まぜごはん

ミーハーなマチルダが気まぐれに
なんでもかんでも書いちゃうブログです。
映画の話題が中心です。

ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる

2014-09-28 10:45:58 | 映画 

昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP

ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp

1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャージー州の貧しい街で育ったイタリア系移民の少年たち。

子供の時フランク・シナトラのステージを観て歌手になることを夢見、理髪店で働いている16歳のフランキー、その友人のトミーとニック。

トミーとニックはいろいろと悪さもしてムショとシャバを行き来しつつも、音楽はあきらめずクラブで演奏して世に出ることを夢見ている。

フランキーの声に惚れて、長くバックアップすることになるマフィアの親分がクリストファー・ウォーケン。

主役のボーイズはトミー役以外は舞台の俳優さんが演じてるそうです。

 

新しいメンバーに迎えたボブがひらめき型のライターで、次々とグループのヒット曲を書くことになります。

このボブ・ゴーディオという人、” ショート・ショーツ ”(タモリ倶楽部のテーマ曲になってる~♪)を作曲した人なんだそうで、まず、びっくり。

3人にこのゴーディオを紹介したボーリング場の従業員が、「グッド・フェローズ」や「ホーム・アローン」シリーズの俳優ジョー・ペシだったそう。

「へぇ~」がいっぱい溢れてました。

「バイ・バイ・ベイビー」もゴーディオの手によるものだったそうで、ベイシティローラーズの曲がヒットしたとき、カバー曲だったのは知っていたけどフォーシーズンズの曲だったとは・・・(「へぇ~」連発)ほかにもBGM程度で流れる曲の数々が、どこかで聴いたことがある曲が多かったです。

 

人気の絶頂期にメンバー同士の確執があって、グループはバラバラになってしまう。

でも音楽が彼らを繫ぎ止め、再び素晴らしいヒット曲へと導きます。

 

134分の長い映画でしたが、あっという間に終わった感じ。心地いい音楽にのっていたから、でしょうか。

 

 君の瞳に恋してる Can't  Take My Eye Off You

 

フランキー・ヴァリがソロで歌ったのを聞いたことがあって、好きな曲だったのですがこんなかたちでまた会えてすごくうれしかったな。

 

 

こちらは2006年のトニー賞授賞式の動画

ジョー・ペシとフォー・シーズンズのメンバー(ゴーディオ以外でしょうか)が「ジャージーボーイズ」の紹介をしています。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 胸騒ぎのマシュマロ男 | トップ | シネマガイド キタ━━ヽ(゜ω... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとう (wangchai)
2014-09-29 21:21:59
こんばんは
トラックバックありがとうございます。「ジャージーボーイズ」最高でしたね。

>「へぇ~」がいっぱい溢れてました。
本当にそうですね。最後にトミーが「今はジョーぺシの世話役をやっている。」と語った時、まさに「へぇ~」と口に出てしまいました。

>「バイ・バイ・ベイビー」もゴーディオの手によるものだったそうで、ベイシティローラーズの曲がヒットしたとき、カバー曲だったのは知っていたけどフォーシーズンズの曲だったとは・・・(「へぇ~」連発)ほかにもBGM程度で流れる曲の数々が、どこかで聴いたことがある曲が多かったです。

自分のブログでも同じようなことを書きました。青春時代、ベイシティーローラーズの「バイバイベイビー」が日本でも大ヒットしていた時、彼らのオリジナルだと思っていました。実は映画を見るまでそう思っていました。これも「へぇ~」です。

たまにオールディーズ系のライブハウス行くとき、この曲かかって「ベイシティ。。」の曲だねなんて言っていたくらいです。
初めて知ったこと割とありました。

>134分の長い映画でしたが、あっという間に終わった感じ。心地いい音楽にのっていたから、でしょうか。

まったく同感です。実に快適な時間を過ごせました。
またよろしくお願いします。

ありがとうございます (マチルダ)
2014-09-30 00:04:53
wangchaiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

タイトルをばっちり知っていて彼らの曲だと認識していた曲は少なかったのですが、この映画を観ていたら
「あ~これ聴いたことある」
「え?これもフォーシーズンズだったの?」
っていう曲が多かったですね。すてきな曲がいっぱいでした。

昔からのファンはもちろんのこと、全然知らない若い人も中途半端に知ってるワタシみたいなのも楽しめる映画だと思いました。
いい音楽は世代を超えて受け入れられますよね。

ではこちらこそどうぞよろしく。
はじめまして (ケント)
2014-10-03 11:02:35
マチルダさんへ

TBありがとうございました。
余りイーストウッドらしくないけれど、懐かしくて心地よい音楽に育まれた素敵な映画でしたね。
これからもよろしくお願いいたします。
こんばんは! (マチルダ)
2014-10-03 23:14:47
ケントさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

これはほんとに素敵な映画でした。

観る人の世代によって懐かしくも、新鮮にも聴こえるんでしょうが、親しみやすいいい曲がいっぱいなことには変わりないでしょう。
映画化してくれたイーストウッド監督に感謝です!

