まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。
映画の話題が中心です。

TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24

2015-10-29 00:30:57 | 東京国際映画祭

順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」

上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。

そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間がそこに広がっておりました。舞台挨拶の内容がここ

 

 

アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、グスタフ・クリムトが描いた伯母の肖像画で第2次世界大戦中ナチスに奪われた名画が、オーストリアにあることを知る。彼女は新米弁護士ランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借り、オーストリア政府に絵画の返還を求めて訴訟を起こす。法廷闘争の一方、マリアは自身の半生を振り返り……。(シネマトゥディ 作品紹介より)

 

祖国を追われてアメリカへ来たマリア。ブティックを経営しています。友人の息子ランディが求職中の弁護士と知り伯母の肖像画(アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像)のオーストリア政府からの返還訴訟を依頼します。

マリアの荒唐無稽とうか、突拍子もない話に、ランディも困惑気味。

でも、新しく雇われた弁護士事務所のGOが出て、オーストリアへ下調査に行って帰ってきたあたりでランディはご先祖様(オーストリア人)の血が騒いだのか、のめりこんでいく。

オーストリア滞在中のふたりをサポートしてくれるのがジャーナリストのチェルニン(ダニエル・ブリュール)

98年から06年までの話と、マリアの子供時代~亡命するまでのオーストリア時代を行ったり来たりして話は進んでいきました。

 

マリアの夫オペラ歌手のフリッツ役はマックス・アイアンズ。ナチスの将校役でトム・シリング

クリムト役はモーリッツ・ブライプトロイ。マリアの父がアラン・コーデュナー(FOOD OF LOVE)。

裁判官の役で「ダウントン・アビー」のクローリー家のお母さまエリザベス・マッゴーワン 

脇役もばっちりゴォカなことになってます。

 

初めの方は、わがままで押しの強いばーちゃん(失礼!)とそれに振り回されてる若造・・・っていう感じなんですが、話が進むにつれて、お互いが大切なパートナーになっていく。

石坂浩二さんが 「言って見れば一種のバディムービーですけど最後の方はマリアとランディは恋人同士みたいでしたね」とおっしゃっていました。

「恋人同士?!」ってその時は思ったんですけど観終わってなんかすごく納得。 

マリアは強くて、ユーモアがあって(でも毒も吐く)、かわいい人。はじめは振り回されてるだけだったランディもいつか心を寄せるようになる、とってもチャーミングなおばさまでした。

ランディがまたステキで・・・

そして、ランディの妻がすごかった・・・。この夫によくガマンしたというかついてきたな~と。感心するしかありませんでしたわ。

 

ナチスの台頭で故郷を追われ何もかも取り上げられ、そしてバラバラになってしまった、マリアの家族。

マリアが取り戻したかったのは絵画じゃなくて、あたたかい家族の思い出だったんですね。

 

 11月に一般公開されるそうです。 公式HP

もっかい観たいんですが、上映劇場に地元の映画館がない! なんでっ!?

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 山の一家  カナザワ映画祭9... | トップ | TIFF ディーン 君がいた瞬... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (すぷーきー)
2015-11-21 23:58:10
ヘレン・ミレンがお茶目でかわいかったですね。
てっきりマリアが主導するのかと思っていたら、ランディが引っ張っていましたね。
こんばんは (マチルダ)
2015-11-22 00:07:02
すぷーきーさん、さんこんばんは。
コメント+TBありがとうございます。

始めはランディがマリアに振り回されてる感じだったのが、いつの間にかランディがものすごい本気?を出していた・・・という。
なんか一緒に戦った「同志」のようなそんな感じでした。
こんばんは (りお)
2015-11-29 00:02:27
舞台挨拶ご覧になったんですね。
石田純一はともかくとして(笑)、生ヘレン・ミレン、羨ましいです。

最初はマリア主導だったのに、いつしかランディの方がのめり込んでいくのは意外でした。
ランディのルーツでもあるし、その辺は自然でしたね。
りおさん、こんばんは。 (マチルダ)
2015-11-29 00:29:56
こんばんは。

