FragranceBox

香箱の中には幸せの種があるらしい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Super flyコンサート

2013年01月19日 | 日記
お友達から、嬉しいお誘いアリ。
SuperFlyのコンサートチケットがあるのだけど、どお?とのこと。
行きますとも!わ~い!!
っていうわで、久しぶりのコンサートに行ってきた。

よかったよぉ。SuperFly。しかも(セミ?)ファイナルやったし(^m^)
また行きたいな。

誘ってくれてありがとう!
コメント (2)

スマホデビュー

2013年01月13日 | 日記
スマホデビューしました。
それは12月25日、クリスマスでした。
それから20日ほど経ちましたが・・・
いまひとつ、スマホというものを使えていない。

やりたいことはあるけれど、設定の仕方がわからない。
それで、何度、auを往復したか・・・。

私が理解できないコなのだろうか。
それともみんなこんなもんなんだろうか。

みなさん、あちこちでいろいろ聞くと思うけど優しく教えてね♪
コメント

謹賀新年

2013年01月03日 | 日記
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
元旦も着物で過ごしました。
この着物はもう10年以上前に母が用意してくれたもの。
40過ぎた頃に着れる着物も必要だろうと前もって。
20代~30代前半はあまりに地味であったけど、
だんだん、似合う年になってきたようです。


2日はエミフルに突撃。エミフルだって、着物です。ひとまずランチを食す。

それからお正月映画を見る。ドラマをずっと見ていたので、「大奥~永遠~」をチョイス。
映画の筋もさることながら、絢爛豪華な打掛の衣装にくぎ付けだった。
んでっ次はお買い物。ターゲットは福袋。
だんなちゃんが誕生日プレゼントとして買ってくれた(あたし正月生まれ)。
お店の人は「1万円の福袋ですが6万円相当が入ってますよ~♪」と言ってたが・・・。
ホントだ!大当たり!!本当に6万円相当で使える素敵な服ばかり入っていた!
嬉し~。ホント嬉し~。

今年もよい年になりますように。
いつも仲良くしてくださる、皆々様、今年もよろしくお願いいたします。
コメント

晦日

2012年12月30日 | 日記
ちょっとブログ書かなかったけど、また書かなくっちゃと。
そう思う今日この頃。
年が明けたら、スタートしよかと思ったけど、
物事は思い立ったら吉日という。
なんにも目新しいことはないけれど、書いてみる。

今年はいろんなところに行った。
こんなにまとまって旅行が押し寄せてくることは今後もそうないと思う。
さしあたって来年は旅行の予定が全くないから、今年いっぱいいろんなとこに行けたのはよかった。
来年は蛇年。蛇は1年に何度も脱皮を繰り返すことから、新生とか再生の意味があるってさ。
まあ、干支だから縁起がいいに決まってるんだけど。
私も、新たに出発しよう。
来年はいろんな意味で節目の年になりそうだから。

来年もしのしのzとだんなちゃん、そしてミーをよろしくおねがいします。
コメント

18年目の出会い

2012年11月06日 | 日記
大学生時代、大学のチャペルでめずらしい蝶のさなぎをみつけたことがある。
ほとんど普通のさなぎだけどテントウムシのように背中に点が8個くらいある。
金色の斑点だった。質素な茶色い枯葉色の体に、純金の斑点。
不思議でならなかった。
でも、気が付いたときはさなぎは抜け殻だった。


先日、庭に放り出していた段ボールをまとめていたら、段ボールの間からあの時と同じさなぎが転がりだしてきた。
やっぱり、茶色い体に、背中に純金の斑点が8個の蝶のさなぎ・・・。
せっかく暖かい段ボールにつながっていたのに、放り出しては死んでしまう。
そう思って、別の雨風しのげるところに移してやっていた。
どんな蝶が生まれるのか見たいものだが、昆虫の羽化などに運よく巡り合えるものじゃないからあきらめていた。



