ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

手作り商品販売10年 障害者のやりがいに きょうまで記念イベント 葛飾

2018年07月14日 17時13分45秒 | 障害者の自立

 葛飾区青戸5の障害者自主生産品販売店「+Choice(ぷらすちょいす)」が開設10年を迎えた。区内にある複数の障害者施設が合同で出資し、手作り商品を置く珍しいスタイル。売り上げも年間1000万円を超えるほど成長し、障害者のやりがいにつながっている。

  店を運営するNPO法人「未来空間ぽむぽむ」によると、2008年7月、13カ所の知的障害者施設が参加して始まった。その後、精神障害者施設が加わり、現在は19カ所が参加。区の補助金と、各施設が支払う分担金で運営費を賄っている。

 店内には、各施設の利用者が手作りしたパンやクッキーのほか、アクセサリーなどが並ぶ。合同販売の利点について、同NPOの佐和佳江理事長(68)は「商品が多様になるうえ、出品者同士が互いに刺激を受け、制作意欲を高めたり交流したりする場になっている」と話す。

 13日まで10周年記念イベントを開催中。商品を特別価格で提供するほか、来場者に記念品をプレゼントしている。

 毎日新聞         2018年7月13日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者のビール醸造所「再生... | トップ | 傷痍軍人のリハビリテーショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事