GOCCIのオトコヲミガク旅(w)

旅行記や、日常の面白い、或いはキレイなモノの写真を中心に
取留めの無い話題を「備忘録」代わりに綴っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。

2007年01月14日 | *本*BOOKS*
   
「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。



「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。

本の帯は的外れで売る為に煽情的なのが多いのですが「運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。」はこの作品を端的に表現していると思いました。

高校教師であり、天才数学者の「石神」は、普通の弁当やで働く少し魅力的な子持ちの「靖子」に惹かれている。その靖子親娘がやくざな前夫「富樫」の理不尽さに耐え切れず富樫を殺してしまう。

その犯罪を知った石神は「理論的思考」を駆使して靖子親娘を助ける為に、同窓の「草薙刑事」と天才物理学者「湯川助教授」の追求と戦っていく。

湯川助教授はとても魅力的なキャラクターでしたが、なるほど、知りませんでしたが “ガリレオ”シリーズと言うのが有るんですね。

石神と湯川のやり取りはお互いのリスペクトが感じられ気持がちいいです。靖子に好意を寄せる
「工藤」に関するエピソードで尾行したり、脅迫文をだしたり、石神のストーカー的嫉妬の暗いやな側面を見せておいて、最後にそれが石神の「理論的思考」「献身」による行動であることが判明し読者をうならせる点はいつもながら見事だと思います。

靖子親娘を助ける為にただアリバイ工作をするだけではなく、もう一つの
****」を犯してしまうのは、もう少し石神と靖子の深いエピソードが無いと無理があるような気がしました。最後の湯川助教授の靖子に対する行動はいろいろ考えさせる点が多かったです。 

ラストの“うおううおううおう――獣の方向のような叫び声を彼はあげた。絶望と混乱の入り混じった悲鳴でもあった”のくだりはさえない中年で無骨でまじめでストイックな性格である石神の靖子に対する極めて「純」な、そして限りなく深い「愛」の感情の爆発だったような気がします。素晴らしい作品でした。



コメント (20)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« 「ダ・ヴィンチコード」観て... | トップ | 「シナン 上・下」夢枕 獏著... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まれすけ)
2007-02-21 21:15:10
トラックバックありがとうございました。
東野圭吾、いいです。
はじめまして! (三月猫)
2007-02-21 23:57:14
トラックバックありがとうございます
最近になって東野圭吾さんの作品を読み始めたのですが、『容疑者Xの献身』は特に好きな作品です。
ただひたすら愛する女性の幸福のためだけに罪を犯す石神の愛情に涙でした

gocci55さんのブログ、少し拝見させて頂きました素敵な写真が盛り沢山で良いですねお花の紹介は見たことのない花ばかりでとても興味深かったです

一人旅・・・僕もいつかはしてみたいと思っているのですが、なかなか行動に移せません

また遊びにきます
トラックバックありがとうございます (一村雨)
2007-02-22 06:18:54
東野圭吾、けっこう読んでいます。
白夜行が最高傑作だと思っています。

私も京都奈良の一人旅が大好きです。
よろしくお願いいたします。
TBありがとうございます (あな)
2007-02-22 11:33:53
こんにちは、あなと申します!
東野圭吾、ワタシも好きです。
ガリレオシリーズはまだ未読なので、
また東野圭吾にどっぷりはまろうかしらん。笑

「男を磨く旅」ってなんだかいいですね。
旅行記参考にさせてくださいね~!
TBありがとうございます (溜め息)
2007-02-22 13:15:22
この度はどうもです。
東野圭吾さんは好きな作家ですし、この作品は作者の野心的な作品でありながら(のような気がします)、内容も素晴らしいと思いました。
ガリレオシリーズもチェックしてみますね☆
まれすけさん、コメント有難うございます。 (GOCCI55)
2007-02-22 19:36:41
本当に東野圭吾さんは、はずれが無いですね。
まれすけさんも「音楽活動」頑張ってください。
三月猫さん、コメント有難うございます。 (GOCCI55)
2007-02-22 19:41:30
三月猫さんは、最近のUPで「宮部みゆき」を
ご紹介しておりますが、
わたしも一時期「はまって」おりました。
「東野圭吾」とは違う独特の世界がありますね。

