ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者の「私宅監置」 「排除」の歴史追うディレクター

2019年04月19日 20時03分27秒 | 障害者の自立

私宅監置の取材を続けるテレビディレクター 原義和(はらよしかず)さん(49)

 「空気を読まず、周りに左右されない。豊かで面白いなあ」。たまたま出会った精神障害者たちにこう感じたのが、始まりだった。

 格子の奥からこちらを見る。視線を宙にさまよわせる――。精神障害者を自宅敷地の小屋などに閉じ込める私宅監置の制度が、1972年の日本復帰まで残った沖縄。そこでの写真に感じた。「歴史の闇に埋もれた犠牲者だ」

 テレビ局の下請けの制作会社を辞めてフリーになったが、「自分のテーマ」が見つからない。企画案も通らない。拠点の沖縄で「壁を越えられず悩んでいた」という2006年、取材のため訪れた病院で精神障害者に会った。

 「空気を読まず、周りに左右されない。豊かで面白いなあ」。そこに気づかなかったのは、彼らが社会から排除されているからではないのか。そして、公文書も少なく、ほとんど語られなかった私宅監置を知った。隠された世界に光をあてる。テーマを見つけた。

 障害者は存在しないかのように扱われていた。当事者にたどりついても「なぜ過去の恥を」と門前払いが続く。そんな家族らに「悪いのは制度と制度を認めた社会。訴えることができるのは犠牲者だけです」と語りかけ、実名と顔を出す写真展に結びつけた。ドキュメンタリー番組をつくり、12人の人生を刻む「消された精神障害者」(高文研)も出版した。

 精神科病院への長期入院や身体拘束は今も続く隔離や排除だと思う。「今の精神医療も考えてほしい。本人や家族を孤立させていませんか」(

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者ケアの記録に新方式を... | トップ | 挫折、障害越え再び舞台に立... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事