PAL spirit are cheerfl today!  萬 國 春 風 百 花 生 涯 青 春

One For All~All For One! 倭は 国の まほろば たたなずく 青垣 山隠れる 倭し美し!

(芭蕉は 鑑真像の盲いた双の眼に~『若葉して 御目の雫 拭ぐはばや』~果てし無い人類の『感染症』との闘い~鑑真和上の苦難の旅路(PART Ⅱ)

2020年05月15日 | 環境.伝統芸術 詩歌 ペット.スポーツ ボラ-
『若葉して 御目の雫 拭ぐはばや』(芭 蕉)



人類が一度は克服したかに見えた感染症でしたが
新型コロナウイルスCOVID-19の感染が拡大し
世界の感染者は400万人超と言われています
果てし無い人類の『感染症』との闘いが続き
ロックダウン(都市封鎖)を緩和による感染の
「第二波」を招くのではないかとの懸念!
パンデミック(世界的流行)(COVID-19)
新型コロナウイルスとの格闘に国際協調が
不可欠と言えますね!



京都大学iPS細胞研究所所長)山中伸弥教授は
『新型コロナウイルスへの対策は長いマラソン!
都市部で市中感染が広がり全力疾走に近い努力が
必要でその後の持久走への準備も大切です
感染が拡大していない地域も先手の対策が重要
私たちが一致団結して正しい行動を 粘り強く
続ければウイルスの勢いが弱まり共存が可能!
自分を周囲の大切な人を~そして社会を守りましょう』



『PCR検査に加えて抗体検査が重要です
実際にどの層の人が.どれくらいの割合で抗体を
持っているのかがわかれば(ファクターX)が
見えてくる可能性もあります』
山中伸弥教授が言われる日本人が持つ新型ウイルスに
負けない「ファクターX」に期待すること切です!



『若葉して 御目の雫 拭ぐはばや』
  唐招提寺 開山堂で鑑真像を拝み詠う 芭 蕉



鑑真和上が 天平宝字七年(763) 5月6日 結跏趺坐し
西に面し七十六年間の 生涯を終えらましたが
弟子 忍基は講堂の棟や梁のくじける夢を見て
鑑真和上の遷化近いこと予感!
高80㎝ 脱活乾漆造り穏やかな微笑--眼許から
顎にかけて 感じられる 強い意志!
そんな和上の像を刻んだと言われていますね!
筋骨逞しい体膈---拝する人々の 心に迫り
静まり返っている盲いた双つの眼(鑑真和上坐像)



鑑真和上が亡くなってから九百年後.元禄元年四月
芭蕉は唐招提寺 鐘楼の北側の鑑真の往坊跡に
建てられていた開山堂で鑑真像を拝んで~



『若葉して 御目の雫 拭ぐはばや』と詠った作品
芭蕉は鑑真像の盲いた双の眼に露わならぬ悲しみ
涙を感じとり----辺りは若葉で埋まっていて
その若葉で御眼の涙をぬぐって差し上げたい
そんな気持ちが伝わってきますね!
盲いた眼を持って日本に渡って来られた鑑真像を
拝し時. 静かに閉じられている双の眼に打たれました



『天平の甍』の著者井上靖は『おん目の雫』と
題する著述で芭蕉の句についてこの様に書いています
「芭蕉は鑑真像の 盲いた双の眼に それと露わならぬ
悲しみを 涙を感じ取ったのである」



天平8年前後は 鑑真にとっては最も苦しい時期で
あった その苦しい時期のことを思い出す度に必ず
榮叡と祥彦の二人は鑑真の瞼の上に浮かんできたに
違いないと思う そして その都度 鑑真の盲いた
眼は 何ものでも拭うことができぬ涙であった
ことであろうと思う---芭蕉はその涙を 若葉で
ぬぐって差し上げたいと思うたのである}(井上靖)



『水楢の柔き嫩葉(わかば)はみ眼にして
         花よりもなほや白う匂はむ』



『盲ひてなお浄慧の人は明らけし
 面もちしろく春を寂びてぞ』 若山牧水 



鑑真和上の故郷.江蘇省揚州市の名花「瓊花」
ガクアジサイに似た白い可憐な花を咲かせる
初夏を彩る(瓊花)が見頃ですが~新型コロナ
ウイルスの感染拡大防止で拝観停止中ですね



「新型コロナの被害と鑑真和上の苦難の旅路が
重なる.来年は和上の気持ちを思い乍ら(瓊花)を
愛でに来てください」(石田太一副執事長)



(瓊花)は種子で殖えない為.接ぎ木で増やし
隋の煬帝がこの花を愛し門外不出にしたとも
言われていますね!



『観音の千手の中に筆もたす
    み手一つありき涙す我は』 (白秋)

『観世音像千手の指のことごとに
    眼坐しにき清みかがやかに』 (白秋)



『大寺の まろき柱の 月かげを
    土に踏みつつ ものをこそ思へ』(会津 八一) 

この記事についてブログを書く
« (ハート形の宝扇・唐招提寺(... | トップ | 『ああ皐月 仏蘭西の野は 火... »
最新の画像もっと見る

環境.伝統芸術 詩歌 ペット.スポーツ ボラ-」カテゴリの最新記事