暇なときにでも、また遊びに来てください。
一村雨さん、コメント有難うございます。 (GOCCI55)
2007-02-22 19:53:57
「白夜行」はまだ読んでません。
早く読みたい本の一冊です。

一村雨さんの美術館めぐりと言うのは大変素敵な趣味ですね。
私も海外に行ったときは、なるべくメジャーな美術館は訪ねるようにしています。

システィーナ礼拝堂には「男を磨く旅」で
バチカンに行った時に訪ねて「最期の審判」も見てきました。
私はクリスチャンでは無いですが、
とっても「感慨深い」所でした。




あなさん、コメント有難うございます。 (GOCCI55)
2007-02-22 20:11:22
あなさんのブログは「お店選び」の大変参考になりますね。
拝見させていただいた中に何件か知ってる店もありました。
「中華そば すずらん@渋谷」は先週行きました。(つけ麺美味しいですよね)

まだまだUP出来ていない「男を磨く旅」(笑)がたくさん有りますので、
時間を見つけてUP頑張ってみようと思ってます。
溜め息さん、コメント有難うございます。 (GOCCI55)
2007-02-22 20:20:23
溜め息さんがおっしゃる通り
私も“野心的な作品でありながら、内容も素晴らしい”と思いました。
これは、数多くある「東野圭吾」の作品の中でも特に秀逸だと思います。
本当に泣けますね・・・。

