静岡県富士市の整体院  健友館富士整体療術院

富士山や愛鷹山の自然の様子、日常の出来事などです。頭痛・肩こり・腰痛・膝痛等でお困りの方、即効性のある施術をお試し下さい

自己意識

2008年10月31日 | 健康
 若さを保ちたいというのは、誰でも思っていることである。衣類から美容、健康食品まで色々な情報が飛び込んでくる。情報に惑わされてつい手がでてしまうようにするのも商いの大切な手法である。人間の意識とは怖いもので、そう思いこんだり信じることでいろいろな病気や体の兆候が現れる。自分で年寄りと思った瞬間から、自分から若さが失われていく。私は年寄りとか高齢者と言う言葉は大嫌いである。患者さんがそういう言葉を使ったなら、墓穴に片足をつっこむまで若いと思って生活することの大切さをとく。自然治癒力とはそういうものである。病気になった時、絶対治してやるという強い気持ちが必要なのである。背筋を伸ばし自分の体に自信を持ち、若さを増やしていく経験をどんどん増やしていってほしいものである。
 情報だけでなく職場などの人間関係などのストレス社会、自分をマイナスの方向に陥れる罠がたくさんあるが、負けないでほしい。

ナナカマド

2008年10月27日 | 自然
 富士山の紅葉も2合目付近まで下がってきている。今週は紅葉真っ盛りになりそうである。真っ赤な葉で秋を知らせるナナカマドもきれいな実を付けている。ナナカマドは7回釜にくべても燃えないというところから付いたと言うことである。

熊の爪痕

2008年10月24日 | 自然
 富士山では、10月初旬県外の山菜採りの人が熊に襲われた。その他、数件の目撃情報がる。それ以降、熊に注意の立て看板が目立つようになってきた。町に出没するわけはなく、山菜、キノコ採り、自然観察などで人間が熊のすみかや遊び場に入っていくのだから出会っても不思議ではない。キノコ刈りをしていて人間のマナ-の悪さにはがっかりすることが多い。ビ-ルやジュ-スの缶、ペットボトルなどポイ捨てする輩が結構いることだ。野生の動物がその残り汁を飲んだらどうなるのか考えてもらいたいが、考えることはないだろう。野生の動物に人間の味を教えるだけでなく、やがては人間を襲ってくる、また自然を楽しむ場所も自分たちでなくしてしまうことになるだろう。自然破壊や環境破壊は地球の王者人間の作り出すものである。自分や今が楽しければ後はどうなってもいいのである。政治や社会の人間関係にも当てはまりませんか。
 写真は22日の朝見つけた熊の爪痕である。まだ付けたばかりのものであった。鈴を鳴らし、熊に出会わないことを祈りながら山を出てきた。

富士山の紅葉(2)

2008年10月20日 | 自然
 富士山のすそ野では、もうスキ-場がオ-プンしました。スキ-ヤ-にとっては待ちこがれた季節ですね。富士山も裾野まで紅葉が広がってきており絶好の紅葉狩りの機会です。紅葉の間に見えちょっと雪帽子をかぶった富士山、最高にきれいですよ。

富士山のキノコ-ムキタケ

2008年10月14日 | 自然
 紅葉の樹林を独り占めして森林浴をしながらキノコ刈りをするなんて何と贅沢なことだろう。まして、大きな木についた手のひらほどのムキタケを発見した時の感激は何物にも代え難い。