ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

名古屋城のエレベーター問題、障害者団体が抗議声明

2018年05月17日 13時37分50秒 | 障害者の自立

 名古屋市が木造復元を目指す名古屋城天守閣にエレベーターを設置しない方針を巡り、県内の障害者団体が参加する「愛知障害フォーラム」が「強く抗議し、再考を求める」との声明を16日発表した。声明では「弱い立場の意見を無視した人権侵害・差別だ」と市を批判した。今後、木造復元を許可する文化庁にも働きかけていくという。

 同日、市役所で加賀時男代表らが記者会見した。市はエレベーター設置の代わりに、新技術を開発して昇降手段を確保するとしている。辻直哉事務局長は「(市は具体策を)明確に示してほしい。4年間かけて開発するというだけでは不安で信じられない」と述べた。

 辻事務局長は国が批准した障害者権利条約や障害者差別解消法に市の方針が違反していると主張。「文化庁にも(現状のままでは)許可を出さないよう要請する」と話した。訴訟を起こすかどうかについては「裁判までになるのは非常に寂しい」との見解を示した。

 名古屋市の河村たかし市長は障害者と直接面会し理解を求める方針。抗議声明を受け、河村市長は記者団に「(天守閣の完成まで)まだ4年ある。ロボット技術はものすごく発展する」と代替手段の開発が可能だとの認識を引き続き示した。

記者会見する愛知障害フォーラムの辻直哉事務局長(右)(16日、名古屋市役所)

日本経済新聞    2018/5/16

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者施設  入所者が熱湯で... | トップ | さんさ踊り通じ共生社会実現... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事