そしたら!
今日、羽化していた!!
洗濯を干しに庭にでて、まだいるかと移してやった場所をのぞいたのが朝9時半ころ。
蝶がいる~!
きっと早朝に羽化していたのだろうけど、まだ羽を乾かしていたのか、そんな感じ。
ベージュの下地に黄色の斑点が優しい雰囲気の羽。
閉じた内側から少し群青色がのぞいていた。
もう反面は青い羽根かしら。
蝶の名前はツマグロヒョウモン
豹紋というだけあって、確かに豹柄にも見える。
実に18年かけて姿を見せてくれた。
とても嬉しかった。
そして、命はつながっているんだと思った。
頑張っていきていくんだぞ。


(この下、立派な蝶がいます。嫌いな方ご注意を。)
































※きれいなツマグロヒョウモンですが、さなぎより前のお子様時代はちょっと・・・です。
 うっかりネットなどで検索するとキケンかもよ。
コメント

ベトナム旅行記

2012年09月07日 | 日記
ベトナムに行ってきました!
3泊4日の国内泊なしという強行日程で。
まずは夜中についたので、その日はとりあえずホテルで寝る。

朝、眼下に広がるサイゴン川に感激しつつ観光スタート。
時期は雨季。雨は降るが一年で一番涼しい時期でもある。
実際、とても過ごしやすく日本の夏と同じ感じ。
滞在中はむしろ日本より少し涼しかった。




天気を味方に付けたので張り切ってホーチミン中心部を散策。
こちらは聖母マリア教会(サイゴン大聖堂)。→
19世紀に建てられたフレンチゴシックの建築物の前でパチリ。
他にも、ホーチミン市内にはいくつも有名な建物がある。
中央郵便局、旧大統領官邸、市民劇場・・・歩きでぐるぐる回ってあちこち観光した。
2日しかないので、同時進行でお買い物もしながら歩く。




市場にも行きたいと、観光ブックにも載っているベンタイ市場に行ってみる。活気のあるベトナムチックな市場だった。
ただし、あまりに強引で押し売りをされ、ぼったくられるのでお買い物にならず早々に退散。
ここは観光客には不向き。ナンプラーの臭いも強い。
見学だけなら面白いけど。



あちこち歩き回った夜はディナーでおなかを満たす。
ホテルの前から出る観光船に乗り込んで、ショーを見ながらのサイゴン川ディナークルーズ。
サイゴン川を吹き渡る風が気持ちよかった。

そんな1日目が終了し、翌日はミト―観光。
ミト―市はホーチミンから車で1時間半程度の街。





ここでのメインはメコン川クルーズ。
メコン川は言わずと知れた大河。船に乗ってずんずん進む。
途中、雨も降ったが、それすら面白い。大きなメコン川には島があり、その一つに上陸して散策する。
その島の中で、なおカヌー?に乗り換えてクルーズを続ける。
何事も初めてで面白かった。



クルーズの後はミト―市に戻り蓮の池のレストランで昼食。
なんともベトナムらしい雰囲気のレストランだった。

観光のお手本のような旅行だったけど、すべてが初めてでとても面白かった。
ただ、残念だったのは・・・細菌性腸炎になったこと。
メコン川クルーズの時から、おかしくなり、帰りの飛行機の中でやばいことになってしまった。
9人で行って私一人だけ。

みんなと同じものを同じところで食べて、一人で食べたものなんてなかったのになあ・・・。
成田で検疫も通ったし、成田空港病院にも行って点滴を打った。
成田で回復しきれず、羽田空港でも医務室で休ませてもらった。
(実は羽田の医務室は常用設備ではなくバックヤードの職員のIDが必要なエリアにあるので、普通では入れないところに入った。これはこれでめったにない経験。)
これさえなければ、いい旅行だったけど、無事に治りつつあるので、まあこれも思い出。
次回がいつか分からないけど、これに懲りずにまた海外旅行、行けるといいな。
コメント (2)

