ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

知的障がい者の柔道全国大会が初開催 17日に八王子で

2018年09月16日 11時49分01秒 | 障害者の自立

大外刈りの打ち込み練習をする選手(右)

 「柔道 For All」を合言葉に、全日本柔道連盟が17日、東京都八王子市日本文化大で第1回の全日本ID(知的障がい者)選手権を開く。知的障害のある人の柔道は国内に全国的な団体がなく、全柔連が音頭を取る形で初開催にこぎ着けた。

 障害のある人の柔道は全柔連の加盟団体である日本視覚障害者連盟があり、パラリンピックにも毎回、代表を送っている。一方、知的障害は国際的にはスペシャルオリンピックス(SO)で実施されているが、日本は参加していない。指導者不足などから普及が遅れ、昨年3県が参加した競技会があった程度で、SOの代表選考会を開けなかったからだ。

 全柔連高体連専門部、中体連専門部、全国少年協議会を通じて調べたところ、全国で55所属、112人の知的障害のある人が競技に接していた。このため、全柔連では「障害のある人らが、もっと柔道を楽しめるように」と、今年1月に組織内に知的障がい者振興部会を設置。ID選手権の開催を決定した。

 大会は来年にオランダで開催される世界選手権の代表選考会を兼ねるため、16歳以上を条件に出場者を募った。神奈川の11人を最高に北は宮城、南は広島まで12府県から最高齢49歳を含む男女35人が参加。「健常者と試合ができる」「健常者と同等に乱取りができる」「かなり制約はあるが健常者と乱取りができる」の3クラスに分かれて実施される。

 当日は五輪金メダリスト山下泰裕会長からのビデオメッセージも披露される予定だ。神奈川県大磯町で指導し、全柔連の振興部会長に就任した浜名智男さんは、「日本の知的障害の柔道はこれから。今度の大会で共通のルールや指導者への情報を共有して、障害のある人たちが柔道に親しむ機会、環境を増やしたい」と意気込んでいる。

朝日新聞      2018年9月14日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 知的障がい者の柔道全国大会... | トップ | 愛知)障害者虐待、過去最多... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事