ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

浪江町のNPOが障害者が働くカフェをオープン

2018年05月06日 14時07分37秒 | 障害者の自立

 障害者の就労支援をするNPO「コーヒータイム」(浪江町)が二本松市で、障害者が働く喫茶店「OBRI(オブリ)」を開く。場所は浪江町からの避難者が多く住んでいる復興公営住宅の近く。「交流の場になってほしい」。理事長の橋本由利子さん(64)は言う。

 3日、橋本さんらは近々予定している開店に向けて、「あだたラ丼」の試作をしていた。福島市の就労支援施設で作った地域ブランド「笹やか地鶏」の半熟卵と、浪江町請戸地区出身の業者が干したコウナゴをお湯で戻して載せたどんぶりに、しょうゆを混ぜたラー油を絡めて味付けする。米は浪江町産を使っている。

 「OBRI」はポルトガル語の「オブリガード(ありがとう)」と、コーヒータイムがあった浪江町大堀地区にちなんだ。平屋で木を使った温かみある店内には、福島市出身の絵本作家、小原風子さんが安達太良山と請戸の海をモチーフに描いた幻想的な風景画が飾られている。営業時間は午前10時~午後4時で、定休日は月、火曜日だ。

 ログイン前の続きコーヒーは、酸味が強く、フルーティーなルワンダ産。福島市のNPO「ルワンダの教育を考える会」から仕入れている。

 コーヒータイムは06年に設立。大堀相馬焼の体験館跡地を利用し、主に精神障害者の就労支援のための喫茶店を始めた。10年には浪江中心部に2軒目の喫茶店を開くなど順調に活動を広げていたが、東京電力福島第一原発事故で活動は中断せざるを得ず、橋本さんも避難先を転々とした。就労者もちりぢりになった。

 帰還の見通しが立たない11年10月、橋本さんは浪江町民が多く避難している二本松市の市民交流センター内に障害者が働く喫茶店をオープンさせた。13年には、同市内に作業所を増設し、事故直後に7人に減った就労訓練者も26人に増えた。

 浪江町は昨春、避難指示が解除され、戻る決断をする人と戻らない決断をする人に分かれている。OBRIの近くにある石倉団地には、浪江町から避難した154世帯が入居している。橋本さんは「OBRIが浪江出身者が集う場所にしたい。軌道に乗ったら、浪江での事業を考えたい」と話している。

写真・図版

店で働く予定の職員らがメモを取りながら開店の準備を進めていた

朝日新聞   2018年5月5日

コメント

兄は精神障害者…通っていた精神科が出入り禁止に。さまよう母子の苦悩

2018年05月06日 13時34分59秒 | 障害者の自立

「家からすぐそこ」が逆効果だった

田舎だった私の実家は、スーパーに行くのもコンビニに行くのも、徒歩30分はかかりました。近くにあるものといえば、自動販売機と雑貨洋品店くらい。ですから、車がないと生活ができません。そんな環境ではありましたが、母は車を運転できなかったので、遠出をするときや買い物をするときは、いつも父が出向いていました。

困ったのは兄の通院です。平日、父は仕事で朝から晩までいないため車を出すことはできません。すなわち、病院はなるべく近い場所が好ましかったのです。幸運にも、近所の精神科は徒歩10分程度。自動販売機の次に近い場所にあったと言ってもいいくらいの距離でした。つまり、兄の通院は「すぐそこ」に行くだけ。これが、母にとってメリットだったのですが、兄にとってはデメリットでもありました。

ひとりで勝手に病院に行く兄

骨折や切り傷は、「治療が終わればまた元の生活ができる」というゴールがありますが、兄の病気はそういうものではありません。ですから、正直なところ精神科病棟は患者もその家族も、どんよりとしています。

私がこうして綴っているように、精神的な病気を持つ人が家族にいると、終わりのないマラソンを走り続けているようなもので、基本的に顔は曇り空。明るく病院内で過ごすのは、難しいことでもありました。さまざまなタイプの精神的な治療を受ける患者がいるなか、兄は必要以上に人に話しかける性格でした。もちろん、精神安定剤を飲んでいるため、本来の兄の性格や本望だったかと聞かれたら答えはわかりません。

母が目を離した隙に勝手にひとりで病院へ行き、患者さんに声をかけたり、見ず知らずの女性に電話番号を聞いたり、「たばこをちょうだい」と言ったり。そうしたことが続き、ついに医師からの呼び出しを受け「診察中止と病院の出入り禁止」を言い渡されてしまったのです。

飲み込むしかない医師の言葉

そこで長らく通った近所の精神科を横目に、バスや電車でなるべく通いやすくて兄に合うような精神科を紹介してもらうため、県内で有名な大学病院に相談しに行きました。そして、利便性、評判、入院施設の有無などトータルで好印象だった病院を紹介してもらい、切り替えることになったのです。

