午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

冬、植物の懸命な生き残り活動を見る。

2020年01月19日 22時19分25秒 | 日記
「植物の越冬戦略を学ぶ」として
植物生態学者の多田多恵子先生に来ていただいた
冬の植物観察会に参加する。
茅野市運動公園で冬の樹木、冬芽を見ながら
多田先生を囲みながら移動する。
昼にゆいわーく茅野に移動して
昼食後に4時まで講義を受ける。
寒い冬に糖分濃度を上げ氷点下でも凍らず、
カラマツやシラカバなどのマイナス70℃までたえられる
冬芽の仕組みを学ぶ。

写真は、二ホンリスで有名な茅野市運動公園で
リスが食べたきれいに半分に割れたクルミと
アカネズミが食べた穴の開いたクルミ。
鎌倉のタイワンリスはクルミをきれいに割れないようだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 暖かい静岡から雪降る諏訪は... | トップ | 「トントントン・・・」とア... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事