Nobita の 写 真 ブ ロ グ

・・・・ サ ン デ - 毎 日 を 気 の 向 く ま ゝ に ・・・・

新聞紙から生まれた造形

2019-05-14 06:35:48 | ア-ト

東奥日報社「新町ビル」 に於いて、本年 5月3日~6月16日の予定で、「めぐる文様展」が開催されている。
此の文様展で展示中の作品は、読み終えた新聞紙を一 本ずつの「コヨリ」にし重ね合わせて創る実物大の造形物であり、動物 など約40点の作品である・・・ 会場には大勢の市民etc が訪れており、高さ4.8メ-トルのアフリカゾウや本県に因んだ人気の「わさお犬」・カモシカ・サル・フクロウ等、見事な造形作品の数々に見入っていた。






コメント

夜間運行最終日の青森ねぶた祭(ねぶた祭No6)

2018-08-07 11:56:51 | ア-ト

5 日目を迎えた8/6の「青森ねぶた祭」は、少し肌寒い夜であったが天候に恵まれて、大型ねぶた22台が出陣し観客を魅了した。







コメント (2)

風船ア-ト作品の展示会

2018-06-18 06:09:00 | ア-ト

青森県観光物産館アスパムで、
6
月9日~10日の両日に 「第15回ツイスタ-ズ」(ふうせんの全国大会) なるイベントが開催されてたゝめ、展示会場内に立寄ってきた
知人から聞 くところによれば、
此れまでも何回か風船を「素材」とした作品を制作 し同会場で開催されてると云うが、素晴らしい作品ばかりである・・・大勢の観客が手の込んだ作品の数々に魅入っていた👏






コメント (6)

自然をテ-マとした梵珠山の作品展

2017-09-15 16:51:49 | ア-ト

青森市と五所川原市に跨る標高468mの「梵珠山」は、ブナやミズナラ等の天然林に覆われた自然豊かな憩 いの森となっており、山頂から陸奥湾や津軽平野などの景観が一望できる。
此の山の麓に在る「 県立自然ふれあいセンタ- 」( 青森市浪岡 )で、9月12日~10月15日まで梵珠山の自然をテ-マとした「私の自然作品展」 が開催されており、友人Sさんからの案内を受けて出展作品etcの数々を眺め楽しんできた。


  県立自然ふれあいセンタ- (正面)

  作品展会場の展示作品

  ふれあいセンタ-の内部

コメント (2)

遥かなるルネサンス展

2017-09-11 16:47:35 | ア-ト

青森県立美術館(青森市内)において開催されていた「遥かなるルネサンス展」(7/28~9/10)を観てきた・・・・最終日の前日=土曜日ということも有って、大勢の観客が姿を見せ人気の高さを感じる。
(PS)
大英博物館やル-ブル美術館等は、確かフラッシュを使わない限り写真撮影OKだったが、日本国内は何故か殆ど撮影禁止 !! ・・・・此の日も県立美術館は、従前どおり展示作品の撮影はNOであるが、「あおもり犬」だけは撮影ができた。


  ルネサンス展を開催の青森県立美術館・・・・案内表示の建築物

  資料に記載されてる画像~会場展示(絵画)のメディチ家のプリンセス「ビア・デ・メディチ」の肖像

  青森出身の世界的な美術家 奈良美智の作品・・・・建物と一体化した作品「あおもり犬」

コメント (6)

アスパムで開催されていた絵手紙展

2016-04-17 16:08:55 | ア-ト

観光物産館「アスパム」( 青森 )では、4月8~10日の間、「 はがき絵々手紙展 」が開催されており、Dorami(相棒 = 家内)と会場を訪ねた ・・・・・ 同展示会はDoramiの友人からの招きで、毎年のように会場を訪ねているが、心が和むような力作ばかりである





           (スライドショ-)
   
       

コメント (2)

シルバ-ウィ-クで賑う「ねぶたの家」

2015-09-24 11:14:17 | ア-ト

シルバ-ウィ-クのため、ねぶたミュ-ジアム( ねぶたの家 = ワ・ラッセ )が、観光客等で賑ってる模様・・・・60歳以上の人は無料開放のようである。
同施設は何回か見学しているが、ねぶた祭 ( 8/2~8/7 ) 終了後 に入れ替えた「受賞作品」(ねぶた)を観てないため、単身で同施設へ行くことにした。
高齢者を証明する 「 身分証 」が必要だろうか?・・・・・ Dorami ( 家  内 )の傍で独り言を呟く、「誰が見ても60歳以下には見えないので持参不要」 との詔(みことのり)にガックリしたが、証明書を持参し「ワ・ラッセ」に向う


  ねぶたの家(ワ・ラッセ)

