ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者サッカーW杯で日本代表大健闘 関西セッチ選手ら普及に情熱

2014年12月31日 02時38分43秒 | 障害者の自立

 病気や事故で手足を失った障害者がプレーできるサッカー競技「アンプティサッカー」の普及に情熱をかける選手がいる。11月下旬~12月上旬に開かれた同競技のワールドカップ(W杯)メキシコ大会にも出場した日本代表、川合裕人さん(48)=関西セッチエストレーラス所属。日本代表チームは今回、初めてグループリーグを首位で突破し、決勝トーナメント戦まで進むなど、着実に実力をつけている。川合さんは「障害者であることを忘れてしまうほど迫力あるプレーを、ぜひ見てほしい」と呼びかけている。

 ◆国内チームも

 アンプティサッカーは、手足が不自由な障害者がプレーするサッカーとして海外で考案された。

 通常の障害者スポーツのように専用の器具などは着けず、日常生活やリハビリで使用する「クラッチ」と呼ばれるつえを腕に着けてプレーする。

 試合は7人制。コートは通常のサッカー場の3分の2の面積を使い、試合時間は前後半の計50分。

 国内では平成22年、アンプティサッカー元ブラジル代表の日系3世、エンヒーキ・松茂良・ジーアスさんが義肢を作るため来日したのを機に知られるようになった。

 国内の義肢の装具士などから話題が広がり、国内でもチームが設立され、平成23年には初の公式戦も開催された。

 ◆交通事故乗り越え

 川合さんは小学2年でサッカーを始めたが、21歳でトラック運転手の仕事中に交通事故に遭い、左足を失った。

 その悲劇を乗り越えようと、息子の所属する少年サッカーや、地元の女子フットサルチームで指導者を務め、サッカーの普及に貢献した。

 そんな時、テレビで特集されていたアンプティサッカーの試合を知り、「自分がやりたいのはこれだ」と直感。日本アンプティサッカー協会に電話し、練習に飛び入り参加した。

 クラッチを使った走り方の指導を受け、「スポーツっておもしろい」と、たちまち魅了された。

 43歳で当時国内に唯一あった東京のチーム「FCガサルス」に入団。「この年齢でサッカーができるなんて、夢にも思わなかった」と振り返る。

 ◆猛練習の果てに

 ただし、当時自宅があったのは三重県伊賀市。市内の道の駅のうどん店で働き、新聞配達もこなしながら練習に励む多忙な日々が続いた。

 月3回の練習日には、新聞配達を午前3時半までに終わらせ、4時半に自宅を出発。約7時間かけて練習場のある埼玉県まで車で通った。練習後に帰宅すると、翌日の午前3時になっていたことも。

 次第に「大阪にチームを作り、もっとアンプティサッカーを広めたい」との思いが強まり、関西在住のチーム選手らに呼びかけ、府内に拠点を置くチーム「関西セッチエストレーラス」を結成した。いまも代表と選手を務める。

 ◆挑戦続く

 W杯には、日本代表は2010年アルゼンチン大会から参加。川合さんも2012年のロシア大会から出場している。

 今回のメキシコ大会では、初のグループリーグ突破を果たし、決勝トーナメントに進出した。惜しくも初戦でアンゴラ戦に0-1で敗れたが、念願の決勝トーナメント進出に手応えもつかんでいる。

 川合さんによると、国内のアンプティサッカーのチーム数は増えているが、競技人口は70人程度と、まだマイナーな競技だ。そのため試合数が少ないほか、国内に専用コートも確保できず、置かれた環境は厳しい。

 それでも川合さんは「ブラジルなどのように、もっと普及させて国内でも認知度を高めたい」と意気込みもみせる。

 来年5月には府内で国内大会も計画しており、川合さんは「普及には実際に試合を見てもらうことが大事。ぜひ観戦に訪れてほしい」と話している。

2014.12.30       産経ニュース

コメント   この記事についてブログを書く
« 【累犯障害者 塀の中の福祉】... | トップ | 少数者と多数者の境界を問う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事