趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

ランタンパワーアップ

2018年12月18日 11時50分48秒 | LEDランタンやらLED電球やら
実家の片づけの疲れで背中や首がコリコリです・・・。おまけに寒暖差でやられてます。

この夏の暑さで、ちょっと古くなったビニールテープとか、ガムテープなど、要は粘着物は軒並み経年劣化が早まったようで、触るにも触れない状態になってました。 昔の長持?(大きなケース)に入れてあった服などポリウレタン樹脂を使った素材はベチョベチョネトネトになってましたよ・・・見るも無残。 頂き物ももったいないからと大切に保存してあっても、使えなくなってはただのゴミ。樹脂製の物はホントに注意ですよ。

さて、このブログを読んで下さる方はご存知のダイソーランタン(製品名はガーデンライト)ですが、どうやら3v仕様にしてもLEDや回路自体は問題なく仕事をしてくれます。寿命に関してはまだわかりませんが・・・。

元々が単4充電式電池1.2v仕様なので、室内の陽の当たらない場所での使用は電池の持ちの問題で雨の日が続くと使えないのが個人的には問題でした。 電池を外して、充電器で充電していたのですが、それも結構な手間でした。

そこで思い切って、電池ボックスを取り付けて(この時点でソーラー充電ではなくなりますが)、単三電池2個仕様にトランスフォームしてみました。

電圧も充電電池なら2.4v。普通の電池なら3v仕様。 ただ回路に流れる電流量がかなり上がるので、基板への影響とかLED自体の寿命など、この当りの事が不安でしたが・・・何せ100円。 そこまで考える事も無いと思い、いざ実験です。

結果は、ダイソーの昇圧回路はシンプルで優秀かもしれません。 まったく問題なし。問題なしどころか明るさも単純に2倍近くになり(あくまでも見た目です)、電池の寿命もほぼ3日間は安定した明るさを維持です。

違いはこちら
写真向かって左側がノーマル。右側が単三電池2個仕様です。

もちろんガーデンライトとしては使えません。あくまでも室内の常夜灯です。 リフレクターの工夫で明るさ感はかなりアップしますよ。

この改良は電池ケースだけです。電池ケースはネットで100円くらいで買えます。ホームセンターでも200円くらい。

写真では、ソーラーパネルが下向きになっている為にNGですが、ソーラーパネルが一定量の光を感知すると自動的に点灯が止まる簡易的な光センサーの役割をしているので、上手く配置すれば電池は持ちはさらに長くなりますよ。

なら充電もって?それは無理ですよ。 パネルを大きな物に交換しないと・・・。

兎に角、工夫の幅はかなり広がります。

コメント   この記事についてブログを書く
« win10は注意みたい | トップ | またも小麦値上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

LEDランタンやらLED電球やら」カテゴリの最新記事