日々是チナヲチ。
素人による中国観察。web上で集めたニュースに出鱈目な解釈を加えます。「中国は、ちょっとオシャレな北朝鮮 」(・∀・)





「上」の続き)


 「民主化」の成就に太石村の村民たちが喜んだのもつかの間のことでした。

 村を挙げた署名活動により村民委員会主任(村長)罷免動議が認められた翌日である9月12日の朝、1000人にのぼる警官隊が突如、村を襲ったのです。

 ――――

 ●不正抗議の村民追い払う 警察、「証拠」持ち去る 中国(「Sankei Web」2005/09/13)
 http://www.sankei.co.jp/news/050913/kok040.htm

 中国広東省広州市番禺区の農村地帯で12日、役場幹部による公金不正処理があったとして抗議行動を続けていた村民らを警官ら約1000人が放水などで追い払い、村民側が保管していた村の会計資料を持ち去った。13日付の香港紙、明報などが伝えた。

 報道によると、村民側の一部は暴行を受け、約50人が拘束されるなどして消息が不明になった。村民側は幹部の不正の「証拠」が改ざんされる可能性があると指摘している。

 村民側は幹部の罷免などを求めて7月末から抗議を開始。地元当局は今月10日、村民らの罷免要求を認めると発表したが、村民側は関係資料改ざんを警戒し、罷免手続きに必要な会計資料の提出を拒んでいたという。(共同)

 ――――

 サラリと書かれています。確かに事実はその通りのなのですが、そのソースとなった香港紙は具体的な描写に踏み込んだ生々しいもので、読み手が受ける印象は全く異なったものになります。香港の新聞記者はセンセーショナルな書き方に流れがち、ということもあるのですが。……ともあれ、『明報』『蘋果日報』(2005/09/13)の記事を参考に話を進めることにします。

 警官隊は村民による村長罷免動議が承認された翌日である9月12日の午前(8~9時)、50台を超える警察車両などに防暴警察(機動隊)約1000人が分乗して太石村に突入しました。

「番禺区政府も民政局も、魚窩鎮政府も派出所(警察署)も、揃いも揃って良心のカケラすらない!あいつらみんな人間じゃない!奴らは賊だ!おれたち村民は村民大会を開いて、村長の罷免を決めようとしていただけじゃないか。何で1000人もの阿SIR(広東語による警官の俗称)が出てきて財務室に入り込んで、太石村を血まみれにしなきゃいけないんだ!」

 とは『蘋果日報』に電話で寄せられた現地村民の声です。人口が2075人という太石村に対し、警察側は機動隊など1000人を動員したのです。その車列は警察車両をはじめ、機動隊を乗せる大型バスと消防車1台、救急車4台など合計63台にものぼる「大軍」でした。

 しかもその中には霊柩車も1台加わっていたという目撃談が『蘋果日報』に出ています。

「霊柩車まで連れてくるってのは、おれたち村民に死ねってことか!」

  と、農民はそのことでいよいよ怒りを募らせたようです。この件は『明報』や反体制系メディアの報道には出て来ないので未確認情報ですが、官民衝突に霊柩車が動員されたとすれば前代未聞です。警察側にすれば脅し目的で投入したのかも知れませんが、事実とすれば農民を舐めきっているというか、悪辣極まれりと言うほかありません。

 ――――

 で、警官隊は村外に通じる道路を全て封鎖した後、一直線に目指したのが財務室、つまり村長の汚職を裏付ける村の会計書類などをまとめて保存している場所でした。前回ふれたように、村民が入口を厳重に施錠し、24時間態勢で見張りを立てていた場所です。

 見張り役に加え、急を知って入口周辺に50名ばかりの村民が駆け付けましたが、その顔ぶれは主に60~80代の老婦、つまりお婆さんが中心。しかし、警官隊は抵抗力に乏しいお婆さんたちにも全く容赦することはありませんでした。

 前もって打ち合わせができていたのでしょうが、警官隊はまず消防車を前面に立てて、高圧放水を実施。それを浴びてバタバタと村民が倒れたのに乗じて機動隊が襲いかかり、警棒をふるって老婦らを殴打したのです。相手がお婆さんでも一切手加減することはなく、このために負傷し、また殴られて気絶する老婦も多数出たとのことです。

