FragranceBox

香箱の中には幸せの種があるらしい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

前回の続き

2012年09月29日 | ミーのこと
そんで、ママのお部屋改造計画は、まだまだ続くにゃん。
ママは、このとけいをかいました。
パパが帰ってきたら、必死でどうって聞いてたよ。
パパはおしごとがんばって帰ってきて、つかれてるの。
ねたくてたまらないから、なんにもかんがえず、いいねって言ってた。
このとけいはどっかのなんとかいうデザイナーのものだって。
ママ、自慢してたよ。
でもあたしは、チック、チックっていいながらうごくからうるさいって思う。
とけいとか、いすとか、どうでもいいから、早くあたしのモンプチを買ってきてほしい。
でも、うれしそうなママは好きにゃん。あたし。
コメント

模様替え

2012年09月20日 | ミーのこと
このまえ、ママは「べとなむ」というところに行った。
「べとなむ」というところでおなかが痛くなったそうだ。
ママはしばらく元気がなかった。
でも、だいぶ治って最近元気になってきた。
そうしたら気分転換にお部屋をあたらしくするといいだした。
お部屋のいろんなものが変わったにゃん。
座布団も変わった。
なかなかまえのよりいい。
あたらしいキャットタワーみたいなのもいい。(後ろ、正しくは木製キャビネット)
あれもちょうどいい高さなのでよく乗ることにした。


それからあたらしいイスもきた。
でもこれはかたくてつるつるしてぜんぜんよくないのであたしは乗らない。
それなのにママはいいと言ってよく座っている。とっても安かったのだそうだ。
あたしのカリカリより少し高いくらいだそうだ。
それならカリカリを買えばよかったのに。
お部屋を新しくしたら、自分も新しくなるそうだ。
お部屋で、次は自分で、その次はミーを新しくするっていうのかな。
お風呂かな、
やばいにゃ。
逃げるにゃ。
コメント

ベトナム旅行記

2012年09月07日 | 日記
ベトナムに行ってきました!
3泊4日の国内泊なしという強行日程で。
まずは夜中についたので、その日はとりあえずホテルで寝る。

朝、眼下に広がるサイゴン川に感激しつつ観光スタート。
時期は雨季。雨は降るが一年で一番涼しい時期でもある。
実際、とても過ごしやすく日本の夏と同じ感じ。
滞在中はむしろ日本より少し涼しかった。




天気を味方に付けたので張り切ってホーチミン中心部を散策。
こちらは聖母マリア教会(サイゴン大聖堂)。→
19世紀に建てられたフレンチゴシックの建築物の前でパチリ。
他にも、ホーチミン市内にはいくつも有名な建物がある。
中央郵便局、旧大統領官邸、市民劇場・・・歩きでぐるぐる回ってあちこち観光した。
2日しかないので、同時進行でお買い物もしながら歩く。




市場にも行きたいと、観光ブックにも載っているベンタイ市場に行ってみる。活気のあるベトナムチックな市場だった。
ただし、あまりに強引で押し売りをされ、ぼったくられるのでお買い物にならず早々に退散。
ここは観光客には不向き。ナンプラーの臭いも強い。
見学だけなら面白いけど。



あちこち歩き回った夜はディナーでおなかを満たす。
ホテルの前から出る観光船に乗り込んで、ショーを見ながらのサイゴン川ディナークルーズ。
サイゴン川を吹き渡る風が気持ちよかった。

そんな1日目が終了し、翌日はミト―観光。
ミト―市はホーチミンから車で1時間半程度の街。





ここでのメインはメコン川クルーズ。
メコン川は言わずと知れた大河。船に乗ってずんずん進む。
途中、雨も降ったが、それすら面白い。大きなメコン川には島があり、その一つに上陸して散策する。
その島の中で、なおカヌー?に乗り換えてクルーズを続ける。
何事も初めてで面白かった。



クルーズの後はミト―市に戻り蓮の池のレストランで昼食。
なんともベトナムらしい雰囲気のレストランだった。

観光のお手本のような旅行だったけど、すべてが初めてでとても面白かった。
ただ、残念だったのは・・・細菌性腸炎になったこと。
メコン川クルーズの時から、おかしくなり、帰りの飛行機の中でやばいことになってしまった。
9人で行って私一人だけ。

みんなと同じものを同じところで食べて、一人で食べたものなんてなかったのになあ・・・。
成田で検疫も通ったし、成田空港病院にも行って点滴を打った。
成田で回復しきれず、羽田空港でも医務室で休ませてもらった。
(実は羽田の医務室は常用設備ではなくバックヤードの職員のIDが必要なエリアにあるので、普通では入れないところに入った。これはこれでめったにない経験。)
これさえなければ、いい旅行だったけど、無事に治りつつあるので、まあこれも思い出。
次回がいつか分からないけど、これに懲りずにまた海外旅行、行けるといいな。
コメント (2)