くるみっちblog

くるみのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯の保存を試みた治療と歯の移植

2017-04-19 14:59:49 | 日記


歯に大きな膿があり、歯の真ん中にはパーフォレーションと言われる穴があいて
そこからガッターパーチャーと呼ばれるお薬が飛び出ていました。




通常であれば歯を抜くことを宣告される歯なのですが、
患者さんのご希望が歯の保存だったため、精密根管治療を行い保存に努めました。
治療前の画像を見ると骨の支えが全くないため、中の歯が丸見えでしたが、
治療後はまだまだ完璧に満足とは言えませんが、随分回復してきています(歯科タービンハンドピース)。






全ての歯をなんでもかんでも保存できるという事ではないですが
治療を行う意義はあるかと思います。

どうしても歯の破折により歯を抜く必要がでてきてしまった場合は
今回のように条件が許せば、歯の移植という選択肢も有りかと思います。

歯の移植と言われると皆さんびっくりされ、皆さん抵抗感が強いのですが
昔からあるベーシックな治療方法で、インプラントなどと比べると自然な治療ですので
そんな治療もあるんだな 程度に知って頂けたらと思います(コントラアングルハンドピース)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の嵐 | トップ | 頑張れ♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事