午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

標高2000m越えの湖、白駒池の紅葉を今年も見る。

2021年10月11日 22時23分24秒 | 日記
2000mの高所にある日本最大の湖、
白駒池の紅葉を見に行く。
蓼科ビレッジの別荘地を1000mほど上り、
2137mの麦草峠を過ぎた白駒池駐車場に
8時に着いたがほぼ満車状態。
苔を見つめ、紅葉を眺め、写真を撮りながらの
一周40分のゆっくり散策を楽しむ。
午後にコーヒー焙煎し、
コーヒー豆を深く浅く色づけする。
夜の星空観察会が曇天で中止になり、
パウンドケーキを作る。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« EXILEバラード流れる午後の森... | トップ | しばらく見ていなかった観光... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白駒池 (ZUYA)
2021-10-11 23:13:29
駐車場の噂は聞いていましたが朝8時でもそんな感じなのですね。一度は訪れてみたい場所なんですけどね。ちなみに紅葉シーズン以外でもやはり駐車場はすぐに埋まってしまうのですかね。もちろん真冬には行きませんが~

と言うか、麦草峠の先ですから、冬季はきっと封鎖ですね(前にも書きましたが保科館でバイトしていたのでその辺のことは~)
Unknown (マスター)
2021-10-12 01:36:25
この紅葉の10日間ほどだけだと思います。9時に駐車待ちをしている知人に会いましたが、9時ですと30分待ちくらいですかね。白駒池からニュウや高見石に登る登山者は5~6時間駐車しますが、紅葉見物の方は1時間ほどで帰るので回転は速いと思います。
対岸から紅葉を狙える白駒池の撮影スポットも遮る樹木がないポイントは三脚を構えたカメラマンが光線待ちで占領しています。冬は、通行止めですがスキーやスノーシューで入ったり、宿に泊まればスノーモービルで送迎してくれます。昔は大学のスケート部が合宿の先陣争いをしたそうです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。