ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

うどん店で精神障害者支援

2008年12月31日 00時37分02秒 | 障害者の自立
精神障害者の就労支援に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)「びぃあらいぶ」が1月26日、福山市今町に手打ちうどん店「はちどり」を開く。

 広さ約60平方メートルのうどん店は、カウンターと製めんスペース、15の客席を備える。メンバーが作業する姿を見てもらおうと、カウンターは中まで見通せ、製めんスペースはガラス板で仕切る。入り口にはスロープを完備し、車いすでの出入りもできる。改装費は、日本財団などからの助成金でまかなった。

 だしはカツオと昆布で作り、昔ながらの素朴な味にこだわる。めんはメンバーによる手打ちと、業者から仕入れたのを併用。400円前後の価格を予定する。

ジャンル:
きいてきいて
コメント   この記事についてブログを書く
« 『障害者の特性に配慮を』 ... | トップ | 報告書 17 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事