コメントを投稿

*本*BOOKS*」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

43 トラックバック

「容疑者Xの献身」 東野圭吾 (食いしん坊なdiary♪)
推理小説として読み始めたのに、 最後はじんわり泣けて来ました。 最初に殺人の経緯が描かれていて、 すっかりそのトリックにハマってしまった。 実は、天才数学者の石神の考えている事は、 私の考えも及ばない様な仕掛けで。 最後の最後に至まで、 その真相に思いも至...
容疑者xの献身(東野圭吾) (まあぼの交差点)
図書館にリクエストをして待つこと4か月強の東野圭吾の「容疑者xの献身」だったが,読み始めから読み終わりまではあっという間だった。待っている間に直木賞まで受賞してしまったので,結果的に「受賞作」を読むことになったが,これは自分としては非常に珍しい(という...
「容疑者Xの献身」(東野圭吾著) (たりぃの読書三昧な日々)
 今回は 「容疑者Xの献身」 東野 圭吾著 です。この本は平成17年度の第134回直木賞受賞作ですね。
東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ! (とんとん・にっき)
著者の東野圭吾は、略歴によると、1958年大阪生まれ、大阪府立大学電気工学科卒業。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞を受賞、とあります。作家には珍しく、工学系の出身なんですね。そう、ミステリ作家、東野圭吾の代表作?と言われている「秘密」
容疑者Xの献身    東野圭吾 (まれすけのギター日記)
東野 圭吾 容疑者Xの献身 読みました。 読みふけりました。 一気読みでした。 出張で横浜へ向かう新幹線の中で読み始めて、その晩の宴会が終わり、ソッコー、ホテルのベッドで読了しました。 本年度の直木賞受賞作。 何が新しいとかスゴイとか言う...
東野圭吾 「容疑者Xの献身」 (未定の予定~ラビ的非日常生活~)
天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか。森博嗣さんの「V」シリーズも手持ち作品が尽きて一息付いたので、最近は未読だった東野圭吾さんを読んでいます。本来なら昨日読み終わった「...
東野圭吾『容疑者Xの献身』 (SmallTalk)
東野圭吾著『容疑者Xの献身』を読んだ。直木賞を取って話題になったころ、図書館で予約したところ、忘れた頃になって順番が回ってきたもの。読みやすい文章だし、筋も面白かったのでイッキに読めた。現実的にはありえない話だとは思いつつ、主人公石神が小説の中のキャラ....
◎◎「容疑者Xの献身」 東野圭吾 文藝春秋 1680円 2005/8 (「本のことども」by聖月)
 天才物理学者湯川と警視庁の草薙が事件に挑むシリーズ第3弾なのだが、一作目『探偵ガリレオ』や二作目『予知夢』とは趣を異にする深い味わいの一冊である。単独作として読んで問題ない。ミステリーとしては今年のこのミス1位であろう。エンタメ小説としても、かつての...
東野圭吾のことども (「本のことども」by聖月)
  ○ 『天空の蜂』 ◎◎ 『名探偵の掟』   × 『探偵ガリレオ』   △ 『秘密』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『白夜行』   ○ 『嘘をもうひとつだけ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『予知夢』   △ 『片想い』 既読書評なし   ○ 『超・殺人事件』 ...
容疑者Xの献身 東野圭吾(著) (バンパク!)
『赤いバラは情熱的で甘美な愛情 ピンクのバラは病気の回復 白いバラは美徳や純潔 黄色いバラは友愛や献身』 花言葉からすると、 表紙は赤バラ・白バラ・黄バラのミックスのほうがいい
『容疑者Xの献身』 東野圭吾著 感想 (よろず屋の猫)
容疑者Xの献身東野 圭吾 (2005/08/25)文藝春秋 この商品の詳細を見る
『容疑者 X の献身』東野圭吾 (トロンボーン吹きによるクラシックの嗜好)
<div class="cd-title">容疑者 X の献身<br /> 東野圭吾<br /> 文藝春秋</div>  発売時に目をとめてはいた本ですが、何となく買いそびれ、そうこうしている間に「このミステリーがすごい」などで 1 位を獲得。やばい読まなくちゃと思っているうちに直木賞まで取ってしま...
容疑者Xの献身 / 東野圭吾 (青龍ぶんか村)
評価:★★★★ 第134回直木賞受賞作のミステリー小説。 東野圭吾の作品は初めてだったので、失望覚悟の上の期待半分といった気持ちで読み始めました。 この作品は、所謂”本格派”のような犯人当てや密室トリックに力点をおいたものではなく、”社会派”のよう...
『容疑者Xの献身』 東野圭吾 (枯れないように水をやろう)
容疑者Xの献身 直木賞受賞を果たした、東野圭吾さんの新刊本。 ややネタバレしますんで、未読のかたは、お気をつけて。 主役の容疑者Xさんこと石神という数学教師に感情移入できるかも けっこうな、ポイントになるかと。 僕は、文系人間なので数学嫌いですし(解け...
「容疑者Xの献身」東野圭吾 (あなさんの美しき日々)
うーん。 さすが直木賞受賞作、面白いとは思うけど。。。 なんか後味が悪い。 ワタシは「白夜行」のほうが好きかなぁ。 でも面白かったから紹介しちゃうけど。 天才的な数学の才能を持つ高校教師・石神は ちょっと冴えないオタク系。 アパートの...
『容疑者Xの献身』東野圭吾 (ひなたでゆるり)
容疑者Xの献身東野 圭吾文藝春秋2005-08-25by G-Tools 数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか まさに献身-純愛とはこういうもののこと...
