ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春日台職業訓練校、閉鎖へ 知的障害者対象、全寮制

2018年01月27日 12時05分21秒 | 障害者の自立

 県は、知的障害者を対象とした全国唯一の全寮制の職業能力開発校「春日台(はるひだい)職業訓練校」(春日井市)を三月末で閉鎖することを決めた。一九六九年の開校以来、障害者の就職を支えてきたが、近年は県による他の支援策も充実し、定員割れが続いていた。県は関係議案を県議会二月定例会に提案する。

 同校では、義務教育を修了した知的障害者が一年間、機械や縫製、紙器製造、木工などの科目に分かれ訓練する。訓練生は集団で寝食や運動、掃除洗濯をこなしながら自主性と社会性を身に付け、就職率も高い。全国障害者技能競技大会(アビリンピック)でも、多くの入賞者を出してきた。

 一方、時代の変化とともに習得技術を生かせる就職先が減り、特別支援学校で中等部から高等部への内部進学率が上昇したことなどから、最近は定員割れが続いていた。二〇一七年度は定員五十人に対し十四人と職員数を下回り、厳しい運営を余儀なくされていた。

 障害者への就職支援では、県は一七年度から、健常者向けの高等技術専門校(名古屋、岡崎市)に知的障害者コースを、特別支援学校二校(一宮、春日井市)に職業コースをそれぞれ新設。社会福祉法人などに委託する「障害者就業・生活支援センター」も十二市町に開設され、地域内で小まめに就労を支える体制が整ってきたことから、春日台職業訓練校の閉鎖を決めた。

 同校や医療機関、入所施設などの複合拠点「県心身障害者コロニー」は一九年三月から、施設を統廃合するなどして「医療療育総合センター」に再編される。同校はこれに先駆け、半世紀近い歴史に幕を下ろすことになり、安藤秀之校長は「多くの関係者の尽力で三千人以上の卒業生を送り出せた。時代のニーズがなくなってきたのであれば、仕方ない」と話す。三月六日の卒業式で、ささやかに閉校式典をするという。

県が3月末での閉鎖を決めた春日台職業訓練校

2018年1月26日   中日新聞


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知的障害者を狭い台所に閉じ... | トップ | 障害者殺傷事件からあすで一... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
15歳にお世話になりました (酒井富士雄)
2019-11-02 11:24:16
私は、15歳に京都から春日台職業訓練校に、西部、松岡の先生の機械科に入りいろんな作品を作り、其れを栄町のデパートで、各科を寄り添い出品して、半年で作った品物全部が売れて、材料代の元が取れるほどの高値で売れました。予定の時間が遥かに4、5時間程で売れた事で皆んなで吃驚驚きました。当時の春日井市市長、名古屋知事展示会を見学に来てくれました。
Unknown (柴田恵樹)
2020-10-29 21:40:08
僕は平成30年に、お世話になりました。水野先生と鈴木先生と祖父江先生に、お世話になりました。

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事