ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAL、羽田で障害者向け体験会 木製車いすでそのまま搭乗

2019年05月27日 15時39分46秒 | 障害者の自立

 日本航空(JAL/JL、9201)は5月25日、体の不自由な乗客と付き添い人などを対象に、搭乗の流れを空港で体験する「JAL空港体験プログラム」の第1回を羽田空港で開いた。ボーイング777-200型機(登録記号JA773J)の実機を使用し、機内にそのまま入れる木製車いすなど、障害者サポートを紹介した。

JALが羽田空港で開催した空港体験プログラムで機内の細い通路を木製車いすで通る参加者

JALが羽田空港で開催した空港体験プログラムで木製車いすの紹介を聞く参加者

JALが羽田空港で開催した空港体験プログラムで機内専用の車いすを組み立てる客室乗務員

JALが羽田空港で開催した空港体験プログラムでJALの木製車いすから自分の車いすに乗り換える参加者

JALが羽田空港で開催した空港体験プログラムで紹介されたスペースが広い化粧室

 

JALが羽田空港で開催した空港体験プログラムで木製車いすの紹介を聞く参加者

 

By       Aviation Wire

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「義務感で障害者と生きるの... | トップ | 迫り来る雨水…豪雨災害の時、... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アッキードF19で小沢一郎を撃退希望)
2019-08-09 06:37:32
https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/24a688657c8774f650a8ee0d48d4f8d3
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事における たくさんのJAL123便の元気な生存者及び、ご搭乗の昭和天皇が、日本の埼玉県警察本部交通課の警察官らの襲撃(日本語で おまわりさん?らの手により)により焼かれる等の手口で
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/ainugakuin/e0011938_16494167[1].jpg
といった惨憺たる虐殺死体と化した

一方、救助に奔走したのは米国のみであった


なお、米国機関で改めて調査を行ったところ、生存者の一部は、伊豆の達磨山の地下にヘリで連れていかれ、少なくとも十数年は生存していたことが新たに判明した。
また、藤岡公民館の日航機石碑は、米軍で救助に入って日本の埼玉県警らに殺害された米兵50名の墓となっていることが新たに判明した

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事