午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

オオムラサキやアサギマダラ飛ぶ森を5時間歩き回る。

2018年07月17日 23時44分42秒 | 日記
快晴、余り風も無い定休日は、
八ヶ岳森の会のメンバーと茅野市内「市民の森」を歩き回り、
花、木、昆虫、野鳥を見つけワイワイガヤガヤ。
ダイコンソウ、ミドリヒメザゼンソウ、オオヤマサギソウ、
ミゾソバ、クサボケ、アケボノソウ、ツノハシバミ、ヌスビトハギ、
ニホンカワトンボ、スミナガシ、シロシタホタルガ、マイマイガ・・・
風の無い少し蒸し暑い森を5時間ほど森の人になる。
写真は、エゾエノキの葉とオオムラサキの幼虫。
居るはずのアサギマダラは見つけられなかったが。

夕方は、明日の天然酵母パン教室の準備をする。
コメント