる。





コメント (2)

あおもり冬のイベント(No2)

2019-01-22 20:28:35 | 雪祭り

新年を迎え早くも 1月は、半ばを過ぎたが2月にかけて、
冬のイベントが目白押し !! ・・・・本年1月17~2月17日間の予定で、青森ベイエリアや中心商店街 において雪をテ-マにし、灯り彫刻作品の展示が行われてる。

今回は作品等のテ-マを「雪」としており、
ねぶた作りの技法を活用して紙と針金などで制作し彩色を-切施さない白い濃淡を感じる造形となってるが、青森の冬を表現 した思いが伝わってくる。
(PS) 彩色が施されてる作品等は、「あおもり灯りと紙のぺぺ-ジェント」 の展示作品であり、昨年から展
   
中の作品etc。


  作品名「氷の樹」・・・(制作 竹浪 比呂中 氏)

  作品名「吹雪鱈」(右中)・・・(制作 手塚 茂樹 氏)

  作品名「ゆきのこゑ」・・・(制作 野村 昂史 氏)

コメント (4)

2019年青龍寺(昭和大仏)の初詣

2019-01-02 07:58:30 | 賀正

明けましておめでとうございます。
青森市内は雪もチラつく厳しい寒さでしたが、元旦の朝、昭和大仏( 青龍寺 )へ初詣に行って来ました。
旧年中は沢山の御交誼を戴きました ~ 心から感謝を申し上げますとゝもに、良い年であるように願っております。






コメント (4)