GOCCIのオトコヲミガク旅(w)

旅行記や、日常の面白い、或いはキレイなモノの写真を中心に
取留めの無い話題を「備忘録」代わりに綴っております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「放課後」東野圭吾著、読んでみました。

2007年02月05日 | *本*BOOKS*
 
「放課後」東野圭吾著、読んでみました。



「東野圭吾」14作目です。どうやら東野さんの「デビュー作」「江戸川乱歩賞」受賞作のようですね。

主人公の女子高教諭「前島」の経歴や「アーチェリー部」と言う設定は東野さんの経歴とダブります。

高校教諭と言う設定はお姉さんの職業が影響してるんでしょうか。いつもの如く、何の先入観も無しに読み始めたんですが、主人公が殺されそうになる出だしから、すんなりストーリーに入っていけました。

学校内の教師同士の「大人の人間関係」や女生徒との「ちょっと危険な関係」を描きつつ「本格的密室推理」が展開して行く、そんな中「第二の殺人」が発生し物語はいよいよ佳境に入ってくる。

今読むと少し時代的にずれてる描写もあるが、ラストに向けての小さな、さり気無い「伏線」が幾つも用心深く張られながら物語は進行してゆく。

さすが東野圭吾、決して「デビュー作」に思えるような「稚拙」さは殆ど無く、むしろ「老練」ささえ感じさせる力量は流石だと思った。

犯人が「二人」を殺すこととなった「動機」はちょっと「・・・?」。あと犯人の立場でこのような手の込んだ「殺人」を犯すのも少し不自然な気もする。

最後の最後に「****」「****」により殺人を実行されてしまう終り方は予想外だった。そのラストはそんなに必要もないエピソードのような気もするし、逆に女性は男性とは違う価値観で「行動を起こす」と言う事を強調し「・・・?」の動機の説得力を強調してる重要なエピソードのような気もした。




『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 「怪しい人々」東野圭吾著、... | トップ | 「手紙」東野圭吾著、読んで... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ことら)
2007-02-19 21:58:43
トラバ返しさせて頂いたついでに、
他にもかぶっている作品があったので
軒並みトラバさせて頂きました

また訪問させていただきます☆
ことらさん、トラバとコメント有難うございます。 (GOCCI55)
2007-02-21 06:33:21
たくさんのトラバ、有難うございました。
おかげでずいぶん賑やかかになりました。
ことらさんも東野 圭吾お好きなようですね。
私も遅まきながら嵌っています。
ども~! (あな)
2007-05-31 10:49:57
こんにちは!あなです。
TBありがとうございました。
ワタシも東野圭吾大好きなんです☆
気に入る作者が見つかると、その作者のばっかり読んでしまうくせが・・・。(笑)

男を磨く旅レポも楽しいですね。
これからも宜しくお願い致しまーす!
こんにちは (由莉まま)
2007-05-31 13:07:25
こんにちは。
TBありがとうございました。
少し時代遅れの雰囲気、私は嫌いではありませんでした。
私的には、最後の最後の殺人は、なんとなく予想通りという気がしましたが、それでも、殺人の動機は、「・・・?」でしたよ。
動機がね (福田浩司賞味大臣)
2008-08-31 21:02:52
読みましたが最近の東野作品に比べると動機があまりに釈然としませんでした。あまり言うとネタばれになりそうですがラストもいまいちとってつけたよう。女子高という設定やトリックの楽しさはさすがに乱歩賞という気がしましたが  そういえば当時私も学生でよく文芸賞応募したりしていましたが昭和末期の空気は懐かしい感じでいいですね

コメントを投稿

*本*BOOKS*」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

『放課後』読了 (ことらのつぶやき)
放課後販売元 : Amazon.co.jp 本価格 : ¥[タイトル] 放課後[著者] 東野 圭吾[種類] 文庫[発売日] 1988-07[出版社] 講談社>>Seesaa ショッピングで買う かなり古い本ですね 図書館で借りたのはハードカバーの方でした
放課後*東野圭吾 (+++ こんな一冊 +++)
☆☆☆・・ 放課後 著者デビュー作にして、昭和60年の第31回江戸川乱歩賞受賞作である。 当然のことながら 舞台は20年近くも昔である。しかも女子高。登場するのは 女子高生と教師たちである。にもかかわらず、現代の女子高
「放課後」東野圭吾 (あなさんの美しき日々)
東野圭吾の処女作。 1985年に第31回江戸川乱歩賞受賞した作品です。 このとき東野さんはまだ普通のリーマンだったんですって。 それが今じゃ直木賞作家ですからネ、人生何が起こるかわかりません。 「放課後」はある女子高を舞台にした推理小説。 ア...
東野圭吾さん著 『放課後』を読んだよ!! (のんびり前進じたばた生活)
以前に「地獄の沙汰は金次第」のびびあんさんに おすすめいただいた東野圭吾さんの本の中より、デビュー作「放課後」です。 こちらは「東野圭吾さん著 『同級生』を読んだよ!! 」の記事のときに 「webでお絵かき」のまこ
「放課後」 (はぐれ雲)
東野圭吾の「放課後」を読みました。 校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将?犯人候補
『放課後』  東野 圭吾  講談社文庫 (再読) (みかんのReading Diary♪)
放課後 校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を2人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将――犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第2の殺人が……。乱歩賞受賞の青春...
放課後 (日常鳥瞰)
鮮烈さ、では高評価ですが。。。東野圭吾の江戸川乱歩賞 受賞作。期待もあったのです
作家名ひ 東野圭吾 放課後 (活字中毒者の為の読み倒れガイド)
放課後 (講談社文庫)東野 圭吾 おすすめ平均 女の薗の殺人東野圭吾、デビュー作動機が不順かな★×3.5ぐらいかな彼女たちの事情Amazonで詳しく見る by G-Tools 【紹介】 今では大作家...
『放課後』(東野圭吾) <感想&書評> (Book A GoGo!!! ~本の読書感想ブログ~)
放課後 (講談社文庫)東野 圭吾講談社 1988-07売り上げランキング : 25047おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 本の内容 校内の更衣室で生徒指...
東野圭吾氏が書いた「放課後」を読みました。 (えせプログラマのつぶやき)
東野圭吾氏が書いた「放課後」を読みました。 本の裏に書いてあるあらすじを読んだ後に本編を読み始めると、誰が主人公なのかよくわからな...
東野圭吾『放課後』 (itchy1976の日記)
放課後講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『放課後』を紹介します。本作品は、東野氏のデビュー作です。既存の作品と同様な質の高さなので、知らなかったら、デビュー作品とは思わないでしょうね。 はじめに思ったのは、2人の先生を殺す動機というものが...

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 222 PV DOWN!
訪問者 85 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 4,239,079 PV 
訪問者 994,180 IP 
ランキングランキング
日別 21,151 DOWN!
週別 20,442 DOWN!

flagcounter

free counters

雑草倶楽部


今月の雑草倶楽部
(毎月25日)

雑草倶楽部の皆さんのブログへは
こちらからどうぞ♪

なる&自称会長











プロフィール

プロフィール画像
性別
男性
都道府県
東京都
自己紹介
ちょくちょく国内・海外の「男を磨く旅(w)」に出ています。旅の行先、手段はいろいろです。趣味はゴルフ・バイク・読書など。gocci55@mail.goo.ne.jp

ブックマーク

goo
最初はgoo

エディタコミュニティ

エディタコミュニティに参加しています(edita ブログでつながるコミュニティサイト)

おきてがみ

おきてがみ

あし@

  • RSS1.0 RSS2.0

gooブログ おすすめ