兄と母はバスに揺られて初めての診察へ。新しい病院で緊張しながら状況を話すと、医師の口から思いがけない診察結果が返ってきましたーー。

一から病院を探し直すことに

そこで長らく通った近所の精神科を横目に、バスや電車でなるべく通いやすくて兄に合うような精神科を紹介してもらうため、県内で有名な大学病院に相談しに行きました。そして、利便性、評判、入院施設の有無などトータルで好印象だった病院を紹介してもらい、切り替えることになったのです。

兄と母はバスに揺られて初めての診察へ。新しい病院で緊張しながら状況を話すと、医師の口から思いがけない診察結果が返ってきましたーー。

実家の周りには、もちろん他に精神科はありませんでした。母は、バスや電車を使って兄の通院をサポートしなければならない。どんよりとした空気で居心地は決してよくないけれど、やっと通い慣れた病院。そんな頼みの綱から、まさかお断りをもらうとは……。

もちろん、病院側の立場になれば無理もない話で、多くいる他の患者やその家族たちに迷惑がかかるのは好ましくありません。医師からの宣告に、反論する余地はありませんでした。

一から病院を探し直すことに

そこで長らく通った近所の精神科を横目に、バスや電車でなるべく通いやすくて兄に合うような精神科を紹介してもらうため、県内で有名な大学病院に相談しに行きました。そして、利便性、評判、入院施設の有無などトータルで好印象だった病院を紹介してもらい、切り替えることになったのです。

兄と母はバスに揺られて初めての診察へ。新しい病院で緊張しながら状況を話すと、医師の口から思いがけない診察結果が返ってきましたーー。~~~

【兄は障害者】vol. 14   Lifestyle

コメント

高校生スイマーWほのか、東京パラ五輪に向け切磋琢磨

2018年05月06日 13時20分22秒 | 障害者の自立

CMで再び脚光

 障害者水泳で世界を目指す2人の高校生スイマーが再び脚光を浴びている。新居浜東高3年の岡部歩乃佳さん(17)と南宇和高3年の中道穂香さん(17)。2人が出演し、4月から全国放送で流れたテレビCMが話題となった。2020年の東京パラリンピックを前に「Wほのか」として注目され、刺激し合い、夢舞台に照準を合わせる。

 岡部さんは右前腕、中道さんは右脚が、生まれつきない。自身の体を生かす泳ぎのための鍛え方は違うが、障害のクラスは同じ。日本身体障がい者水泳連盟の育成選手S指定、A指定にそれぞれ選ばれ、切磋琢磨(せっさたくま)する。

 CMは電機大手のパナソニックが東京五輪、パラリンピックを目指すアスリートを都道府県別に紹介する企画の一つ。企画担当者は「愛媛でパラアスリートを紹介しようと考えたとき、2人しかいないと思った」と話し、相手の存在を力に変えて練習に励む姿勢に感銘を受けたという。

 「絶対に負けたくない」―。競技人口の少ないパラスポーツは「自分との戦いであることが多い」と中道さん。だからこそ、肩を並べて競い合える他者がいるのは貴重だ。岡部さんは中道さんのほかにも意識する選手がいるというものの「(中道さんとは)お互いの練習量も知っている。注目されるからこそ、抜かれるわけにはいかない」と気を緩めることはない。

 強くなるための悔しい思いも、ぶつかる壁もそれぞれにある。同じ目標を見ている2人。運命的な「もう一人」の存在が、特別な原動力だ。

障害者水泳で世界を目指す中道穂香さん(左)と岡部歩乃佳さんが出演するCMの一場面(パナソニック提供)

2018年5月5日(土)(愛媛新聞)

コメント

障害物 鮮やかに乗り越え 金沢で全国パルクール大会

2018年05月06日 13時11分47秒 | 障害者の自立

まるで、忍者?

 全国のパルクールの熟練者たちが競う「忍者パルクール2018 in Kanazawa」が四日、金沢市の金沢城公園新丸広場で始まった。パルクールの全国大会は日本で初めて開催された。五日まで。

 パルクールはフランス発祥で、「走る・跳ぶ・登る」に重点を置いて、障害物を乗り越え、体を鍛える運動などを指す。

 今大会では、高さ三メートルほどの木製の障害物が並ぶ四十メートルのコースを駆け抜け、タイムを競う「スピードラン」などが行われ、延べ百人ほどが参加した。

 選手たちは鮮やかに障害物を乗り越えていった。会場には多くの観衆たちが集まり、選手が障害物をクリアしていくと「おーっ」と歓声が上がった。

 父の伊藤康成さん(47)とともにパルクールを初めて見た小松市苗代小学校五年の壱成君(10)は「かっこよかったけど、自分ではできないと思う」と率直な感想を話していた。 

障害物を乗り越える選手

2018年5月5日   中日新聞

コメント