goo

ルールを守らなアカン その1

自分が正しいと思うことを、正々堂々と発言しているだけなのに
私がいないところ(反論できないところ)で、
故意か、自分の保身のためなのかわかりませんが
私の発言を曲げて伝えられているのは、とても困ります。

これまで、人の口に戸は立てられないから、一人一人に説明して回れないから
と思って、そのままにしていました。

でも、やはり、違うことは違うと言いたいと思って
ブログに書くことにします。

いくつかあるのですが、まずは一つ目

2012年の決算審査の場で、地区公民館文化祭のことについて発言しました。

それは、文化祭の模擬店で、材料費や仕込み費用を市からの委託費で支出し
売上金すべてを実行委員会の利益としているところはないですか?
もしあるとすれば、それはおかしくはないですか?
という意味のことを話しました。

1.原材料費を委託費(公費)から出した場合は、
模擬店事業そのものが公の事業になりますから、
売上金は市の利益になります。

2.原材料費を実行委員会から出した場合は、
模擬店事業は実行委員会事業(民の事業)ですから、
売上金は実行委員会の利益になります。

1か2のどちらかしかないと思うのですが、どうですか?
と質問しました。

担当部の答えは、その通りです。ということでした。

もちろん、実行委員会がお金を持っていなくて原材料費を出せない場合、
とりあえずは誰かが立て替えておき(もしかしたら、委託費(公費)から借りておき)
売上から原材料費を返して、売上利益を実行委員会に入れる、ということもあり得ます。

また、ルール通りちゃんとされている公民館文化祭もあると思います。

私は決算審査の中で、公費負担と実行委員会(地域)負担と、線引きができていないところには
線引きをきちんとしてくださいということを言い、担当部も「わかりました」ということになったのです。

ですが・・・
あるところでは、実行委員会の予算でおにぎりを仕入れて売ったのに
おにぎりのの売上金すべてを市に入れろと、いけぶちが言っていた、
ということになっていました。

どこで、そんな筋書きになるのかよくわかりません。

直接、私に、「こんなひどいこと、おかしなことを、いけぶちさんは言っているの?」
と聞いてくださった方がいました。

その方には、私が決算審査で話した内容を説明すると、
「わかった。いけぶちさんが言っていることはおかしくない」と理解してくれました。

私は、ルールを守らない人が得をするようなことをしては、アカン、と言いたかったのです。
もしもルールを守らない人がいたとすれば、ルールを守ってくださいと職員は言わなければいけないでしょう、と言いたかったのです。

それを言わずにいて、私が決算審査で指摘すると
「議員が指摘したので、ちゃんとしてください」と言うのはおかしいのではないでしょうか。
しかも、私が言ってもないことまで。

ちょうど、電車の中で騒ぐ子に、
「あのおばちゃんが睨んでいるからおとなしくしよう」と言っているのと同じじゃないですか?

職員さんは「そんなつもりで説明したのではない」と言われるかもしれませんが、
「いけぶちはひどい奴や」と伝わっているのであれば、
それは伝え方が悪いということではないのかな~
少なくとも、誤解を招く伝え方だったのではないのかな~
と思います。

書いているうちに、愚痴っぽくなりましたので、今日は一つ目のお話だけにしておきます。

『未来にまっすぐ』をご覧いただいたみなさまへ
ブログランキングに参加しています。下のバナー(政治家と書いた紫色のマーク)か、テキスト(にほんブログ村 (政治家・市区町村)と書いた箇所)をクリックしてください。ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村></a> <a href=にほんブログ村 (政治家・市区町村)
コメント(0)|Trackback()
« 今日の仕事 ... 1月7日(水)の... »
?
?