上へ上へ、どこまでも行こう!

花が見られて幸せ。鳥のさえずりが聞けて幸せ。ご飯が食べられて幸せ。お風呂に入れて幸せ。コーヒーが飲めて幸せ。幸せづくし!

狛犬ちゃん

2017-06-18 12:11:54 | 日記
コメントをくださるかみちゃんのリクエストに応えて


近所の神社さんの狛犬をご紹介します






今日は曇りなので

あまり良く見えないかしら、

狛犬も神社さんによって

色々種類があるようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すみれいろ パン屋さん | トップ | 気持ちよい空・風・光 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Taka)
2017-06-18 18:00:26
狛犬さん、こんなにゆっくり見たこと
なかったです。

神社によって違うのですね。

これから気をつけて見てみます~
狛犬さん (かみちゃん)
2017-06-18 20:39:04
スカーレットさん、リクエストに応えてくれてありがとう

狛犬ってこういうイメージだよね^^

それが、仙台に来ると何か雰囲気が違うのです。

顔が平面的で人面っぽかったり、
足が長くて(お猿さん?)の様だったり。

私の家の近くの氏神様はこの画像のタイプなんです。
奉納された年月日を見ると昭和50年代でした。

見てきた範囲では江戸時代とか、もっと前の狛犬は顔が平面で人面っぽいです。

昭和になってからのはワンちゃんっぽい、可愛らしい感じになってます。

私達が子供の頃から有る「りかちゃん人形」の顔やスタイルが地代と共に変わったように、
狛犬も変わったのかな~?

鎌倉の神社の狛犬の写真を見てみたら
漫画みたいなユニークなお顔でした(笑)

昔の人は自分なりの狛犬のイメージを持って石を掘ったのでしょうか。

そんな事を思いながら神社へ行くのも楽しいです
Re:Unknown (スカーレット)
2017-06-18 23:04:03
takaさん

面白いねー!
私も、はじめて駒ちゃん達に挨拶しちゃった(^。^)
Re:狛犬さん (スカーレット)
2017-06-18 23:37:52
私も今、狛犬の画像を見てみました。

大田区最古の狛犬 明治時代でした。
平面的で困った顔をしていました。

笑う狛犬、北海道にあるそうです。5

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事