『容疑者Xの献身』 東野圭吾 (easygoing blog)
【以下ネタばれなし】 さーっと読めて、なおかつ興奮させられました。 分かりやすく張られている伏線と、ごく分かりにくく張られている伏線とがうまいこと ないまぜになって、終盤の謎解きに見事につながっていきます。 東野圭吾の本は、「こりゃすごいわー(なんと言っ...
容疑者Xの献身 / 東野圭吾 (活字中毒)
東野さんの直木賞受賞作品です。読み終わってはいたのですが、ようやくゆっくりパソコンの前に座れたので感想を・・・。 数学だけが生きがいだった男・石神が主人公。石神は高校の数学教師だが、通学途中に毎朝よるお店がある。そこは隣人の靖子が勤めるお弁当屋さん...
東野圭吾 『容疑者Xの献身』 (映画な日々。読書な日々。)
東野 圭吾 容疑者Xの献身 数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリ 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか。 図書館の予約がなかなかまわってきそうもなかったのですが...
東野圭吾『容疑者Xの献身』 (お気楽SOHO人の今日はこんな日)
今、映画『手紙』が公開されてるよね。 同じ原作者の東野圭吾のベストセラー『容疑者Xの献身』を読みました。
東野圭吾【容疑者Xの献身】 (ぱんどら日記)
表紙がいい。 黒地に深紅のバラ一輪。 シンプルで美しく、どこか哀しげな感じ。この小説の世界をうまく表現していると思う。 本の帯に「命がけの純愛が生んだ犯罪」とあるが、「純愛」なんて手あかがついた言葉を安
「容疑者Xの献身」 (月灯りの舞)
容疑者Xの献身? ? 東野 圭吾:著 ? 文芸春秋/2005.8/1600円 ?数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリー。 これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。 いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。 運命の数式。命がけの純愛が生ん...
「鬼ともののけの文化史」 (月灯りの舞)
「鬼ともののけの文化史   ―絵で見て不思議! 」 ??  笹間 良彦:著  遊子館(遊子館歴史選書)/2005.11.21/1800円  鬼と魑魅魍魎が織りなす異形の世界。             <帯より> 鬼は人間の味方なのか、敵なのか? 鬼の正体...
容疑者Xの献身 [東野圭吾] (+ ChiekoaLibrary +)
容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25 アパートの隣人・靖子に思いを寄せる、さえない高校教師の石神。ある日その彼女が殺人事件を起こしてしまったことを知った彼は、愛する人を守るため完全犯罪を目論む。石神の友人でもある湯川は、果たして真実に迫ることが...
芥川賞に「沖で待つ」、直木賞は「容疑者Xの献身」が受賞 (話題のナレッジベース)
第134回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に絲山(いとやま)秋子さん(39)の「沖で待つ」(文学界9月号)が、直木賞に東野圭吾さん(47)の「容疑者Xの献身」(文芸春秋)が選ばれた。2人ともこれまで何度...
「容疑者Xの献身」/ 東野圭吾 (音楽と本と日々の日記)
容疑者Xの献身発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2005/08/25おすすめ度 あらすじ 天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む。湯川は果たして真実に迫れるか。 直木賞受賞作であり「このミステリーがすごい」第一...
容疑者Xの献身 東野圭吾 文藝春秋 (おいしい本箱Diary)
探偵ガリレオの湯川&草薙コンビが出てきます。 純愛ミステリー、ということでどんな純愛なのかな、と 期待しつつ読みました。う~ん、確かに純愛です。 気の毒なくらい純愛。
東野圭吾『容疑者Xの献身』  ★★★★☆ (book diary)
容疑者Xの献身 東野 圭吾 「人に解けない問題を作るのと、その問題を解くのとでは、どちらが難しいか。ただし、解答は必ず存在する。どうだ、面白いと思わないか」 「興味深い問題だ」石神は湯川の顔を見つめた。「考えておこう」  このミス・本ミス・週刊文春の全...
容疑者Xの献身 (がらくたばこ)
「容疑者Xの献身」 東野圭吾 天才数学者である高校数学教師・石神が、愛した女を守るため考えた完全犯罪とは・・・? 134回直木賞受賞 直木賞受賞否定まっしぐらだった「容疑者Xの献身」、そのように言ったことが恥
『容疑者Xの献身』 東野圭吾 (日々の海に沈む…)
容疑者Xの献身 東野 圭吾 / 文藝春秋 「運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪」 祝・直木賞受賞!  「このミステリーがすごい!」(宝島社)、「本格ミステリ・ベスト10」(原書房)、「週刊文春ミステリーベスト10」(文芸春秋)の3冠に続き、第1...
容疑者Xの献身 (ひろし)
東野 圭吾 『容疑者Xの献身』 (文藝春秋) 久々に、ハードカバーのミステリ買いました。 直木賞もとったし、「このミス」でも1位だし、読まねばいかんかと。 うーん、評価の難しいところですね。 正直言って、「扉は閉ざされたまま」のほうが、個人的...
容疑者Xの献身 (かいくんの読書日記+α)