再会

2012年08月24日 | 日記
勤めをしていたころの同期と会ってきた。
県外にお嫁に行ったけど、この時期には帰ってきて会えるのが嬉しい。
赤のれんにてかき氷を食べる。
有名な赤のれんだけど、実は私は初めて入った。
冬はぜんざいがいいって聞いたことあるよ。
いつまでも居座れるカフェみたいな雰囲気のとこではないので、そこそこでお店をでる。

じゃ、次はどこ行こうとなって、思いついて猫カフェに行ってみる。
一緒についてきた息子は猫は大丈夫かな?
少しは怖いみたいだけど、そばによってちょんちょん撫でてみたりしていた。楽しめたみたい。
それで、あのヘイ♪ボーイ?それは猫のベットですよ?
まあ、確かにちょうどいいサイズだけど。(^^;)


めずらしさもあって楽しめてよかった。
その猫カフェも後にし、銀天街のベンチにておしゃべり。
あ、そ~いや、時間大丈夫?
大丈夫よ、6時くらいに帰ればいいから~
と言って時計を見たらその6時!
楽しい時間は本当にあっという間だねえ。
また、帰ってきたら、おしゃべりしよう。
連絡してね。(^^)
コメント (2)

ジュエリーケース

2012年08月23日 | 日記
レーシックを受けた病院はJR大阪駅のすぐ近くだった。
せっかくなので大阪駅の大丸にも寄ってみた。
大丸には東急ハンズが入っていた。
田舎者にはめずらしい東急ハンズ。
ずっとほしかったタイプのジュエリーケースを発見!
さすが東急ハンズ。よしゲット!
・・・と思ったが欠品していてお取り寄せになった。
そして今日届いた。


これはだんなちゃんの為のジュエリーケースなんだな~。
だんなちゃんのカフスコレクションが実は指輪のジュエリーケースにしっかり納まった。
小さいカフスはどこにでも置いちゃうとすぐに片方なくなっちゃう。
これで、もうなくなる心配なし。(^^)v
コメント

術後の経過

2012年08月20日 | 日記
さて、レーシック後、まる一週間がすぎました。
みんなに、経過を含む感想をよく聞かれる。
一番多く聞かれるのが「手術したら、たちまちその瞬間からみえるのか」という質問。

手術前の0.03とか0.02とかの視力からいうと、術後すぐからすごく見えてる。
だからメガネなしで道を歩ける。(その前はメガネなしじゃ、道、歩けなかったしね)
でも、薬で瞳孔が開いているし、麻酔もかかっているし、痛いし痺れるしで具合が悪い。
見え方も、白いもやがかかって見えにくい、みたいな。
だから、一人で歩けるけど、字は読めないし看板なんかもわかりにくいって感じだった。

この白いもやがほぼとれたのが私の場合、だいたい2日後だった。
もやの他にも手術の後遺症っていくつかあるのだけど、そういうのが2日目くらいから解消し始めていく。
そして毎日ぐんぐんよくなり、大まかな不快感は一週間くらいして、すべて消えていく。
だから、一週間を過ぎた今、感動している・・・んだけど。

慣れない。
よく見える目に慣れない。
特に、

夜はコンタクトを外して就寝だった為「見えなくなったら寝る」という消灯スイッチがなくなった。
寝ていいんだぞ~、大丈夫だぞ~、と言い聞かせながら寝ている。
朝は朝で起きた途端、見えるという、ドッキリ起床スイッチが入り、うわっと目が覚める。
落ち着け~、見えていいんだぞ~、大丈夫~、コンタクトは入ってないぞ~、まず目薬だ~、って考えながら起きる。

あたし、しあわせやな~(T▽T)

追記
術後2日経過してから、恐る恐るパソコンを立ち上げてみた。15分くらいでギブ。痛くてたまらなかった。
テレビとかはすぐ大丈夫になったのに。それだけ、パソコンは目に負担なんでしょうね。
長時間のパソコンには気をつけませう。
コメント

