ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

毒ガス障害者 健診4年ぶり増 17年度受診者数

2018年05月25日 18時46分41秒 | 障害者の自立

 第二次世界大戦中に旧陸軍の毒ガス製造工場(竹原市・大久野島)で作業などに従事した毒ガス障害者を対象とする健康診断の受診者数が2017年度、4年ぶりに前年を上回ったことが県のまとめで分かった。対象者の高齢化に伴い、個別検診に一律化したことが主な要因という。

  毒ガス障害者への援護施策の一環で、県は1952年から集団検診を実施。昨年度からは、本人の体調や家族に配慮して個別検診に切り替え、受診できる期間を3カ月延長、医療機関も県内で12カ所増やし37カ所とした。その結果、毒ガス障害者のための健康管理手帳を所持する1830人のうち453人が受診。前年度に比べ29人増え、受診率は前年度比3・5ポイント増の24・8%となった。

 毒ガス障害者の平均年齢は89歳と高齢化が進み、手帳所持者は87年の3割程度にまで減少しているという。県被爆者支援課は「毒ガス障害者団体などと協議した上で、指定医療機関の拡大といった見直しも検討したい」としている。

毎日新聞   2018年5月23日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者性的虐待  330万円... | トップ | 短時間勤務者の切り捨ても ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事