goo

やっぱり時間足らなかった

今日は、私が委員を務めている決算常任委員会の建設環境分科会でした。

9人の委員のうち委員長を除く8人で10時から昼休憩1時間、3時休憩30分を除いて午後5時までに終わる予定とのことで、一人当たりの質疑時間(答弁込み)で40分見当とのこと。

5つの部の所管を審査するのに40分じゃ少なすぎる、絶対足りない、と思っていたら案の定でした。

一つ目の水道部で7分間使い、まだ33分あるわ~と思っていたら
次の土木部でヒートアップして残り10分。23分も使ったかしら、私・・・って感じ。
道路の地下埋設物調査のことや緑化政策のこと、公園のトイレのカメラのこと、公衆トイレの配置計画のこと、など聞き、
最後に、数年前に決算審査で質問して、その後の経過について事前のヒアリングで聞くかもしれないと伝えてあったので、質問しないと悪いかも、と思って、
カーブミラー(反射鏡)の設置基準を作っているかという質問をしたら、設置要望が年間20件ほどしかないから、基準なくてもできる、という答弁で、こんなんだったら貴重な時間使わなかったのに・・・と。

その次の環境部ではできるだけ短くしたいと思いつつも、質疑しておかないといけないことが盛りだくさん。
市営葬儀の収入未済のこと、公衆トイレの事業予算のこと、エコスクールのことを尋ねて
資料を作ってもらったのに、環境サポーターについて触れることもできず終わったら、残り2分。

まだ、下水道部も都市計画部もあるのに2分しかないの・・・って感じ。

仕方がないので下水道部は作ってもらった資料について
経営戦略とストックマネジメントについてのコメントだけ言って質疑なし。

多分残り1分ほどしかなかったけれど、都市計画部の質疑も絶対しておかないといけないことだったので
市営住宅の収入未済についてと風致地区のこと、そして補助金交付要綱について
持ち時間以上使ってごめんなさいと心の中で思いつつ、質疑終了。

やっぱり、40分では聞ききれないです。
答弁時間を短くしてもらうために、事前ヒアリングしたときの職員さんの答えまで私が早口で質問に加えて話しましたが、
こんな決算審査でよかったんだろうかと、思います。

私以外にも持ち時間をかなりオーバーして質疑した委員さんもいたので
予定の午後5時には到底終わることなく、全員の質疑を一応終わったのは午後6時ごろのことでした。

市長への質疑や複数の分科会にまたがる質疑をするため、会派単位での総括質疑の発言通告は明日の午後3時までということです。
今回、会派の総括質疑は馬場さんにしてもらうので、今夜から明日のお昼ぐらいまでには発言項目と発言内容をまとめて馬場さんに渡さないといけません。

まだまだ気持ちゆっくりできないです。

【 ご支援ありがとうございました。頑張ります! 】
★いけぶち佐知子の情報は「いけぶち佐知子.NET」でも発信しています。

ブログランキングに参加しています。下記バナー(にほんブログ村 (政治家)と書いた箇所)をクリックしてください。 ご協力よろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へにほんブログ村
コメント(0)|Trackback()
     
?
?