高速バス

2012年08月16日 | 日記
この夏は関西を二往復した。いずれも高速バスを利用した。
2回目の帰り道にやっとシートを使いこなせるようになった。
リクライニングの角度とか、足置き系の動かし方とか。
すべてをリラックス角度にできたら、かなり横になるに近い体制になれるんだな。
こうなったら快適。夜行でも寝れると思う。
だけど、最初はリクライニング調整よくわからず我慢して乗ってたからしんどかったなあ。

年内にもう一回大阪に行くから、その時は楽なバス旅になるといいな~。
コメント

大阪旅行記

2012年08月14日 | 日記
さて、目の手術をした翌日、経過は良好。
翌日検診でも問題なしとのこと。
そうなると人間すごいもので、まだ目に結構な痛みがあるにもかかわらず、治った気になる。
レーシック用の保護サングラスをしないといけないのだけど、それを外しさえしなければ大丈夫でしょ、と大阪の街に繰り出した。
うれしくなって通天閣前で記念撮影。
お盆のせいか通天閣入場90分待ちで入れず。
スカイツリー並み。

もちろん道頓堀にも行く。いったらグリコの真似をやる。
こんなことやって恥ずかしくないのかと思うでしょ。

ちっとも恥ずかしくなんかないのだ。この橋の上には私のような人間ばかし。
みんな思い思いのグリコポーズで記念撮影してた。考えることは同じ。



おなかがすいたら、もちろんタコ焼き。
お好み焼きという選択肢はパス。鉄板の煙にまだ目が対応できません。
老舗など知らないので、行き当たりばったりのたこ焼き屋さんに入る。
十分、おいしい。
3人で行動していたので、3つそれぞれ違うたこ焼きをオーダーし食べ比べ。
チーズ、大タコ、エビ、いずれもおいしい。



そんな風に道頓堀をうろついていたら、呼び込みを見つける。お笑いライブが始まるそうだ。
約30分のライブ、まだ無名の若手たちが3組でて500円ナリ。これは見なければ!
と小さなライブ会場へ突撃。なかなか、面白かった。やっぱ、大阪のお笑いのレベルは高い。
大阪で観光している実感がわく。


旅の順路としては、最初に道頓堀、次が通天閣だった。
通天閣には登れなかったけど、串カツだるまには行った。
通天閣が登れなかったのもあって、執念で並んだ。
待ち時間1時間。
松山だったら、ぜったいやらない。
並んで食した甲斐があった。おいしかったよ~♪

こんな風に怒涛の観光タイムはあっという間に過ぎ去り、帰路に就いた。
まだ、目はけっこう痛かった。
歩いている中、急に立ち止まってはたびたび目薬を差しながらの観光だった。
普通は歩き疲れて足が痛いってなるけど、足より目薬を差し疲れて首が痛くなった。
今回の大阪旅行記はなんか思い出深いなあ。きっとずっと覚えている気がする。
コメント

手術、成功!

2012年08月12日 | 日記

今、寝るときこんなんです。
カバーレンズをつけて、バンソウコウではりつける。
ちょっと笑っちゃいますが、1週間はこんな感じ。
まだ、少し目が痛いけど、概ね順調。

うれし~♪
コメント (4)

2012年08月02日 | 日記
レーシック手術まで、あと一週間となった。
今日から、コンタクトは入れられない。
メガネ生活になるのか~。見えにくいなあ。重いなあ。
でも仕方ない・・・って思っていたら、神様からのプレゼント。
写真ではこんなもんだけど、肉眼ではめちゃめちゃ大きかった。
しかもすごく太くてクリア!こんな虹は初めて見た。

私の見えない眼で最後に見たものが美しい虹だった。
なんだか、とても勇気が湧いてきた。
コンタクト生活が長いと、細胞が減ってしまうことがあるそうだ。
そうしたら手術できないこともあるそうだ。
それは午前中の検査でわかるらしい。
せっかく決心したのに、午後から控えている手術ができないなんて・・・。
そんな話をきいたので、実はちょっとへこんでいた。
せっかく決心したのに、もし手術ができなかったら、って。

