goJapan

ようこそここへ”JapanJapan"ここから新たな歴史が始まる。

2018.09.20(木)・惚の字は

2018-09-21 07:16:10 | 365日
宿泊した新鉛温泉「愛隣館」で、朝食前と後に「森の湯」へ。源泉は「南部の湯」と同じです。昨日から温泉に4回入り、久しぶりの愛隣館を堪能しましたよ。
今日は秋の彼岸入りです。早速、我が家のお墓参りとクルミ持参で親父の兄妹であるM叔母さん宅の仏壇拝みです。叔母さんは元気そうで何よりでした。
午後からは、先着順で聴講券を確保したヤクルト主催の健康講座へ。メインは伊奈かっぺい(1947年生)の講演会で、タイトルは”講演会ごっこ~笑いが空から降るために~”。以下、話の内容をちょっとだけ。
・惚ける(ぼける)と惚れる(ほれる)は同じ「惚」の同じ字を書く。共通点は前後のみさかいがなくなる。
・病院でのMRI検査を「イモ洗い」と言う。
・脳梗塞になった時、即、入院と言われたので、”足だけ入院ですか”と言ったら、”全身だ!”と。
・青森では県立病院を略称して”県病(けんびょう)”と呼ぶ。
・37歳で結婚したので、色紙には”我晩婚(わればんこん)”と書いているが、反対から読むと”婚晩我(こんばんわ)”。
・自宅に二匹のカラスがやってくる。夫婦だと思うがどっちが旦那でどっちが奥さんかわからない。1羽が飛んで行った時に、残ったカラスが飛んで行ったカラスに”カア~”と。
・ママさんバレーをしている人が、ガソリンを入れにスタンドへ。店員からレギュラーですかと言われて”補欠です”と。
そんな中、クルミをフライパンで炒ってみた。ネットで見たら頭が割れてくるようだったが、20分程たってもなかなか割れる気配がない。諦めて殻を割ってみたが、割れやすくはなっていたが、クルミの風味が薄れて一部焦げている状況。んん~上手くいかないなあと。試行錯誤の日々が続きますね。
【今日の二枚】

愛隣館の廊下に掲げられていた色紙。”花には水を 人には愛を 生活にはユーモアを”

愛隣館内の写真です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018.09.19(水)・愛隣館 | トップ | 2018.09.21(金)・公正証書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

365日」カテゴリの最新記事