午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

黒斑山で雪を踏み抜き踏み抜きで体力消耗し、カメラを落とす。

2019年04月23日 23時07分45秒 | 日記
浅間山火口壁の2404mの黒斑(くろふ)山に
霧ヶ峰ガイド仲間と登る。
アイゼン無しで雪山を登り、
トーミの頭から黒斑山山頂を通過し、
登山者のいない蛇骨岳まで行ったが
暖かさで腐った雪を踏み抜き踏み抜き
穴から抜け出すのに苦労して通常の3倍時間をかけ
蛇骨岳に着き遅い朝食をとる。
帰りの途中でカメラが無いことに気づき、
すぐに私より若干若いガイド仲間が探しに戻ってくれ、
途中で登山道で拾ったカメラを持つ女性からカメラを渡され、
奇跡的に戻る。
女性は大阪から松本に移住して山登りを楽しんでいるとのことで、
連絡先を交換して再会を期待する。

下りは途中からアイゼンをつけ野鳥を観察しながら軽快に下りるが、
雪を踏み抜き踏み抜きで苦労した8時間の山行きとなる。
シェルターや緊急放送設備や震度計らしき機器もあり、
浅間山至近を感じ、ヘルメットも持参する。
山ではカップヌードルが定番でしたが、
普通サイズが大き過ぎると感じるのは年のせいか。
写真は、浅間山と黒斑山トーミの頭。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 霧ヶ峰の素晴らしさは、どう... | トップ | この時期の黒斑山、恐るべし... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きよちゃん)
2019-04-24 07:39:15
お疲れ様でした。
色々あったけど、とっても楽しい山行でした(笑)
また、一緒行こう(*^^*)
カメラ戻って来て奇跡ですね。
何かのご縁かも。
Unknown (マスター)
2019-04-24 14:42:21
きよちゃんさん、お疲れさま、そしてカメラ捜しにご協力ありがとうございました。黒斑山山頂から蛇骨岳へのルートでは出会う登山者はいなかったのに午後3時過ぎの遅い時間に浅間山荘→湯ノ平口→Jバンド→蛇骨岳→黒斑山山頂→トーミの頭→浅間山荘のルートでサッサッとストックもアイゼンもつけずに若い娘さんがカメラを拾ってくれるなんてことは奇跡ですね。計算したら夏道でも8時間弱の行程をにこやかに浅間山荘への急斜面を下りていきましたね。探していたカモシカの化身みたいでした。「私が行きましょう」とすぐに行動していただいたガイド仲間にはそれ以上に感謝です。天気もよく浅間の眺望も素晴らしく人との出会いも素晴らしく、いい山行きでした。またよろしく!
Unknown (ゆもち)
2019-04-25 09:27:04
こんにちは、ご無沙汰しておりますトーミの頭でご挨拶させて頂いた者です(*´∇`)ノご立派なカメラだったので直接お返しできて本当に良かったです。私、コーヒー大好きなので今度ぜひカフェに遊びに行かせてもらいたいです!その際には今まで行ったお山の話など色々聞かせて下さい。踏み抜き登山道、ご苦労様でした( >Д<;)
Unknown (マスター)
2019-04-25 16:17:57
ゆもちさん、カメラを見つけていただきましてありがとうございました。蛇骨岩で昼食をとりながら「誰も来ないな」なんて言っていたルート、それも想像もしなかった逆ルートで登ってきてカメラを見つけていただくなんて・・・不思議なLuckyです。
山とコーヒーと信州の話しをしに気軽に寄ってください。お待ちしてます。それにしても、黒斑山は20年以上前に登った時は、もっと雪のある時期だったので楽な印象だったんですが・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事