ではこちらこそどうぞよろしく。



TBありがとうございました (talofa)
2014-10-19 23:42:01
はじめまして。
トラックバックありがとうございました。
フォーシーズンズという名前は知らなくても 聞いたことがある音楽がたくさん出てきました。
 ステキな音楽というのは古さを感じさせませんね。
talofaさん (マチルダ)
2014-10-21 23:43:21
こんばんは!
コメント+TBありがとうございます。

これは素敵なえいがでした。
ホントにいい曲ばかり。
最後にみんなして踊るシーンはポリウッドみたい!?で楽しかったです。

コメントを投稿

映画 」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
『 ジャージー・ボーイズ 』君の歌声に恋してる (映画@見取り八段)
ジャージー・ボーイズ~ JERSEY BOYS ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリ...
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
ジャージー・ボーイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^;
『ジャージー・ボーイズ』 2014年9月22日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャージー・ボーイズ』 を試写会で鑑賞しました。 ミュージカルっぽいけど、ドラマな映画。 この作品は良かった 今週末には劇場公開されますので是非 【ストーリー】  ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃...
ジャージー・ボーイズ (心のままに映画の風景)
  犯罪が日常茶飯事のニュージャージー最貧地区。 1951年、イタリア系移民が多く住む街で、チンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィート(ヴィンセント・ピアッツァ)は、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カステルチオ(ジョン・ロイド・ヤン...
ジャージー・ボーイズ (あーうぃ だにぇっと)
ジャージー・ボーイズ@一ツ橋ホール
ジャージー・ボーイズ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。[あらすじ]ベルヴィル。そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、しがないチンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィートは、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カ...
映画:ジャージー・ボーイズ 今年一押しの音楽映画。まさかあの名曲の誕生秘話まであるとは...(涙) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
全く予備知識なしで観賞。 元はミュージカルだし、どうせ架空のグループのストーリーなんだろうと高をくくっていた。 ので、まず驚き! あのグループの話だったとは... ところがキネ旬のインタビューによると、監督のイーストウッド自体、そんな状態だったよう!(....
ジャージー・ボーイズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー....
『ジャージー・ボーイズ(Jersey Boys)』クリント・イーストウッド監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※台詞、内容に触れています。『ジャージー・ボーイズ』Jersey Boys監督 : クリント・イーストウッド出演 : ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピア
ジャージー・ボーイズ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年米国 上映時間:134分 監督:クリント・イーストウッド  クリント・イーストウッド監督の最新作は、これまでの作品とはかなり毛色の異なる作品であった。なんとビートルズ以前に最も人気を誇ったアメリカのポップスグループであるザ・フォー
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
ジャージー・ボーイズ (♪HAVE A NICE DAY♪)
ザ・フォー・シーズンズというグループの名前は知りませんでした。 でも、聴いた事のある曲は2曲ありました シェ~エリ~シェリベイビーと 題名は知りませんでしたが あの曲は「君の瞳に恋してる」と言うのですね 主役のフランキー役のジョン・ロイド・ヤングの声が高....
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
ジャージー・ボーイズ  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ジョン・ロイド・ヤング  ヴィンセント・ピアッツア  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ 【ストーリー】 ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼ら....
『ジャージー・ボーイズ』 (キュートなバアサンになるために)
          公式サイト  予告編を観て興味を持った作品です。 映画館に行ってみたら かなり年齢層が高かったです。 私には団塊の世代のイトコがいて 子どもの頃、彼女の家に泊まりに行くと 彼女は私には縁のなかった歌番組をテレビで見たり、当時のアイド...
映画「ジャージー・ボーイズ」 (FREE TIME)
映画「ジャージー・ボーイズ」を鑑賞しました。
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
映画『ジャージー・ボーイズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-78.ジャージー・ボーイズ■原題:Jersey Boys■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:134分■料金:1,800円■鑑賞日:10月4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:クリント・イーストウッド◆ジョン・ロイド・ヤング◆エリック・...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。 ...
映画『ジャージーボーイズ』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
夏の間は、ほとんど映画館に出掛けられないので チラシも手に入れられず、予告もノーチェックの作品が多く これも、その一つで
ジャージー・ボーイズ (のほほん便り)
60年代ポップって、明るく軽快で、ハッピーな、ちょっとのんびりした親しみやすい印象だったのですが、このような背景があったとは! 特に、「金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るかギャングになるしかなかった」境遇の、ヤンチャ時代エピソードには、び...