アメリカンフットボールチーム サンダーバーズ  2015年スローガン 「REBORN」
さんだば通信       サンダーバーズの今を発信! 



しんすけ2014CAPに代わりまして、西内@チーム代表です。

9月21日(日)に行われたアーバンボウルのリーグ戦第2節 ジェッツとの試合は7対0で接戦ながら勝利することが出来ました。

当日スタッフとしてご協力して頂いたみなさま、ご声援頂いたみなさまありがとうございました。

 

※以下連盟HPよりゲームレポートを転載

-----

サンダーバーズのキックにより試合開始。ジェッツは多米が好リターンを見せて、いきなり敵陣までボールを運ぶ。しかし、このチャンスはサンダーバーズDL安藤のQBサックにより粉砕されてしまうが、パントでゴール前3ヤードに押し込めることに成功する。

対するサンダーバーズはQB岩本からWR崎谷へのパスなどで前進するも、ジェッツのLB山本、DL江原が立て続けにQBサックにより、こちらも阻止される。第2Qに入ると、両者とも単発での前進はするものの、互いに得点圏までボールを持ち込むには至らずにこう着状態が続く。

前半終了間際に、ジェッツが仕掛ける。ロンリーセンター体型からセンターに入った灘をレシーバーとするパスという奇策を成功させ、会場をどよめかせる。しかし、得点には至らず前半は無得点で終了となる。

後半に入ると、開始早々、均衡が破られる。サンダーバーズはWR栗生へのパスで前進すると、最後はRB大類のランでTDとし7対0と先制する。

対するジェッツもQB屋嘉部からWR堀内、岩佐へのロングパスを成功させ、ゴール前まで攻め込むも、最後のギャンブルプレーを失敗し、あと一歩のところで得点のチャンスを逃す。ジェッツはディフェンスも奮闘し、DB神田がインターセプト、DL玉川がQBサックを決めるなど、サンダーバーズに追加点を許さない。しかし、同じくサンダーバーズのディフェンスも堅く、ジェッツに得点を許さない。試合は7対0の僅差でサンダーバーズが2勝目をあげた。

THU 0 0 7 0_7

JET 0 0 0 0_0

 

それでは、試合のstaff's Awardの発表です。
今回のMVP MIPはチーム史上初の、保護者による選出です。

選出してくれたのは、毎試合スタンドから声援を送ってくれている#42権のご両親です!

いつも応援ありがとうございます!

 

MVP安藤ゆうき DL#67

コメント:完封で勝利した立役者として、Defで最も目立った活躍に受賞!

 

MIP↑大類 RB#20

コメント:唯一のタッチダウンとハードタックルを受けても耐えてゲインを重ねるプレーに受賞。

 

MIP→藤井 RB#7(当日は#2で出場)

コメント:要所のパスキャッチとランアフターはさすがでした。

 

MIP↓ 勝ったので受賞者なし

 

MVP・MIPトリオ 左:MIP↑ #20大類 中央:MVP #67安藤 右:MIP→#7藤井

次回は10月19日(日)大井第2球技場にてアーバンボウルリーグ戦vsエルクーガーズになります。
是非スタンドからご声援頂ければと思います。
よろしくお願いします。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 20140920~21_... 20140927_練習... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。