日々是チナヲチ。
素人による中国観察。web上で集めたニュースに出鱈目な解釈を加えます。「中国は、ちょっとオシャレな北朝鮮 」(・∀・)





 衆院選後の中国の対日政策を馬鹿なりに考えてみるつもりが、つい余談に流れてしまった前回の続編です。ただしこれは速報で、「宿題」はしばしお預け。中国の外交部報道官が定例会見で衆院選に言及したのでとりあえず一報しておきます。

 まあ標題が全てです。以上。

 ……と終わらせる訳にはいきませんか。いま「農民による民主化運動」の新展開に泡喰っているところなんで手短かにいきます。以下に要点を訳出。報道官はボソボソと早口で喋る神経質そうな秦剛です。

 ――――

 記者:先週末に日本の小泉首相が再選を果たしたが、中国側はこれについて祝意を示さないのか?

 秦剛:終わったばかりの日本の衆院選は日本の内政問題だ。私はこの問題について評論する立場にはない。強調しておきたいのは、中国政府は中日友好関係を発展させていくという……
(以下原則論)。

 記者:今回の衆院選は自民党の圧勝だった。日本国民の多くが小泉首相を支持していることの現れだと思うが、中国側はこれをどうみているのか?

 秦剛:日本の衆院選は日本の内政問題だ。日本の有権者がどの政党、どの指導者に投票したかは日本国民が自ら決めること。どの政党、どの指導者が政権を運営することになっても、中日関係が改善され発展することを我々は望んでいる。

 記者:小泉首相は対中関係において色々批判されているが、今回小泉首相が再任を果たしたことで、中日関係はどのような発展をたどると思うか?また、中国は小泉首相に祝電を贈る用意はないのか?

 秦剛:中国側としては……
(以下原則論。祝電に関する質問はスルー)。

 ――――

 中共は祝電を打つのがどうしても嫌みたいですね(笑)。

 日本の内政問題だから口をはさまない、というのも初めて聞く台詞です(笑)。民主党が勝っても同じことを言っていたかどうかは実に興味深いところですね。

 それにしても衆院選を「日本の内政問題」とするなら、より些末である筈の靖国問題になぜ口をはさみたがるのか、不思議ですねえ。今回の会見でも、「小泉圧勝」については「日本の内政問題」とかわす一方で、

「日本の指導者による靖国神社参拝に断固反対する。また、日本の一部右翼勢力が教科書を修正し歴史を改竄する行為に断固反対する」

 と言っています。これは立派な内政干渉でしょ。

 ――――

 靖国神社、歴史教科書といった案件にも「日本の内政問題だ」と言える器量が中共にはないんですねえ。

「じゃあお前んとこの天安門事件はどうよ?」
「大躍進やった後の飢餓で何人死んだか言ってみな」
「文化大革命で何人死んだか言ってみな」

 ぐらいは記者も切り返せよトンチキ。……てそんなことしたら会見に出られなくなっちゃいますか(笑)。もちろんプレスパスも剥奪。記者も所詮はリーマンですからキャリアに傷をつけたくはないでしょうしねえ。プレス魂のカケラすらない。

 ――――

 あ、それから前回取り上げた「右傾化」に対する回答が一応示されていることにも言及しておかなきゃいけませんね。

「日本の一部右翼勢力が……」

 ということで、
右翼勢力の台頭によりかくなっているものの、日本国民全てが右傾化している訳ではない。この点はしっかりと分けて考えるべきである。……という従来のスタンスが改めて示されました。

 ――――

 しかし本当に祝電を打たないのでしょうか。

 それによって国際社会で恥をかいたり呆れられたりすることがあるとすれば、それは自分の側だということがわかっていないとはさすがに思えません。

 わかっていても嫌なんでしょうね。「自民圧勝」ならともかく、今回は実質的に「小泉圧勝」ですから。

 よほど悔しかったのでしょう(笑)。



コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )



« オラオラ孔泉... 「民主化運動... »
 
コメント
 
 
 
祝電 (珍獣ファン)
2005-09-14 01:04:54
2003年03月15日

日中信頼関係を一層促進  小泉首相が胡主席に祝電 



 小泉純一郎首相は十五日、中国の新しい国家主席に選出された胡錦濤氏に対し「日中平和友好条約締結二十五周年の節目の年にあたり、両国の相互理解、相互信頼を一層促進するとともに、幅広い分野での協力関係を新たな段階に推し進めたい」とする祝電を送った。

 曽慶紅国家副主席、呉邦国・全人代常務委員長にも祝電を打った。

 また、江沢民前国家主席と李鵬前全人代常務委員長にも、日中関係でのこれまでの貢献に敬意を表すとともに、今後の関係発展への支援を期待するメッセージを送った。

 川口順子外相も江、李両氏にメッセージを送った。

 
 
 
国内世論 (まかぼろ)
2005-09-14 02:11:38
党にとっては悪夢でしょうね、今回の結果は。国内世論の手前祝電は打てないですよね。お偉いさん方の「ドキドキ」な日々が続きます。



この記事を中国BLOG記事アーカイブプロジェクトに推薦しておきました。



http://www.chinawalkers.net/weblog+details.blog_id+65.htm
 
 
 
Unknown (大丈夫?)
2005-09-14 10:11:07
まだだれも書いていないようなので



特定アジア



はてな

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c6%c3%c4%ea%a5%a2%a5%b8%a5%a2



WIKI

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2
 
 
 
