ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

南米の施設で子どもに性的虐待容疑 日本人修道女を逮捕

2017年05月06日 02時18分29秒 | 障害者の自立

南米アルゼンチンのカトリック系の障害者施設で、子どもたちに対して性的虐待をしたとして、聖職者ら5人が相次いで逮捕・起訴され、4日までに、日本人の修道女が新たに逮捕されました。修道女は容疑を否認しているということです。

アルゼンチンのメディアなどによりますと、西部の都市メンドーサにあるカトリック系の障害者施設で、子どもたちへの性的虐待が繰り返されていると告発があり、施設は、ことし2月地元当局により閉鎖されました。

この施設では、10年以上前から性的虐待が行われていたと見られ、これまでに聖職者の男ら5人が逮捕・起訴されているということです。

一連の捜査で、4日までに新たに42歳の日本人の修道女が警察に逮捕されました。この修道女は、ことし3月に指名手配され、今月2日、首都ブエノスアイレスの司法当局に出頭したということで、容疑について「虐待のことは知らない」と述べ、否認しているということです。

5月5日   NHK

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての給与計算入門|#6新... | トップ | 47歳難病男性が「障害者手帳」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事