奇跡の扉

今までにない新しい治療法で確実に成果を出しています。安全、無痛、無害の遺伝子療法です。

からだのサインを見逃すな。

2018年03月28日 | 症例
「阿久津先生!何かこの頃背中が痛いんです」と、ひとりの女性の方の症状です。

もう一人の女性の患者さんは、「最近左肩が痛いんです」と言います。

お二人とも少し痛むところは違いますが、痛みの原因となっている部位は同じでした。

それは胃です。

胃って非常にデリケートな臓器ですよね。

精神的なことでもすぐに痛くなりやすいし、食べ過ぎや飲み過ぎても影響を受けやすいところです。

背中の痛い女性は風邪が原因で胃の働きが悪くなり、痛みが出てしまいました。

左肩が痛くなった女性は、疲労から胃の働きが悪くなり、痛みが出てしまいました。

二人ともそれほどひどい風邪をひいたわけでもないですし、それほどひどく疲れたわけでもないです。

でもそうやって胃の働きが悪くなることは良くあることです。

どこかに痛みがある時、それは身体のサインです。

どこもなんともなければ痛みなど出ません。

痛みがある時は注意深く観察し、何が原因かよく考えることが大切ですね。

あと。私に言っていただければ、すぐに原因がわかりますので、遠慮なくご連絡ください。

遠くにお住まいの方でもご相談くださいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ギックリ腰の本当の原因とは | トップ | 肩こりの原因 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

症例」カテゴリの最新記事