goo

布ぞうりの季節到来

今日の午後は、山五公民館で布ぞうりの講座でした。

千里リサイクルプラザの市民研究員の一人として、布deエコプロジェクトの一員として、指導のサブをしてきました。

始まる前に少しトラブルがありましたが、なんとか応急的に対処でき、参加者11人の皆さんには喜んで帰っていただくことができましたので、よかった、よかった、です。

さて、私たち布deエコプロジェクトの布ぞうりは、Tシャツや洋服など、主に着なくなった洋服を使います。もちろん、これまで講座を開催した中では、洋服に限らず浴衣をほどいて持ってこられた方もいましたし、シーツを持ってこられた方もいましたので、どんなものでもいいのですが。

Tシャツの場合は、半分にまず切って、半分は右足のぞうり、もう半分は左足のぞうりに使います。
半分に切ったTシャツを、縦にジグザグに切って、1本の長い布にします。
そして、ビニールロープを芯にしてぞうりを編んでいきます。

今日は2時間の講座で、全員、少なくとも片方のぞうりを編むことができ、残りは各自、家で編み上げることになりました。

布ぞうりの季節到来という意味は、これから暑い夏になってきます。また、今は梅雨時でじめじめしています。そんな時、足裏にやさしい布ぞうりをスリッパ代わりに履くと、とても気持ちがいいです。
ぜひ、皆さんもお試しください。

布ぞうりの作り方、わからない。とおっしゃる方は、地区公民館などの講座に出前講座もしますので、お住まいのお近くの公民館などに「布ぞうり講座を企画してください」とお願いしてみてくださいね。

『未来にまっすぐ』をご覧いただいたみなさまへ
ブログランキングに参加しています。下のバナー(政治家と書いた紫色のマーク)か、テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村></a> <a href=にほんブログ村 (政治家・市区町村)
コメント(0)|Trackback(0)
« 6月13日(土)の... 6月14日(日)の... »
?
?