午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

待ち望む、水ぬるむ信州の春を歌う。

2018年04月13日 23時58分27秒 | 日記
1.7℃のやや寒い朝、
ストーブを点けて開店準備をし、
昼頃には日差しが強くなり
ストーブを消す。

今日も趣味の集まりの女性グループや
観光のお客さんが多く来店され、
春めく午後の森は賑やか。

夜、月一の歌声喫茶で
雪国が待ち望んだ花の歌、春の歌を歌う。
春の小川、四季の歌、赤い花白い花、カタクリの花、
この広い野原いっぱい、春よ来い、花の街、花・・・。
子供の頃に数年暮らした静岡の風景を思い出しながら
「みかんの花咲く丘」を子供時代に戻って力一杯歌う。
写真は、高遠の水面を彩る桜花。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 眼前に迫る甲斐駒ケ岳と眞原... | トップ | これから花開く蓼科のヤマザ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事