地方から映画祭に行くと、やはり映画だけよりはゲストの舞台挨拶があると「わざわざ来てよかった感」が大きいです。


ゲストの石坂浩二さんは20年くらい前に来日したエリザベス女王と会われたことがあるそうですが(大河ドラマにの見学に来られたらしいです)、今回ヘレン・ミレンさんに会って、その時と同じくらい緊張してる、とおっしゃってました。


>最初はマリア主導だったのに、いつしかランディの方がのめり込んでいくのは意外でした。

そうそう。はじめはイヤイヤだったのにね。
その辺の関係や気持ちの変化も面白かったです。
Unknown (ジャスター)
2015-12-06 20:16:05
初めまして、ジャスターといいます。


映画のストーリーも良かったですが、それ以上にマリア、ランディのキャスティングも良かったですよね! ランディの奥さんは私も立派だと思いましたよ! フィクションなら仕事も家庭も失ってという展開になりそうなもんですけどねw


それにしてもこの映画上映している映画館少ないですよねw 近所にそこそこ大きい映画館あるんですが、そこで上映されてないので片道1時間半以上かけて別の映画館に行ってきましたよw
はじめまして (マチルダ)
2015-12-06 23:13:00
ジャスターさん、こんばんは。
コメント+TBありがとうございます。


>映画のストーリーも良かったですが、それ以上にマリア、ランディのキャスティングも良かったですよね!

