ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

駅のホーム、障害者に声かけを キャンペーン開始

2017年10月10日 01時50分51秒 | 障害者の自立

鉄道安全利用

 JR東日本や首都圏の私鉄が中心となり、駅のホーム端を歩く視覚障害者や、どの電車に乗ればいいか困っている高齢者らへの声掛けを周囲にいる人に求めるキャンペーンが19日、始まった。

  視覚障害者らでつくる日本盲人会連合と日本盲導犬協会が今回初めて参加。11月19日までの期間中、「危険を感じたらすぐ呼びかけを」「お困りの方にはひと声を」などと書いたポスターを駅構内に掲示し、列車内のモニターにはPR映像を流す。

 横浜駅で19日、キャンペーン開始のイベントがあり、横浜駅に乗り入れる6事業者の駅員と盲導犬協会のメンバーらが通勤客らにティッシュを配るなどして声掛けを求めた。盲導犬協会の山口義之神奈川訓練センター長は「声掛けで少しでも事故が減ることを期待している」と話した。

 国土交通省によると、昨年度、視覚障害者がホームから転落した事故が69件あった。防止するにはホームドアの設置が効果的だが、コストや時間がかかるため、鉄道事業者と国交省は、周囲の人に声掛けを求める運動にも取り組んでいる。

毎日新聞   2017年9月20日

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールボール  全身スポーツ... | トップ | 岩手国体の成果つなげよう ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事