ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

開設8カ月で軌道 袋井・障害者「NAGOMIカフェ」

2019年01月27日 16時46分46秒 | 障害者の自立

 障害者らが調理や接客にあたる袋井市堀越三の喫茶店「NAGOMIカフェ」が、オープンから八カ月を経て軌道に乗ってきた。障害者就労支援施設「なごみかぜ工房」(同市小山)の分場として、昨年六月にオープンしたが、工房の手作り食パンによるトーストセットや、自家栽培の野菜のサラダ、地元産の紅茶も好評だ。

 喫茶店は、社会福祉法人「なごみかぜ」が、障害者に地域で働く場を確保しようと設けた。十、二十代の女性利用者二人とカフェのスタッフらが交代で業務に当たる。

 カフェのメニューはコーヒー、紅茶、ジュースなどのドリンク類と、グラタン、スパイシーな野菜カレーなどの料理がメイン。手作りアイスなどのデザートもある。季節がらホワイトソースグラタントーストが一番人気だという。大場保治理事長は「働く力をつけ、一般就労につながれば」と話している。

 木をふんだんに使った店内は温かみにあふれた雰囲気で、テーブル席を中心に約六十席ある。障害者が、職業訓練で手作りした刺しゅう入りハンカチなど、オリジナル商品も販売している。

 営業は火曜-金曜の週四日。午前十一時~午後四時。(問)NAGOMIカフェ0538(67)8312

8カ月たち調理や接客も板に付いてきた

2019年1月26日        中日新聞


コメント   この記事についてブログを書く
« 馬と触れ合い、心癒やす 障... | トップ | 双極性障害〜社会復帰から悪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事