ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

口頭弁論 視覚障害の原告に配慮 神戸地裁 

2009年08月31日 00時18分29秒 | 障害者の自立
 障害者自立支援法は憲法違反として、兵庫県内の障害者が国や自治体に賠償などを求めた訴訟の口頭弁論が28日、神戸地裁で開かれ、佐藤明裁判長は、視覚障害がある原告への対応で、まず立場を明らかにしてから発言するよう国側に求めた。自身も「裁判官の佐藤です」と名乗り、裁判を進めた。

 全国の障害者らが同様の訴訟を昨年10月から12地裁で提訴した。兵庫訴訟は21~71歳の男女11人が原告となり、そのうち視覚障害者は5人。弁護団は、目が不自由な原告にとって、法廷での発言者が分からないのは不利益にあたるとし、発言の際、立場を明らかにするよう要望していた。

 この日の弁論で、佐藤裁判長は「どちらの代理人か明らかにした方がいい」と指摘。自ら名乗ると、国側も「被告側の代理人ですが…」と発言の仕方を改めた。

 閉廷後、原告の1人で視覚障害がある神戸市垂水区のマッサージ業今泉勝次さん(59)は「裁判官と被告側を認識できた。裁判所の配慮に感謝している」と話した
コメント

障害者の活動を知って 福山

2009年08月31日 00時17分23秒 | 障害者の自立
 障害者の活動を紹介する広島県障害者ふれあいランドが29日、福山市西町の福山ロッツで始まった。中国新聞社会事業団など7団体でつくる実行委と県の主催。30日も開催する。

 県内の身体・知的・精神障害者が利用する約60施設が参加した。利用者が描いた絵画、書など約500点を展示。また、作業活動で作ったクッキーやかりんとう、さをり織りを即売するコーナーは多くの来場者でにぎわった。ステージでは、職員と障害者が合唱やハンドベルの演奏を披露した。

コメント

応益負担撤回めざす

2009年08月30日 00時54分03秒 | 障害者の自立
 「障害者自立支援法訴訟の勝利をめざす東京の会」の結成集会が28日、東京都内で開かれ220人を超える人が参加しました。障害者が生きるために必要な食事やトイレの介助に原則1割の自己負担を求める自立支援法の応益負担撤回を求め、現在13地裁に計63人が提訴しています。

 5人の原告・代理人が発言しました。女性(70)は、息子が通う施設の利用料・経費を自分のお金でまかなっているけれど、もうすぐ底をつく実態にふれ、「話し下手で人前にでることは苦手ですが、息子に少しでも幸せを残したいと思い原告になる決意をしました」と話しました。

 男性(38)は、自立支援法でそれまでの10倍の負担を求められることになり、「障害者の自立が制度の改変でこんなに簡単に奪われてしまうことを痛感した」と話し、日本の福祉制度を問い直すためにたたかうと訴えました。

 集会は「このたたかいは障害者福祉だけでなく国民一人ひとりの社会保障の前進につながる」としたアピールを採択。「東京の会」の世話人として「きょうされん東京支部」「障害者と家族の生活と権利を守る都民連絡会」「東京都自立生活センター協議会」「DPI東京行動委員会」の各代表を選出しました。

コメント

アスペルガー症候群の人がよりよく生きるために

2009年08月30日 00時46分56秒 | 障害者の自立
先日、日本発達障害ネットワーク第4回年次大会に行ってきた。そこで、就労支援の現状と課題という講演を聞いた。それによると、発達障害者の青年期の状態像は学校卒業までにどのような支援を受けたかによって大きく変化する。

就職に特別な支援を必要としない者
療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の対象となる者
就職にあたって特別な支援が必要と考えられるが、現状では手帳の対象外の者
すべてのケースにおいて困難はあると思うが、特に問題となるのは3つ目のケースだろう。
これについては、「職業リハビリテーション」の対象となるとのこと。しかし、職業リハビリテーション(以下、職リハ)にたどり着くまでには時間がかかることが多い。