でも、なんだかすごく安心してきた。
できても、できなくても、トライしてみるのだ。
やれるところまで頑張ってみよう。
コメント

決心

2012年07月25日 | 日記
決心しました。
いろいろタイミングが重なって、一気に決断しました。。。

レーシック受けます。

今日び、決して珍しいことではないけれど、なんせ目の手術。
金額的にだいたい30万くらいかかることが一般的みたいだけど、それを理由に躊躇していた。

でも本当は値段じゃない。
30万でこの世が変わるなら安いもんだ。
でも、もし、もしもよ、もしものことがあったら・・・?というビビリ。

でも、やると決めたんだ。
勢いに背中押されて、行ってきます。
手術は8月10日です。
コメント

東京旅行記

2012年07月19日 | 日記
ひさしぶりの更新(^^)
だんなちゃんが東京出張でした。それに合わせて1泊2日の旅行をした。

東京上野で2つのフェルメール展が開催されている。それを見に行った。
一つは国立美術館でマウリッツハイム美術館(オランダ)の所蔵品がきている。
あの有名な青いターバンの少女の絵がそうだ。

とにかくすごい人だった。
美術館に入るのに20分待ち、青いターバンの少女の絵を見るのに40分待ち。
企画展だけを見るのに2時間半くらいかかった。
でも、なんとか制覇。見れてよかった。



続いてすぐ隣にある西洋美術館に移動。
こっちにはベルリン美術館の所蔵品がやってきている。
フェルメールは「真珠の首飾りの少女」ともう1点。
個人的には「青いターバンの少女」より「真珠の首飾りの少女」の方がフェルメールを感じられると思っている。
これも見れてよかった。


ここまで来たら、すぐそこに上野動物園もある。
パンダの赤ちゃんはいなくなったけど、パンダはいる。
ちょっとだけのぞくか、と動物園にも突撃。







パンダより先に大きなプールを見つけた。
アザラシが人懐こく近寄ってきた。かわい~♪
行動展示になっているから、泳ぐ、泳ぐ。
もちろんパンダもみたよ。
パンダはとうさんパンダが展示されていた。
また、赤ちゃんが生まれるといいね。

美術館と動物園を堪能し上野公園を歩いていたらストリートパフォーマンスにも出くわした。
東京雑技京劇団だって。
20分程度のストリート講演。
どんどん、鮮やかな技が繰り出される。
つーか・・・
ストリートパフォーマンスってレベルじゃないんですけど。
すごすぎる。京劇なんて初めてみたよ。
犬も歩けば棒に当たる。
東京歩けば、なんかめずらしいもんに当たる。
やっぱすごいとこです。



んで、そんなこんなで夜になるでしょ。
そしたら、ごはんでしょ。
美術館よかったけど、やっぱご飯は大事でしょ。
でも、東京なんてよくわからない。食べログで探した立ち飲みイタリアン。
八重洲の「俺のイタリアン」。食べログ情報は正しかった。
ここはめちゃおいしかった。便利だったし♪





おなか一杯になってあとはホテルで寝るだけ。
東京駅に付いているホテルにしたので、夜景がすごかった。
なんか、大都会そのもの。
だんなちゃんと、勝手に二人で天下を取った気分に浸る。
「てっぺん、とったど~♪」


明けて翌日、残り1日でできる限り東京を堪能するのだ。
九段下でお買い物ののち、日本武道館に行く。
それから、靖国神社を社会見学。その後あわただしく品川に移動。
エプソン品川の水族館に行く。
あるのは知っていたけど、予想以上の水族館。イルカショーもよかった。

フィニッシュは銀座で。
土曜日は人が多すぎて十分な買い物はできなかったのが残念。次行くことができたら、もう一度銀座に行きたい。
それで羊羹の「とらや」でお茶をするのが次回の目標。

実は観光をするためだけに東京に行ったのは初めて。
そして、思った以上に面白いと実感。また、いつか行こう。
また行く日を楽しみに、明日からも仕事を頑張るのだ。
コメント