  ワ・ラッセ内の展示品

  2015年ねぶた祭受賞作品・・・・展示作品

  展示中の「ねぶた面」

(スライドショ-)

 

 

コメント (6)

青森しんまちふれあい広場の賑わい

2015-08-25 19:22:34 | ア-ト

青森市の目抜き通りで、8月23日11:00~14:30の間・YOSAKOI踊りなどを催す「2015しんまちふれあい広場」(歩行者天国)が開催されて、多くの観客等で賑った。


  ふれあい広場の催し物

  しんまちふれあい広場・・・・歩行者天国

  YOSAKOIソ-ラン踊り
 ( スライドショ-)

 

コメント (8)

佳境を迎えた青森ねぶた祭(ネブタ祭No5)

2015-08-06 13:13:42 | ア-ト

日本の火まつり「青森ねぶた祭」 は、
8月2日~8月7日の予定で開催されてるが、歓喜と乱舞
の「佳境」を迎えている・・・・気
温 36.5℃ を記録した昨日は、大型ねぶた21台が出陣し賑やか
な囃子・跳人の掛 け声
が往く夏の夜空に響き、多 くの観客等を魅了した!!



  ねぶた大賞「三井寺合戦 新田四天王大暴れ」(日立連合ねぶた委員会=北村蓮明 作)

  大型ねぶた合同運行・・・・青森県庁前付近の光景

  力強い葉や囃子方・・・・響き渡る太鼓の音
(PS) 
初めてコンデジで撮った「動画」をUP・・・・・巧く撮れてませんが御容赦下さい。

20150805青森ねぶた祭

コメント (4)

田んぼア-ト第2会場に新ア-ト出現

2015-07-28 09:04:56 | ア-ト

田舎館村の「田んぼア-ト第2会場」において、
昨年、死去した俳優「高倉
健」さんを題材とし、「惜しまれる人」と題した新ア-トが完成
した・・・
・ 此のア-トは「石」で描いたもので、白や黒等4色の小石を遠近法でアスファ
ルト上に並べ制作したものであり、「健さん」の顔が見事に表現
さている。
健さんを表現した巨大ア-トの大きさは、
台形状 (上辺22.0・下辺12.3・高
さ39.6=単位 m)であり、田んぼア-トと同様に弥生の
里「展望所」から見
学できる ・・・・・ 見事な出来栄えに訪れる人々から歓声が上がって
いた♪


  惜しまれる人・・・・健さんのア-ト

  小石を並べて遠近法で制作・・・・右側中央は田んぼア-ト=スタ-ウォ-ズ

  田んぼア-トと健さんア-トを眺める展望所

コメント (8)

青森ねぶた祭の準備状況(ネブタ祭No2)

2015-07-20 12:11:46 | ア-ト

青森ねぶた祭(8/2~8/7)の準備が着々と進んでおり、
デパ-トetcでのネブタグッズの販売などが始まった ・・・・ 既に祭の運行コ-スでの桟敷
スタンド(観覧席)作りも行われている。


  デパ-ト前のグッズ販売

  販売してるグッズの数々

  正装のネブタ衣装

(スライドショ-)

コメント (6)

田舎館村の田んぼア-ト

2015-07-16 07:48:42 | ア-ト

軽平野の南部に位置する田舎館村は、
平成5年から古代米など色の違う品種の稲を栽培し巨大な絵文字を描く「田んぼア-ト」に取組んでいるが、今年も同ア-トが見頃を迎えている。
同村の田んぼア-トは、昨年同様、村内2会場において

  ○ 第1田んぼア-ト
   ・ 図柄:風と共に去りぬ
   ・ 場所:田舎館村役場・東側水田(役場天守閣より見学可)
  ○ 第2田んぼア-ト
   ・ 図柄:スタ-・ウォ-ズ フォ-スの覚醒
   ・ 場所:道の駅いなかだて・弥生の里(展望所より見学可)

の作品(完成)が制作されており、来場者の人気を呼んでいる
特に第1会場のア-ト「風と共に去りぬ」は、
マ-ガレット・ミッチェルによる小説を「映画化」し世界的にヒットした米国映画で知られており、日本国内では1952年9月 に初公開されている・・・・・主演したクラ-ク・ゲ-ブルとヴィヴィアン・リ-の姿が、津軽の地に「田んぼア-ト」としてクッキリと蘇った


  岩木山と田舎館村

  第1会場・・・・風と共に去りぬ(青天の霹靂=2015年にデビュ-する新品種県産米

  第2会場・・・・スタ-・ウォ-ズ(フォ-スの覚醒)

  田舎館村役場庁舎・・・・最上階がア-トを見る天守閣
(田舎館村)
http://www.vill.inakadate.lg.jp/docs/2015060200015/
(スライドショ-)
                     

コメント (8)