 これで抵抗は排除された、ということになるのでしょう。機動隊は二重三重に施錠された財務室入口のドアを破って室内へと入り、村民たちが必死で守り続けていた会計書類など一切を持ち去ったのです。

 『明報』によると財務室は村民委員会の建物の3階にあり、機動隊に続いて建物の中へと入った当局の役人多数が奪い取った帳簿などを一切を外に持ち出し、警察車両のところでパラパラとめくって内容を確認していたそうです。もちろん村民たちは高圧放水と警棒による殴打で排除されており、手も足も出ません。

「奴らは村民の目が届かないのをいいことに、きっと核心にふれる資料を破棄するか改竄するつもりなんだろう」

 『明報』に電話で事件を知らせてきた村民の一人は、涙声で嗚咽しながらそう話したそうです。

 ――――

 別の村民は思わぬ事態に、広州市公安局(警察署)に急を告げ、上級部門(番禺区は広州市に属する)にあたる市公安局に救援を求めました。ところが返ってきた答は何と恫喝でした。

「お前らがまた騒いだら、今度は数百人どころか数千人を出動させてその口を塞いでやるからな」

 この言葉で「武力鎮圧」が番禺区政府はもちろん、広州市政府の意思でもあることがわかります。

 ――――

 会計書類を奪ったことで警察側は作戦目的を達成したことになりましたが、事件はそれだけでは済まず、機動隊は放水と警棒で負傷あるいは昏倒した老婦らを拘束、連行していきました。負傷者は正規の病院ではなく、留置所の医務室で治療を受けたらしいという村民の声を『明報』は伝えています。その人数は48名にものぼるとのことですが、正確な消息は未だ不明のままです。

 ちなみに、事件当日のものを含めた画像が反体制系ニュースサイト「大紀元」(中国語版)に出ています。

 http://www.epochtimes.com/gb/5/9/14/n1052238.htm

 ――――

 前日の村長罷免動議成立から一夜明けてのかくも容赦なき武力弾圧。この暗転を一体どう捉えたらいいのでしょう。

 警官隊の行動が番禺区政府だけでなく広州市政府の意思でもあるらしいことは市公安局の対応で察することができます。あるいはもう1ランク上の広東省政府の意思かも知れません。より一歩進めて、北京の中央政府から直々の命令が下った可能性もあります。

 それは、今回の件が他の農村争議などとは違い、立派な「民主化運動」だからです。しかも反体制系知識人らがそれを応援している。「署名活動→村長罷免」というプロセスは法の手続きに則ったものですから、これがモデルケースになると全国の都市や農村の末端組織に同様の動きが飛び火し、各所に火の手が上がるという中共政権にとって最悪の事態にもなりかねません。

「一見庶民派のスタンスであるかのような胡錦涛総書記・温家宝首相なら一議もなく潰しにかかるところでしょうが」

 と前に書きましたが、広州郊外という海外プレスも入りやすい場所が舞台ながら、それを顧みずに「一議もなく潰しにかかる」ことが選択されました。

 事件の性質が正真正銘の「民主化運動」であるために、しかも全国各地に飛び火すれば炎を噴き上げる可能性の高い社会状況があるために、「海外の目」を顧慮せず、動じずに警官隊の投入となったのではないかと思います。この点は1989年の天安門事件(軍を投入して民主化運動を武力鎮圧)と同質の、中共政権の凄みを感じます。

 ――――

 それにしても皮肉なものです。温家宝首相は欧米諸国による人権問題批判を念頭に置いてのことでしょう、9月6日、ブレア英国首相との会見を前に、「村」や「街道」(都市部における末端行政単位)での直接選挙実施などを足掛かりに、着実に民主化を進めていくとの決意表明を行っているのです。

「もし中国人民がひとつの村をうまく運営することができれば、その後数年の間に鎮(村のひとつ上の行政単位)をちゃんと運営できるようになると確信している。この制度は順序よく漸進的にやることになる」