まず、障害受容の問題がある。

発達過程において診断名が変わったり、IQが変わったりする。二次障害が出ることもある。特にIQは実年齢との比較であるため、年齢とともに下がる場合が多い。

また、障害特性ゆえ、「困難」の自覚がない場合もある。嫌なことがあったとしても、本人は困っていなかったりする。

子供の障害受容が青年期以降に集中している。学校時代はあるがままでよく、学校を辞めることにはなかなかならない。また、不登校については障害と結びついて考えられるとは限らず、別の問題として捉えられる場合が多い。

結果として、就職への失敗、または適応の失敗(失業)後に問題が理解され、支援の必要性が認識される事例が多い。実際、ケースとして挙げられていた4件の例は職リハにたどり着くまでに10年前後かかっている。

【ケースとして挙げられていた例】

その当事者は多くの資格を持っていて、それを生かして就職した。学校では普通級で過ごし、卒業したことに自信を持っていた。親は職リハを勧めていたが本人が受け入れなかった。しかし、適応に失敗し、離転職を繰り返し、ついに雇用保険をもらえなくなった。

そこでようやく、職リハへたどり着く。それでも手帳の必要性を感じなかったが、訓練を重ねるうちに自分よりも作業能率がよい者が既に手帳を所持していることに気づき自分も手帳が必要であることをようやく認めた。

そして、障害者雇用された。

【障害受容】

学校時代の経験を通して「障害に気づく」ことがあったとしても、「頑張って学校を卒業した」ことから、障害を否認したいという気持ちを強く持つことが多い。この場合、挫折体験があったとしても、引き続き「一般扱いで就職する」希望にこだわることになる。

結果として、「自分に適した仕事があるのではないか」という思いを持ち続ける。「障害に向きあう」ことは、自分の存在そのものを否定されるほどに、この上もなく重い意味を持つ。

しかし、希望と現実が乖離している場合、学歴に関係なく障害理解の問題を避けて通ることはできない。

作業について、「自信がある」「得意である」「できている」と思っていることとその仕事に求められる「採用の基準」が必ずしも一致していない。また、知識としてルールを「知っていること」と「できること(ルールに従って行動する)」が必ずしも一致していない可能性がある。

【仕事の適性への理解】

やりたい仕事、理想の仕事、好きな仕事、興味がある分野、得意な仕事、これらの仕事とできる仕事は異なる。

長く続けることができる仕事が適性のある仕事である。このような理解は難しいので支援者のフィードバックが必要となる。当然のことながら、マッチングの問題、労働市場の情勢などにも左右される。

先に挙げたケースにおいても、当事者は車が好きで整備士の資格等を複数有していたが、それが適性のある仕事ではなかった。

***

職リハの対象となる人にとって「障害を受容して、進路選択を行う」という課題を先送りしない支援が必要である。

特に留意すべきは、このような問題が特別支援の教育課程や移行支援のみならず、学校外の就労支援機関との連携の視点で十分に検討されていない点である。

***

細かいところは違うかもしれませんが、こんな内容でした。資料に乱丁があった関係でPDFファイルでこの部分の資料が公開されています。

http://jddnet.jp/view/pdf_view01.php?a=128
コメント

新型インフル マスク費など10万円補助 守山市、介護・福祉95事業所に

2009年08月30日 00時45分14秒 | 障害者の自立
守山市は28日、市内すべての介護と障害福祉のサービス事業所計95か所に、新型インフルエンザ予防のマスクや消毒液などの購入費として10万円を補助すると発表した。高齢者らの感染は重症化につながる恐れがあるが、小規模で財政基盤が弱い事業所では対策が後手に回りがちなため、重点的に感染拡大防止の手を打つことにした。

 通所介護やリハビリなどの施設をはじめ、特別養護老人ホーム、訪問看護サービス、グループホーム、障害者の共同作業所などが対象。国の経済危機対策臨時交付金を活用する。流行を受けて、9月市議会で補正予算を可決後、ただちに申請を受け付ける。

 市では、併発すると死亡率の高い肺炎予防のワクチン接種をする75歳以上の高齢者に、9月19日まで費用8000円のうち5000円を補助する制度も設けており、これまでに258人(28日正午現在)が利用している。山田亘宏市長は「リスクの大きな高齢者らへ備えを万全にしたい」と話した。

コメント