goo

「保育園落ちた!」に市民派議員としてどう関わるか

土曜日は、名古屋で市民派議員塾の学習。

そして、今日、日曜日は、同じく名古屋でアドバンス政策研究会の、学習・研究でした。

午前中は、参加者がそれぞれの一般質問の結果を持ち寄っての研究
午後は、中日新聞名古屋本社編究極生活部記者の稲熊美樹さんを外部講師としてお越しいただき、
「保育園落ちた!」に市民派議員としてどう関わるか
をテーマにまずお話をお聞きして、参加議員の自治体の状況をまとめた資料を基に
情報交換、意見交換、そして市民派議員としてどう関わるか、について
参加者それぞれが考え、意見発表しました。

吹田市は、「子育てするなら吹田市」といわれるくらい保育行政は進んでいました。
が、今は、保育園入所を希望しても入れなかった子どもが、今年の2月1日には1000人を超えるという状況でした。

4月に入り、市長が「保育力緊急強化アクションプラン」を出し、
今年度末までに760人の枠を拡充し、そのため約7億円を補正予算に計上、
平成30年度末までの3年間で約70億円の予算を投じると、記者発表しています。

今日の政策研究会に参加し、今後取り組む一般質問の課題も見つけることができましたし、
待機児童解消については、「待機児童」という厚生労働省の定義自体が、本来、保育が欠ける子どもの多くを隠していること、
また、たとえ、待機児童が解消したとしても、働く保育士の人件費、保育環境のこと、保育園を指定管理にすることの問題点などなど、多くの気づきがありました。

また明日から新しい一週間が始まります。
またもう少しで6月です。

新たな気持ちで頑張っていこうと思います。

『未来にまっすぐ』をご覧いただいたみなさまへ ブログランキングに参加しています。下のバナー(政治家と書いた紫色のマーク)テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。ご協力よろしくお願いします。 にほんブログ村 (政治家・市区町村)
コメント(0)|Trackback(0)
« 5月28日(土)の... 5月29日(日)の... »
?
?