ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者支援施設が園児に 卵から育てて贈る 

2018年06月30日 12時41分59秒 | 障害者の自立

 山陽小野田市社会福祉事業団の障害者支援施設「みつば園」の入所者ら11人が28日、同市加藤北の真珠保育園を訪れ、カブトムシの成虫やさなぎ計14匹を子供たちに贈った。

  みつば園では、26年前からカブトムシを産卵から羽化まで育て、市内の小学校や幼稚園、児童館に配布している。プレゼントを受け取った園児たちは、みつば園の職員から特徴や育て方を教わり、カブトムシを触るなどして熱心に観察していた。

 年長組の冨田晴翔ちゃん(5)は「触っても怖くなかった。家でも飼ってみたい」と喜んでいた。みつば園は来月中旬までに190匹を45施設に届ける予定。

〔山口版〕毎日新聞

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者の技能知って 6/30「ア... | トップ | 障害者に学ぶ作品の発想力 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事