ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

当事者が集い、話す つばさの会で生駒さん

2017年05月25日 13時06分02秒 | 障害者の自立

 NPO法人和歌山市精神障害者家族会「つばさの会」(岡田道子理事長)の総会と公開講座が21日、同市吹上の市保健所で開かれ、和歌浦病院の生駒芳久副院長が「精神障害者と家族」をテーマに講演した。

 会員の他、市民ら約110人が参加。

全盲の精神科医として今も診療に当たる生駒さんは、網膜色素変性症を患い、大学卒業後、会社員や公務員を経て県立盲学校に通ったことなど、自身の体験を基に講演。視力が低下する中、30歳を過ぎて医師を目指した際には、「生活さえできればいい」と考える親の思いとの間に、相違があったと振り返った。

 自身の診察においては、当事者の思いに耳を傾けることを大切にしていると話し、「家族は当事者に比べて障害に対する見方や感じ方が違い、理解が異なることがある。それが双方の摩擦の原因になることもある」と指摘した。

 また、悩みや孤独を乗り越えるために重要なこととして、「集う」「話す」「笑う」の三つを紹介。話を聞き、黙ってうなずき、共感してくれることには言葉を超えたものがあるとし「家族会のように、心配なことや情けないようなことを話せる場があると、一人ぼっちではないと安心することができる」と話した。

 例えつらいときであっても、笑うことで気持ちがほぐれるとし、自身のウクレレ演奏に乗せ、会場の参加者と共に「上を向いて歩こう」を歌った。

 岡田理事長は「障害者でありながら、心を見つめる精神科医として診療を続ける生駒先生。当事者でないと分からない貴重なお話が聴けました。家族会としても、親として子どもの思いを十分に理解できるよう、質の向上に取り組んでいきたいです」と話していた。

ウクレレを演奏し、来場者と歌う生駒医師

17年05月23日    わかやま新報オンラインニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 違和感 | トップ | 声ひろば 2017年5月2... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝と決意 物書き入門者として (こたにである)
2018-05-10 23:48:45
2018年5月11日 現在の主治医である小瀬朝海先生の受診しに行かせてもらう患者です。

輝集人の記事の主役である生駒芳久先生には、七年以上ご迷惑と多大なるケアサポートで、やっと人並みに畑雑務などをこなせる次第でございます。
生駒先生におかれましては、足を運ぶ機会を設けず、また、私の取り留めない話をいつでも、朗らかな笑顔で包んで頂きありがたき幸せです。

今回セカンドオピニオンを探す決心をしました。
私の病識について、私自身が、より良い選択ができるように。「人生の引き算」と「引き算からの選択肢」を。



けやきメンタルクリニックに連絡を取ったのが、今日なのですが、ネットサーフィンの果てに、生駒先生に到着いたしました。
お祖父ちゃん同様に、私を診察して頂けないかと、この瞬間も愚な私の頼りたい癖が付いているかと思います。
しかし、現在は自身の病識も深まり、先生ばかりに甘えられないと痛感します。
逐一、自分を報連相します。
よろしくお願いいたします。

では、物書きの端くれの文章をご賞味ください。







ボクは、ミカンが好きだ。
この村々に実るミカンを、おこがましくも世界で、ボクが最初に贈る一等賞をプレゼントしたいほどだ。
勿論のこと二等賞は尊敬するウメ姉さんであり、同じく二等賞は、ボクにニックネームをくれたミカン農家の方々なのは、分かり切ったこと……ボクの表彰台には、なぜか三等賞がない。
みんな心に表彰台を持っている。尊いから……この村が。
こんなボクの気持ちを神はどう思っているのか……ボクがみんなからこう呼ばれるのを嬉しいのはお見通しだろう。
『ミカンちゃん』……いい名前だな。
 ボクが、ミカンちゃんだから……当然……女の子だ。
こんな可愛らしい名前だからか……ボクを見かけた人は最初から、ボクに夢中になる。
当たり前か……ボク可愛いもの。
 だからといって、調子には乗っていない。
だって、冗談でもそんなことを言うと、ちゃんと叱ってくれる人がいる。
ボクの憧れの女性……ウメ姉さんだ。




