ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHKのバリバラが今年も日テレ24時間批判

2018年08月28日 11時53分49秒 | 障害者の自立

【簡単に説明すると】
・NHKの『バリバラ』が日テレ24時間テレビ批判
・テーマは「障害者はテレビを救う」
・以前にも24時間テレビ批判を行っていた

バリバラ

2018年8月26日に放送されるNHK Eテレの『バリバラ』が19時から放送されるのだが、その内容が25日の18時半から放送している『24時間テレビ(日本テレビ系)』の批判的な内容となっている。

テーマは「障害者はテレビを救う」というもので、本家のキャッチコピー「愛は地球を救う」を皮肉ったものになっている。26日の放送は生放送となっている。

『バリバラ』は2年前から『24時間テレビ』批判的な内容を放送しており、2016年は「笑いは地球を救う」というキャッチコピーを使い話題となった。

また出演者は黄色いチャリティーシャツをパロったものを着ており、とことん本家『24時間テレビ』批判を行っている。

偶然かどうかわからないが、25日の21時からは耳が聞こえない少女のアニメ『聲の形(こえのかたち』がNHK Eテレで放送されていた。聾唖者である少女が幼い頃にいじめに遭い、そのいじめっ子だった主犯格の少年と再開してからを描くというもの。

2018/08/26       ゴゴ通信

コメント (1)   この記事についてブログを書く
«  【障害者雇用水増し】 27... | トップ | 障害者殺傷事件で福祉職から... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2019-07-15 20:41:05
バリバラGJ!!
これ初めて見た時ビックリした

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事