はい、いいコンビでしたね。
始めの方はコントみたいな感じで、段々と強いきずなで結ばれていく。
マリアがランディの胸で泣くシーンにはじんと来ました。

ランディの奥さんには本当に頭が下がる、というか、よく離婚しなかったなと。人間が大きい人ですよね。

>それにしてもこの映画上映している映画館少ないですよねw 

そうですね。
公式HPに日参して地元石川県での上映館がないか、見ているのですがいまのところないです(ノД`)・゜・。

コメントを投稿

東京国際映画祭」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

30 トラックバック

「黄金のアデーレ 名画の帰還」:年の差コンビの掛け合いの妙 (大江戸時夫の東京温度)
映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を試写会で観ました。また出たナチスがらみの作品
黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて) (風に吹かれて)
あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで
黄金のアデーレ 名画の帰還。 (すぷのたわごと。)
『黄金のアデーレ 名画の帰還』の試写会に行ってきました。 実話をもとにした話。 原題は『 WOMAN IN GOLD 』で、金の女性=黄金のアデーレってことなんだろう。 ただ、邦題の後半には違和感があり、いらないと思う。 予告編でも流れているように、マリア...
「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。
黄金のアデーレ 名画の帰還 (あーうぃ だにぇっと)
黄金のアデーレ 名画の帰還@よみうりホール
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) ナチスが美術品を略奪してた理由が判明しました(笑)
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞黄金のアデーレ 名画の帰還/WOMAN IN GOLD 2015年/アメリカ、イギリス/109分 監督: サイモン・カーティス 出演: ヘレン・ミレン/ライアン・レイノルズ/ダニエル・ブリュール/ケイティ・ホームズ/タチアナ・マズラニー 公式サイト 公開:...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (とりあえず、コメントです)
クリムトの有名な名画を巡る実話をヘレン・ミレン主演で映画化したドラマです。 予告編を観て、1枚の絵の運命はどうなるのだろうと気になっていました。 第二次世界大戦でオーストリアを狂気に包んだ戦争の酷さと主人公の人生が胸を打つような作品でした。
黄金のアデーレ 名画の帰還 (ハリウッド映画 LOVE)
ヘレン・ミレンがとっても気品があって素敵でした!
黄金のアデーレ 名画の帰還 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WOMAN IN GOLD】 2015/11/27公開 アメリカ/イギリス 109分監督:サイモン・カーティス出演:ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズ、タチアナ・マズラニー、マックス・アイアンズ クリムトが描いた、一枚の肖像画。 幸....
黄金のアデーレ 名画の帰還 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 伯母さんが描かれた名画を巡ってオースト
黄金のアデーレ 名画の帰還 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとなった女性のめいで、戦争に運命を翻弄(ほんろう)された実在の主人公をオスカー女優ヘレン・ミ...
映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (公式)を昨日の「映画の日」に劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー アメリカ・ロサンゼルス在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレ...
『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (beatitude)
1998年、ロサンゼルス。マリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、小さなブティックを切り盛りしながら、夫亡きあとも一人で溌剌と暮らしていた。そんなある日、ユダヤ人として波乱の人生を共にした姉のルイーゼが亡くなり、彼女が故郷のオーストリア政府にナチスに没収され...
古畑任三郎的”ミケランジェロプロジェクト”。~「黄金のアデーレ 名画の帰還」~ (ペパーミントの魔術師)
↑アホでもわかるやん、全部ネタバレしてどないしますねん。(爆) ま~実話なんですから、ネタバレとかいうもんでもないのでしょうけど。 そもそも主人公マリアのおばさまが肖像画を書かせた相手がクリムトだったってのが スゲーなそれって、そんなとこから感動して...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (心のままに映画の風景)
1998年。 アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉ルイーゼが、オーストリア政府に対し、グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の返還を求めていたことを知る。 マリア姉妹の伯母であるアデーレの肖像画は、第二次世界大戦中に...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (映画的・絵画的・音楽的)
 『黄金のアデーレ 名画の帰還』を渋谷のシネマライズで見ました(注1)。 (1)『マダム・マロリーと魔法のスパイス』のヘレン・ミレンの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、オーストリアの画家・クリムトが、絵(注3)を制作しているシ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (そーれりぽーと)
第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに奪われた数々の美術品の中には、クリムトの名画“アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I”も含まれていた。 戦後の所有権を巡る裁判の行方を描いた『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観てきました。 ★★★★ 先日公開されたばかりの『...
黄金のアデーレ 名画の帰還/ヘレン・ミレン (カノンな日々)
学生時代にグスタフ・クリムトを敬愛する友人がいて彼女が作る服は基本クリムトにインスパイアされてたんですよね。なので私もちょっとばかり影響を受けてクリムトの画集は持って ...
『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観てきました。 予告編を観てから、事実に基づいた作品ということ、それをヘレン・ミレンが演じるということでとても楽しみにしていた作品です。 たぶん素敵な作品なんだろうなぁ~と思いつつも、この手の作品は万人が観たいと思うもので...
〔劇場鑑賞〕黄金のアデーレ 名画の帰還 (ジャスターの部屋)
? ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ。肖像画のモデルとな ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。アメリカ=イギリス。原題:Woman in Gold。サイモン・カーティス監督。ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、アンチュ・トラウェ、ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホ ...
黄金のアデーレ 名画の帰還 / Woman in Gold (勝手に映画評)
画家グスタフ・クリムトの『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?』他の作品の所有権を巡って実際にあった裁判と裁判を起こした女性の運命の物語を描いた作品。 この映画を見るまで、クリムトという画家の名前も、この様な裁判が行われていたことも全く知りませんでした....
黄金のアデーレ 名画の帰還 (だらだら無気力ブログ!)
3回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を観に行ったついでに観たけど、見応えある内容で面白かった。
黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold (映画の話でコーヒーブレイク)
クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」を巡る物語。 個人所有の絵画がナチスに....
「黄金のアデーレ 名画の帰還」 (或る日の出来事)
よかった~!
黄金のアデーレ 名画の帰還 (セレンディピティ ダイアリー)
ヘレン・ミレン主演の実話に基づくヒューマンドラマ、「黄金のアデーレ 名画の帰還」
『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (My Pace, My Self)
昨夜は『黄金のアデーレ 名画の帰還』を鑑賞 美術に興味を持ち始めた頃、あの独特の表情でクリムトって苦手だなぁという意識があったんだけど、接吻の票をんを読んでから、いかにあの独特の表情が官能的でありながらも女性の柔らかさや幸福感を描いているのかという...
過去と正義~『黄金のアデーレ 名画の帰還』 (真紅のthinkingdays)
 WOMAN IN GOLD  カリフォルニアで小さなブティックを営むユダヤ人女性マリア(ヘレン・ミレ ン)は、亡くなった姉がオーストリア政府に対し、ナチスに強奪された画の 返還を求めていたことを知る。それはマリアの実家が所有していた、クリム トが...
映画:黄金のアデーレ 名画の帰還 WOMAN IN GOLD 名画の裏には、歴史あり。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
長い期間生き残ってるだけあって、たいていの名画の裏には、歴史あり。 この映画に登場する名画は、グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」(写真:...