 と温家宝はコメントしています。が、実際にはそれから一週間と経たぬうちに、全く正反対の、「官」が問答無用で法を踏みにじり、村を踏みにじる事件が起きたのです。

 タイトルにあるように、私は今回の件について「民主化運動」だから素早く弾圧されたと考えています。当局にとっては都市部でそれが起きるのも怖いでしょうが、中国にあって都市など所詮は農村という闇の広がりの中に点々と灯った豆電球のようなものです。「農民による民主化運動」はいよいよ怖いでしょう。「農村が都市を包囲する」ではありませんが、他ならぬ中共が農村での運動を基礎にして政権を奪取しているのです。

 ――――

 「潰せ」

 という指示がどのレベルから出たのかは実に興味深いところです。案外、先日は偉そうに漸進型民主化構想を語ってみせた温家宝あたりが命じたものかも知れませんよ。

 普段から庶民派を偽装しているこのウソ泣き首相、実はちょうど9月9日から13日にかけて広東省を視察しているのです。広東省のトップなどを引き連れて、珠海、中山、仏山、東莞、深セン、そして当の広州などを相前後して訪れています。

 http://news.xinhuanet.com/newscenter/2005-09/13/content_3485387.htm

 海外にも報じられた事件なのですから、「知らなかった」では済まされませんよ。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« 「民主化運動... 番禺太石村事... »
 
コメント
 
 
 
苛政猛于虎 (まかぼろ)
2005-09-15 12:18:27
本当に背筋が寒くなります。権力自体魔性を帯びたものですが、独裁政権だけあって露骨にその魔性が牙を剥きますね。「苛政猛于虎」とはよくいったものです。



この記事を中国BLOG記事アーカイブプロジェクトに推薦しておきました。



http://www.chinawalkers.net/weblog+details.blog_id+66.htm
 
 
 
是非、小泉首相に非難して頂きたい (暇人)
2005-09-15 17:52:22
自国の法律に基づいていようが都合が悪ければ断固弾圧という辺りがなんというか、海外に近代国家にあらずと知らしめた象徴的事件になるのではないかと。

「自国の法に基づいた正当な要求を行った市民を弾圧する国家に、他国の過去について非難する資格があるだろうか? 自国の威信を保つ為に他国を悪し様に言わねばならない国に文明国を名乗る資格があるだろうか? 自国内の法に基づく権利すら市民に保証できない国に常任理事国の資格があるだろうか? これが四千年の歴史を誇る文明国の現在として、かの国の国民は受け入れる事ができるだろうか? 」

 と小泉首相とブッシュ大統領に演説して頂きたいですね。ついでに来日時に大統領と一緒に靖国参拝すればなお良し。

 これを言われたら自国のメンツ丸つぶれだけど、メンツと権力のどっちを取るかができない国だけに先が楽しみです。
 
 
 
舵を切った (1読者)
2005-09-15 23:15:06
今晩は。



 中共中央の判断は弾圧に大きく動いたと考えるのがよいのではと最近思います。



 何時だったか忘れましたが、北京郊外の土地収用でも弾圧が通常の手段として採用されていますが、そのときと異なり、今回は制服の警官を投入したということで党の判断ではと考えたりしています。



 飛び火しようがなんだろうが潰すものは断固潰すという決断が背後にあると思います。



 相当余裕が無いのかな。

 
 
 
電光石火の弾圧? (一通行人)
2005-09-16 09:01:44
かの土地(←敢えて国とは言わない(w))には

”五十歩百歩”

という格言があるのは御周知かと思います。



つまり叛意がある者は”程度に関係なく”批難・罰する風習が根づいてるように思います。



今回の件は”単なる不満が”ではなく”叛意”というフラグが立ったという事ですよね。
 
 
 
ミニ天安門 (22)
2005-09-18 08:55:01
民主化を認める動きの後に弾圧ってミニ天安門ですね。そういえば、温家宝と曽慶紅がこの時期広東に行ってますね。趙紫陽を刺したといわれる人物と江派の重鎮。構図も一所かな。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。