 けど、この間はろくなことにならなかったな。
「ミカンちゃん。あなたは、ボクはボクはって言うけど、男の子なの? 女の子は、そんな言葉遣いしないよ。嘘じゃないなら、証拠見せてくれないか。ほら、まだかい」
 知ってか知らずか、こんな変わった輩がたまにやって来た。
 ミカンちゃんが男であろうが、女であろうが、ボクが「ボク」と名乗って何が悪い。
 こういう怪しい奴らは、決まって深く膝をかがめ、ボクをスカートの下からねめつけて、腕は落ち着きなさげにポキポキ動かすのは似たり寄ったりだ。
女の人はめったにないが、少しはあるのが、また奇妙だ。
 意識を目の前に集中すると、今回も村の人がいるところまで、大声を出して駆け去ろうとしたときに、ゾッっとした悪寒が走る。
男がボクの右腕を力任せに掴んだ。
身体をぎゅうぎゅうに締めつけてきて、ボクは痛いより、無性に全身の肌が気持ち悪かった。
涙で心が洪水になる。
ボクは家に帰れるの?
そう思った刹那、ガッっと鈍い音がボクの耳に届いた様な気がする。
手のひらサイズの余裕がみなぎって、視界を男に定めると、それは気のせいではなかったようだ。
男の鼻と足元の石には、赤のペンキがぶちまかれたような跡が…………鼻血だらけだ。
 そこに、
「ミカンちゃんから離れろ」
慣れ親しんだ声が風に乗ってよく通る。いつもの優等生はどこ吹くさまに、
「僕は……いやオレ様はこの村々ではその名を酒屋のオヤジから学校の先生方、もちろんのことPTAまで目をつけられた、たくましき悪ガキ『びんちょうくん』様だ。観念しろめ、アホンダラ」
「ワ……ワタシはこの娘と楽しく遊びたかっただけで、悪気は……いし……石ヤメテ~~」
男は脱兎の如く逃げ出した。
「はっはっはっは。オレ様の相手は十年早いんだよ。少しは、レディの扱いに気を付けろ」
「どうしたの、びん君? 口調が変。どこか怪我したの? ボクはどうしたら……」
 そこでびん君は、大げさに深呼吸して、息を吐き切る。
「本当は『オレ様』じゃないよ。あなたのよく知る『びんちょうくん』ですよ、僕は」
 至ってクールに振る舞うびん君に、ボクはとても安堵して、それ以上にボク自身にがっかりした。
自分に自信があるボクは、どんなピンチも自らの手で解決したいのに……それなのに…………
「どうしてボクを助けたの?」
「はて?」
「助ける必要ない。ボクは強い。どんなピンチもミカンちゃんは怖くない」
「でもね、ミカンちゃん……」
「なんだよ。びん君」
「泣いていたよ、君は。それは『助けて』ってことです」
 思考は明後日の方向に埋没していたのに……深く深い海の底にあるボクの心に聞こえたびん君の言葉は、その全てに光をくれた。
人の厚意を粗末に扱ったボクに、その言葉はオレンジ味のシャーベット……とても甘くて、ボクを虜にする。
「ああ。どこか怪我したのか。ミカンちゃん」
嬉し涙の味は、この光景を思い出すたびに、オレンジアイスと錯覚してしまう。
「あと、こういうときは何ていうの」
「あっ……ありがとう。びん君」
びん君の前で、嗚咽を漏らしながらも、ホホが朱色になった感情の理由を、ボクはまだ知らない。

 ボクたちは、村の鐘の音を頼りに、歩き出した。
トテトテと歩きながら、男に握られた右腕をさする。
「ちょっと赤くなっちゃった。村に帰ったら井戸の水で冷やそうか」
「本当にちょっとかな? こういうこと初めてじゃないだろう」
「うん。いつも怖いよ」
 びん君を前にして、ボクはようやく素直になる。
思えば『びんちょうくん』とはこんな男の子だったのかな?
いつも教室でみる彼は、失礼ながらとても地味だ。
こんなにはっきりとした印象をみんなに与えない。
しかしながら、『びんちょうくん』というしっかりしたニックネームを持っている。
彼のどこが個性的なのか?
ボクこと『ミカンちゃん』は、『びんちょうくん』に興味津々だ。
 こう考えていると、
「そうだね。怖いだろうね。僕も怖かったもの。だからね、ミカンちゃんはさ」
「何? びん君」
「ちゃんとウメ姉さんを手本にすること」
「はい?」
「ちゃんと聴くこと!ウメ姉さんを手本にすることさ!!」
びんちょうくん、伸びをして口にする。
「きっと姉さんは、ミカンちゃんのままで健やかな女性になることを望んでいるよ」
 ボクにも姉さんの顔が浮かぶ。梅の実みたいなかわいいお目目……ボクにはない姉さんの美しさでびん君もくるまれたいのかな?
「今度はみんなと、できれば僕もミカンちゃんと一緒にドッジボールしたいよ」
 うん? ウメドッジネエサン? へえ? そうそう! いや、びん君と遊びたいんだ。ボクは。
「え、体育の時間じゃなくても、ドッジボールしてもいいの?」
「ミカンちゃん。そんなこと言うと、友達もドッジボール協会の方々だって、君を心配するよ?」
「あっ! そうなの? ごめんね」
「うん。今度は自分から言えたね。ありがとう、ごめんなさいは、相手に伝えるだけじゃ駄目なのさ。君のように、どれだけ素直でいることが大切かは、みんな知らないフリをしているだろうね……なぜかは、ミカンちゃんが考えてね」
「びん君はうんちく家だね。へへっ♪」







季節の変わり目、特にこの春は特別な事件が起こった。
『ミカン』の子と『びんちょうたん』の子。
二人が、織りなす青春アドベンチャー❤
 キーパーソンは『ウメ姉』……あなただ。






 アタイはミカンちゃんの姉貴分なのさ。
 悪い不良と良いヤンキーかと問われれば、勿論のこと後者である。

 正確にいえば、二人……この違いが判るわけね。

 ミカンちゃんは、「とても良いお姉ちゃん」と答えるだろうね。
 あの娘は、真面目過ぎる不思議ちゃん。
 ごぼう茶ばかり飲むと、生真面目になるのかしら……だわさ。
 栄養に、ニコニコ元気成分が入っているのって聞いたら、ミカンちゃんのお父さんは、
「ごぼう茶には、そんな成分あるのか? 良い知恵だよ! ウメ様様だよ。君は」
流石は、ミカンちゃんのお父様……この村唯一のごぼう茶で卸問屋を営むわけだよ……だわさ。
 アタイの志の師なわけだわさ。

〈続きますよ。まだまだこれは、序盤の入り口の手前もいいところですよ〉


今日も遅い時間に寝ます。他の方々も夜の睡眠時間はしっかりと確保してくださいね。センジュサンヤウエダサンモネヨクネテネと唱えるといいよ。悪夢が通り過ぎるよ。私の魔法です。









追伸 美しいスタッフ……長谷川様へ。あの私の想い人への恋文を、預かり、お渡し頂ければ、誠に感謝の念でいっぱいです。
この想いよ。届け(/・ω・)/







明日も、通院しよか。道を確認していこっと
( ^)o(^ )

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事