午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

花を探して八ヶ岳硫黄岳から横岳を歩く。

2019年06月25日 23時47分08秒 | 日記
八ヶ岳ブルーの晴天微風の下、
八ヶ岳を10時間歩く。
桜平登山口から夏沢峠→硫黄岳→横岳
→赤岩の頭→オーレン小屋→桜平を
山仲間4人で花を探して歩く。
ツクモグサ、ウルップソウ、キバナシャクナゲ、
イワウメ、シナノキンバイ、ミヤマシオガマ、
そしてコマクサの葉。
途中で足が2度ツリ、
靴のソールが剥がれかけテーピング補修して下山する。
写真は、今回登山の核心部、本峰の横岳。
出会った登山者は、山梨、岐阜、神戸の方。
そして若い女性の単独行が目立った。

帰路、縄文の湯に浸かりソフトクリームで
10時間登山の満足感を味わう。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ゆっくりと時間と会話が流れ... | トップ | 昨日は山、今日は高原を歩く... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見事な尾根歩き (菊池)
2019-06-26 10:07:27
桜平とは渋いところから始めました。夏沢の袖引きなど懐かしいですね。花の名前を聞くともう夏ですね。
Unknown (マスター)
2019-06-26 20:12:32
全然、見事な尾根歩きとは程遠い状況。運動不足と寄る年波の太もも痛で2回もツリ、薬を2回飲み、何とか歩きましたが、横岳の下りは足をかばってへっぴり腰になりました。でも、久しぶりの八ヶ岳主峰のダイナミックな山容に間近に接して大感動を味わうことができました。高山植物の花園、硫黄岳山荘から横岳周辺は女性が多い山域で周りを囲む迫力ある山々と不思議な対照をなしていました。
硫黄岳山荘から横岳 (菊池)
2019-06-28 08:53:20
硫黄岳山荘から横岳の道に多くのメッチェンですか。コマクサが呼び寄せるのでしょうか。
最後の登山靴ということは無いでしょう。また2か月ニュージーランドに行ってきますが、おいしいコーヒーとカレーにしばらく会えませんが。
Unknown (マスター)
2019-06-29 01:23:01
夏に冬のニュージーランド、憧れですね。今の登山靴はソールが剥がれやすく5年が目安と登山用品店で言われました。体力的にはあと5年は登れても10年は厳しいかも。でも今回の山行きで一番元気だったのは喜寿を迎えた大ベテランでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事