エース登板せず ()
2005-09-14 15:19:46
エース報道官の孔泉でなく秦剛に会見やらせたのが当局の感情の表れでしょうか。

それにしてもガス田への艦隊お散歩はなんだったのでしょう。
 
 
 
しょうがないよね (1読者)
2005-09-14 20:22:43
今晩は。



 本当に久しぶりの自民党の大勝利ということで、日本のマスコミも政府及び読者に対し妙にスタンスを取り直しているような今日この頃です。



 日本政府がぶれずに淡々と進めば進むほど中共の狼狽振りが明らかになってしまうという状況は、今後一層はっきりしてくるのでしょう。



 また中共が狼狽すればするほど多くの人の目が注がれ、見られたくない、知られたくないという事実が加速度的に広まっていくのでしょう。



 因果応報ですね。
 
 
 
Unknown (一通行人)
2005-09-14 20:43:32
>ガス田への艦隊お散歩

やっぱり

「おらおら~、仲良く(中寄り候補へ投票)しろよ~、な?」

のつもりだったのかも。



それとも日本国民が選挙に注目してる時だから、どれくらい反応するかを試す為かも。

思えば半島北は日本の災害時に何かしら暴発してくるし。



特定アジアの方々って相手側に騒動があると

決まって便乗してアクションする傾向がある気がします。

しかも露骨なヤツを。
 
 
 
胡主席美国大陸漫遊記 (きんぎんすなご)
2005-09-14 20:59:29
小ネタ見っけ



胡主席エレベーターに閉込められる

http://tuf.co.jp/i/news/mori/0913/09131602.htm



美国でなくて何よりでしたね。北京語で呼んでも助けに来てくれないそうですから



中国人、NYでエレベーターに3日間閉じ込められるも誰も気付かず

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1112803191/



でも今回のネタ中国では報道しているのかな?

 
 
 
あはははは。゜(゜^ω^゜)゜。 (kyouji)
2005-09-14 21:13:17
 笑い死にしそうでした。w

 もう、中共の当局者は悔しくてしょうがなかったんでしょうね。



 それと、電子戦機が防空識別圏近くに来てたのも話題に

なってましたね。

 まあ、普通といえば普通ですが、軍の動きが急という印象はぬぐえませんね。
 
 
 
中国の歴史は未だ浅い! (親日)
2005-09-15 06:23:18
巷では良く”中国3千年の歴史とかいうが、実際は中国共産党が支配するようになって「84年」だ。建国56年である。

いままで皇帝が争い続けて長期政権を取ったものはいない!

それこそ50以上もの部族に分かれた国をまとめる事は不可能で、何れソ連のような結末になることは目に見えている。最大の欠点は中国が無宗教のところにある。

しかしチベット民族へ対する暴虐は国際的な問題であって中国の国民性を物語っている。

一方、日本の歴史は神武天皇即位から2665年目だ。いわゆる皇紀2665年になる。世界で現存最古の王朝を擁している国は日本である。因みに他国の最高はデンマークは11世紀ほどだ。

日本には神道の国家感が身についていて、それが武士道の精神と相まって現在の日本人気質を作り上げている。

それとは別に、我々日本人は世界歴史上の大偉業を成し遂げている。それは戦後世界地図を激変させたのだ。

当時ロシアは大々的な南下政策をとり、その手は満州、朝鮮にまで伸びていた。このままでは日本にまでやってきて日本が占領されてしまうとの危惧から、明治37年日本はロシアに宣戦布告した。中国大陸で陸軍が勝ち進むとロシアは海戦に望んだ。いわゆる当時の世界最大のバルチック艦隊が相手である。

対する東郷平八郎元帥率いる日本は、戦艦三笠を先頭に連合艦隊が戦い、バルチック艦隊を壊滅させあっけなく日本が勝利した。

 これは有色人種として白人に対し敢然と戦った国は日本だけであり、白人に対し勝利したのも日本だけだ。

戦後、周辺のアフリカ大陸やアジア大陸の有色人種が立ち上がって独立運動が勃発し、植民地から解放された。有色人種を白人から解放するきっかけを日本が作り出したのだ。

やはりこれは日本人としての誇りだ。

 
 
 
小泉圧勝の立役者 中国 (無党派)
2005-09-15 08:19:36
わしも無党派だが、あの反日デモ 以来の中共の行動を見ていると小泉自民党に入れざるをえなかった。はは。

岡田さん あの対中国の状況(中共の理不尽行動の横行)のなかで天皇辞退論、靖国参拝中止、中国擁護などの発言、どう考えても選挙に勝利できるわけがない。わしは、ほんとのところ靖国とかどうでもいいのだが、あの発言はいただけない。民主党の国家感が薄弱なことがわかった。選挙中に軍艦を繰り出してくる中共、まさに中国は、小泉圧勝の立役者だな。
 
 
 
Unknown (月光)
2005-09-15 13:55:44
ふと思いついて保釣とか、愛国者同盟網とか

反日サイトに行っていたんですけど

見られませんね。

私だけかな?



やっぱりこの選挙の結果の影響ですかね。
 
 
 
「目にしたくない動き」 (珍獣ファン)
2005-09-15 21:37:24
 まさに今回の日本の政局は中国にとって「目にしたくない動き」だったんでしょう。外交部も会見で言えばいいのに。

 日本の記者も1人くらい、外交上礼儀に反している事くらい指摘しろよ。

 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。