ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者別枠採用 対象の拡大を 連絡協、県に要望

2018年06月17日 11時52分39秒 | 障害者の自立

 障害者(児)の生活と権利を守る佐賀県連絡協議会(興梠多津子会長)は15日、佐賀県に障害者採用の拡充を要望した。障害者別枠採用制度について精神障害を追加することなど対象の拡大を求めた。

 興梠会長が、県人事課に要望書を提出した。別枠採用の対象拡大や手話通訳専門員の採用など7項目を求めている。協議会メンバーからは「精神障害者を別枠採用の対象にしてほしい」「正職員以外の雇用形態も考えられないか」などの意見が出た。

 人事課は、受験年齢の引き上げなど要望の一部は既に実施していることや、県が本年度、法定雇用率を下回る見込みとなっている状況を説明した。精神障害者を別枠採用の対象にすることについては「既に対象になっている県もある。今後、考えていく必要がある」と前向きな姿勢を示した。

 別枠採用は1989年に始まり、これまでに33人を採用した。30人が現在も働いている。前年度の採用実績が0人だったことも考慮し、本年度は例年より約2カ月早い7月1日に実施する。

佐賀県人事課職員(左)に要望書を提出する興梠多津子会長=県庁
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【今週の労務書】『精神障害... | トップ | 障害者の表現活動を支援する…  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事