ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

「車いすだから無理なんじゃないか……

2019年06月17日 14時31分11秒 | 障害者の自立

 「車いすだから無理なんじゃないか……という『常識』を覆したい」。そんな思いから、病気や事故で車いすを使うようになった3人が15日、東京都内で「車いすで世界へ!」と題して講演した。留学や世界一周への挑戦など三者三様の経験を語った。

 9歳の時に原因不明の急性脊髄(せきずい)炎になった中嶋涼子さん(32)は米国留学の経験を、筋ジストロフィーで電動車いすを使う会社員でシンガー・ソングライターの小沢綾子さん(36)はデンマークで歌った体験を、それぞれ語った。

 バリアフリー旅行の監修などをする三代達也さん(30)は、18歳の時にバイク事故で下半身不随に。2017年から9カ月をかけ、単身で世界を旅した。アテネのパルテノン神殿で、昇降機が故障している中、現地で出会った人々が階段をかついで登ってくれた思い出や、南米のウユニ塩湖やマチュピチュでのエピソードなどを紹介した。

 会場からは「飛行機で困った体験は?」「障害者を見かけても、どう声をかければいいかわからない」などの質問が出た。三代さんは「断られたらどうしよう、と思うかもしれないが、困っている人がいたらためらわずに声をかけてほしい」、中嶋さんは「子どもの頃は、人が(車いすを)じろじろ見ているのに何も言ってこないことが嫌だった。『手伝いましょうか』と声をかけてもらえたらうれしい」と話した。

写真・図版 

留学や世界一周旅行などそれぞれの海外経験を語った(右から)三代達也さん、小沢綾子さん、中嶋涼子さん

2019年6月16日      

 

コメント   この記事についてブログを書く
« <強制不妊救済法>岩手県の... | トップ | »埼玉・新座市 生活保護費2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事