容疑者Xの献身 東野圭吾著 10点 2006年の9冊目 かつて数学の天才と謳われた高校教師の石神は、隣の部屋に住む花岡靖子に密かに思いを寄せる。その靖子が、ほんの些細な事から、別れた亭主の富樫慎二を殺めてしまった。この事を察知した石神は、その天才的な頭...
■容疑者Xの献身/東野圭吾 (ペンギン堂 ~乱文濫読~)
容疑者Xの献身●東野圭吾●2005/8/30発行 今更ですが、直木賞受賞作に着手。 久々の東野作品、読み出したら、途中でやめられないとまらない。 ミステリーの面白さを満喫しました。 だから、ミステリーはやめられない。 人の幸せとはいかなるものぞ。 ...
容疑者Xの献身 (乱読・積んどく・お買い得!?)
 NHKドラマ『トキオ』はずっと観ていたので、 その名前は印象に残っていましたが、 東野圭吾さんの作品自体を読むのは、今回が初めて。 東野さんは、1985年に『放課後』で、第31回江戸川乱歩賞を受賞。 そして、1999年には『秘密』で、 第52回日本推理作家協会賞...
容疑者Xの献身/東野圭吾 (ホトケの読了book  南無阿弥陀仏)
物理学者湯川学シリーズの最新作。 数学教師の石神は隣室に住む母子の犯した殺人を知り、隠蔽工作を行う。 警察や大学時代の盟友、湯川の追及から逃れ、犯罪を隠し通し母子を守りきることができるのか。 作家さんが自薦されるだけあって、非常に完成度の高い作
容疑者Xの献身 (マリーの本棚 )
東野 圭吾 容疑者Xの献身 内容  数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリー。天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は愛した女を守るため完全犯罪を目論む 探偵ガリレオ・湯川助教授の第3作目ですね といっても、このシリーズ初めて読みま...
容疑者Xの献身 (memo)
容疑者xの献身 東野圭吾 白夜行もそうなんだけど、度を越えた自己犠牲。ああ作り話だなーって思って、なんかしらけてしまいました。 結局、石神さんがかわいそうだし、「歯車」だってかわいそうだし、後味が悪いです。
容疑者Xの献身 (本を読もう)
東野作品は20作くらい読みましたけど、自分にはこれが最高傑作です。 若干突っ込み所はありつつも見事な叙述トリック、そして石神の純粋すぎる愛と湯川の優しさを描いたストーリー、どちらも大満足でした。 結末は賛否両論ですけど、自分はこれでよかったと思います。 ...
「容疑者Xの献身」(東野圭吾)レビュー (厳選書評ブログ)
「このミステリーがすごい!」1位(2005年)、直木賞をはじめ、数々のタイトルを獲った作品ということで、期待しながら読み始めました。また、期待を裏切らない素晴らしい作品でした。主人公が数学者であることから、犯行のトリックから細部の描写に至るまで、数学的な要素...
『容疑者Xの献身』 東野圭吾 文藝春秋 (みかんのReading Diary♪)
容疑者Xの献身 『探偵ガリレオ』『予知夢』のガリレオシリーズの3作目。 今回は初の長編となっている。 高校教師を務める石神はかつては天才数学者と噂されていた人物。その彼の住むアパートの隣人女性に想いを寄せていたがその女性親子が犯罪を犯してしまう。...
東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋) (本の虫)
 東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋)を読了。テレビドラマで人気の「ガリレオ」シリーズの一作で、『このミステリーがすごい!2006年版』の国内部門第1位の作品である。ドラマとは違って「じつに興味深い」と言うのは刑事の方だし、謎が解けたからといって突然...
東野圭吾『容疑者Xの献身』 (itchy1976の日記)
容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『容疑者Xの献身』を紹介します。本書は、直木賞の受賞作ということで、結構評価が高いとおもいますが、私は普通に面白いとは思いましたが、そんなに評価が高いと言うことに驚いています。私は、本書より...
東野圭吾「容疑者xの献身」 (ご本といえばblog)
東野圭吾著 「容疑者xの献身」を読む。 このフレーズにシビれた。  ごめんなさい。申し訳ありませんでした。あたしたちのために……あたしたちなんかのために…… [巷の評判]ミステリー処 【love knot】 では, 「実は私、トリックについてはうすうす気付いていました...

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 556 PV UP!
訪問者 222 IP UP!
トータルトータル
閲覧 4,364,128 PV 
訪問者 1,035,754 IP 
ランキングランキング
日別 8,830 UP!
週別 13,646 DOWN!

flagcounter

free counters

雑草倶楽部


今月の雑草倶楽部
(毎月25日)

雑草倶楽部の皆さんのブログへは
こちらからどうぞ♪

なる&自称会長











プロフィール

プロフィール画像
性別
男性
都道府県
東京都
自己紹介
ちょくちょく国内・海外の「男を磨く旅(w)」に出ています。旅の行先、手段はいろいろです。趣味はゴルフ・バイク・読書など。gocci55@mail.goo.ne.jp

ブックマーク

goo
最初はgoo

エディタコミュニティ

エディタコミュニティに参加しています(edita ブログでつながるコミュニティサイト)

おきてがみ

おきてがみ

あし@

  • RSS1.0 RSS2.0

gooブログ おすすめ